最近のトラックバック

フォト

2017年5月25日 (木)

初夏にディープシー・Dブルー

ここのところ、物欲がめっきり減っている。

時計は、欲しいモノが見当たらないのだ(←イイことではないか!)。
少し前に、Rolexで1つ欲しいアイテムがあると書いたのだが、今はその熱もかなり冷めてしまった。
欲しかったブツは、ずばりデイトナ(金無垢かコンビ)。
しかし冷静になってよくよく考えてみると、デイト表示すらなく”時分秒”しか分からないモノに、目が飛び出るほどの大枚ははたけない。

靴も、調子に乗って2ヶ月の間に5足も英国から通販したおかげで、今では情熱もすっかり収まった。
暑くなってくると、紐靴は面倒くさくて履きたくなくなる。
さりとてローファーやタッセルローファーも一通り持っているので、今更増やす気になれない。


ということで、時計はすっかりディープシー・Dブルー一択である。

先日も、涼しげなサマージャケットと麻のシャツにディープシー・Dブルーを合わせ、初夏のコーディネーションは万全。

Rolexdeepseadeepblue45

2017年5月13日 (土)

ディープシー・Dブルーはスーツにも良く似合う

デカイだの分厚いだの、うるさく言われ続けているRolexのディープシー・Dブルー

へそ曲がりで天の邪鬼な私は、デカ厚のディープシー・Dブルーを普段も頻繁にスーツに合わせて着用している。
本日銀座に行く用事があり、銀座ゆえPaneraiのラジオミール40mm金無垢かなと一瞬迷ったのであるが、スーツ着用にもかかわらず結局左腕の相棒にはディープシー・Dブルーをチョイス。
ちなみに私の体験からすると、いくらデカ厚だからといって、袖口にからんだりシャツを痛めるようなことはほぼない(今のところ、そういう状態になったことは全くない)。

Rolexdeepseadeepblue41



スーツはグレーのストライプを着用。
時計に合わせてスーツも紺系にしようか、これも一瞬迷ったのだが、もう初夏の陽気なので紺系では少し暑そうに思えたのである。
時間の経つのは早く(いや、早過ぎ)、もう初夏の雰囲気だ。

Rolexdeepseadeepblue42



Rolexのディープシー・Dブルーは、現在のところほぼ毎日使っている。
正規店で購入してから、もう8ヶ月経つ。
日差は相変わらず±1秒と、驚異的に素晴らしい。

すでに絶版になってしまったアイテムならともかく、現在も流通している現行品を買うなら、出来れば正規店で買うことをおススメする。
並行輸入店よりは多少高いが、それでもこの品質と絶対的な信頼性の高さは、ゆるぎないであろう。

Rolexdeepseadeepblue43



本日の足元は、英国Sanders製のFinchleyで黒のタッセルローファー。
ネクタイは、今から20数年前、バブル経済華やかりし頃に銀座のサンモトヤマで買ったイタリア製のペイズリ―柄。

Rolexdeepseadeepblue44

2017年5月 7日 (日)

これも久しぶりの、タンクアメリカンLM

今年のゴールデンウィークは、所用で京都に日帰り往復した。
某有名料亭のディナーに招待されたもので、懐石料理はひたすらに美味しかった♪

トピックスはそれぐらいで遠方にはどこにも行かず、あとはひたすら安近短(安い、近い、短い)を実践。
近場の日本橋、丸の内方面を散策するに留まった。
誰もがそうであろうが、ご多分に洩れず私も大勢の人ゴミとか混雑、長蛇の列などが大嫌いなのだ。

で、左腕の相棒は久しぶりにCartierのタンクアメリカンLMをチョイス。
なぜなら、自分のワードローブの中で春夏用としては最も気に入っているジャケットの色に合わせたかったからだ。

Cartier_tankamerican38
Cartier_tankamerican40


少し気取って、ジャケットの中にインナーヴェストを着用。

このヴェスト、80年代の大有名トラッドブランド「エーボンハウス(Avon House)」のもの。
タッターソール柄…と言っても、今の若い人達にはピンとこないだろう。
こういう柄は、もはや90年代以降にはほぼ絶滅してしまったのだから。
今の時代に着ていると、コスプレと思われかねない(苦笑)。
オール麻の、軽快なラペル付きヴェストである。

上に羽織っているのは、春夏のワードローブの中で一番のお気に入りである、麻100%のベージュジャケット。
ベージュの地に茶色と紺色のラインが入っていて、ウインドウペインになっている。
購入は1990年代中頃。
ということは、すでに20年以上の年月が経っている。

先日、デパートの服飾コーディネーターに聞いたのだが、今やこの手のウインドウペインのような凝った作りのジャケットは激減しているそうだ。
なぜなら、コストの面で採算が取れず、そのため作らなくなってしまったらしい。
なぜ、現在のジャケットが単色系が多いのかと言う答えがこれで、つまりは単色系は安上がりかつ技術もそれほど要らないため、市場に出回るものがほとんど単色系になってしまったそう。

このコーディネーターは私のジャケットをいろいろ眺め回し、今やこの手の凝った作りのジャケットはほとんど作らないし作れない…と嘆息していた。

ラペルには、パープルの飾り花をつけ、ポケットチーフは薄いイエロー。
そして、仕上げにCartierタンクアメリカンLMである。


Cartier_tankamerican39

2017年4月30日 (日)

久しぶりのGMTマスターⅡ赤青

先週、左腕の相棒として久々にRolexGMTマスターⅡ赤青ref.16710をチョイス。
メタルブレスなので、冬の間は冬眠させていたのだ。
数ヶ月ぶりに動かしたが、現在のところ日差は+7~8秒というところ。
この数値、ちょっと微妙だが、そろそろオーバーホールを視野に入れた方が良いのかもしれない。

Rolexgmt1671059




あまりにも爽やかな初夏の気候と、雲一つない上天気に、GMTマスターⅡ赤青の写真が撮りたくなった。
初夏の陽光の中、GMTマスターⅡ赤青のベゼルの色が良く映える。
やはり赤青は、夏にこそ相応しいと言える。


5桁は今では中古でしか入手できないため、もう買わないつもりではいるが、だからといって現行6桁のGMTにはちょっと食指が伸びない。
なぜなら、私は座布団のようなケースがダメなのだ。
そして青黒の色にあまり魅力を感じない。
ブルーベリーか赤黒が出たら少し悩むとは思うが、それでもやっぱり座布団ケースゆえに却下だろうなぁ…。

ブルーベリーか赤青で、そしてケースが座布団ではなくラグがすぼまった形なら、文句なく6桁でGMTを買うのだが…、たぶん出ないだろうね。

ということは、私が今持っているのは5桁の中古品ではあるが、今後もこのGMTマスターⅡ赤青を大事に使っていくことになるのだろう。

Rolexgmt1671061

2017年4月26日 (水)

オープンしたての銀座シックスのレキシアに行ってみた

4月20日、東京銀座の松坂屋跡地に「銀座シックス GINZASIX」という大商業施設がオープンした。

詳しくは上をクリックして見てもらうとして、平日行ったにもかかわらず、超絶大混雑であった。
中国人の観光客たちは観光バスで大量に乗りつけて来るわ、それ以外の観光客や外人達も一杯で人種のるつぼだわ、平日暇なオバチャン連中が大挙して押しかけて来るわ、それらの様は、一種壮観でもあった。

おかげでかなり疲れてしまい、ウンザリした(大苦笑)。
まだまだしばらく、ほとぼりが冷めて人出が落ち着くまでは行くことをおススメしない。


一旦店舗の最上階まで上がり、そこから順に下りながら各ショップを見るという方式で回った。
6階では、銀座蔦屋書店を歩き回り、しばらく洋書を物色。
5階では「BRITISH MADE」「パラブーツ銀座店」、4階では「ヴァルカナイズ・ロンドン 銀座」「ポール・スミス」、3階は歩いただけ、2階では「FRANCK MULLER GENEVE」に入ってみた。

吹き抜けになっているセンターにはこんなオブジェが。
ぶち抜いて吹き抜けを設けるなんて、なんと豪勢な!

20170425a


そしてこの日の本当の目的は、1階の「ロレックスブティック レキシアGINZASIX店」である。
新橋方向の入り口のすぐ奥にある。
ショップの前で我がディープシー・Dブルーとツーショット。

20170425b


中にあるゴールドの豪華な扉の前でもパチリ。

20170425c


この扉の奥に、たくさんのショーケースが鎮座している。
店内は、外の喧騒とうって変わって静謐な雰囲気に溢れているので、じっくり品物を見ることが可能だ。

私は現在欲しいアイテムが1つあり、それの偵察を兼ねて各ショーケースを見て回った。
あいにくスポロレは、新作デイトナ2種、ディープシー・Dブルー、シード4000、GMT青黒などのめぼしいモノはなかった。
ヨットマスターの新作ダークロジウムとチョコレートロレゾールは置いてあった。

この2つが欲しい人は、「レキシアGINZASIX店」に急ぐのが吉!

20170425d

2017年4月23日 (日)

Crockett&Jonesから英国靴を買う(その2)~買ったのは…

英国靴の名門Crockett&Jones
3月上旬から4月中旬にかけて、このメーカーから連続して3足の靴を買った。
今回ご紹介するのは、その第一弾。


Cj13



ブリティッシュグリーンの箱はいかにも英国らしい。
中を開けると、Crokett&Jonesのロゴがプリントされた包装紙でとても丁寧に梱包された本体とともに、礼状や各種書類そしてカタログが入っていた。

Cj14




靴本体は片方づつシューズバッグに入り、その上からさらに包装紙で丁寧に包まれている。
シューズバッグは、入れる口のところに締めるための紐がついていて、その紐の先が真鍮金具になっている。
その金具によって本体がキズを受けないように、その金具だけさらに包装紙でグルグル巻きにされている。
ここまで厳重に包装されていると、とても嬉しい。
メーカーから直接買ったのだ…という喜びが込み上げてくる。

Cj15



これがCrockett&Jonesのシューズバッグ。
この中に本体が片方づつ入れられている。

ブリティッシュグリーンは、私の大好きな色の一つである。
確か90年代のF1で、チームロータスがこの色をカンパニーカラーとして使っていた。
(中嶋悟が在籍していた頃は、キャメルイエローがカンパニーカラーだった。)
私は、この色のチームロータスのオフィシャルコートを持っている。

Cj16




ジャジャーーン!!
第一弾で購入したのは、PEMBROKEのダークブラウンでスコッチグレインレザーのもの。
外羽根式のダービーシューズで、5アイレットのフルブローグウイングチップ。
純正のシューツリーも一緒に購入。

ちなみにメーカー直で送られたブツは、下写真のように最初は靴ひもは一番下のアイレットだけに通されている。
まさに新品そのものだ。

Cj17




アイレット全てに靴ひもを通して、履ける状態にした。
履いてみると、すんなり足に合う。
つま先の遊びも十分、横幅もゆとりがあるが緩くはなく、そして踵もしっかりホールドしている。
私の足にこの靴のラストは問題ないようだ。

Cj18



スコッチグレインレザーのフルブローグウイングチップなので、本来は週末カントリーライフを楽しむためのものである。
とはいえ、今の時代、もちろんビジネス用として履いても全く問題なし。

Cj19
Cj110



スコッチグレインレザーのダークブラウン色がシックで重厚な雰囲気を醸し出す。
このスコッチグレインレザー、表面がつぶつぶ状になっているので、キズがつきにくいという利点がある。
好みは分かれるだろうが、私は好きな方である。

あと、英国靴の特有のつま先のエッグトウ。
このラストは適度なエッグトウであり、細過ぎもなくさりとて丸っこ過ぎることもなく。

Cj111



足を入れるところからは、中の革敷きにCrockett&Jonesの金文字が見える。
右内側には品番、製造番号、サイズなどがプリントされている。

Cj112



PEMBROKEは、靴底がダイナイトラバーソールである。
そのため靴底はかなり分厚く、そして踵も大きくしっかりした作りだ。
こういうところを見ると、Crockett&Jonesがしっかりと良いモノを作っていることが伺える。

このダイナイトソールのおかげで、水たまりも急な雨もヘッチャラなのが嬉しいね。

Cj113
Cj114_2
Cj115



今回一緒に買った純正のシューツリー。
7~8年前まではプラスチックの塊りのようなシューツリーだったと記憶しているが、今回のモノはシダーツリーの木製である。
一応汎用なのだが、PEMBROKEにはすんなり入ってくれた。
このシューツリーを単品で日本で買うとなると、かなり高い。

今回は、本体+シューツリー+送料+関税込みで、日本国内で買うより33%安く買えた(つまり三分の二だったということ)。
ネットで注文してから、ジャスト1週間で手元に到着。
通販サマサマ、そしてポンド安サマサマ、である。

Cj116

2017年4月21日 (金)

革ベルトを春夏向けにチェンジ

この冬は、メタルブレスの時計が冬眠に入っていた間、こげ茶革ベルトのPaneraiPAM00241クレドパリ40mmが大活躍してくれた。
このPAM00241PAM00103ラジオミール40mm金無垢の2本だけで、この冬を過ごせたのである。
だから、時計を何本も何十本も持つ必要はなく、本当に気に入ったそして使い勝手の良いモノが数本あれば良い。


さて、このPAM00241クレドパリ40mmの革ベルトを、いよいよまた春夏向けに換えることにした。
あっという間に暖かく、いやもう汗をかくぐらいになってきたのだから、いつまでも暑苦しげなこげ茶の革ベルトをするわけにもいかない。

ということで早速本日から、若草色の純正革ベルトの再登板だ。

Paneraipam0024167

2017年4月18日 (火)

Crockett&Jonesから英国靴を買う(その1)~米国靴より英国靴

さあ、今回はCrockett&Jonesからの海外通販の模様をお伝えしていくことにしよう。

今年に入ってからは時計趣味も一段落していることで、物欲の方向は久しぶりに(10年ぶりぐらいか?)英国靴に向かっている。
つい10日前にも、2社から2足送られてきた(爆)。
2月から再開していた海外通販は、結局4月中旬までにCrockett&Jones社から3足、Sanders社から2足を買うという怒涛のようなペースになっている。
私は決してムカデではないのだが…(苦笑)。

さて、今から27年前の「BRUTUS」誌1989年11月1日号や「Begin」誌1990年3月号には、大々的に英国靴が特集されている。
当時、この2冊の雑誌に啓発されて英国靴好きになったオシャレさんが多かったことと思う。
これらの雑誌は現在でも靴マニアの間では評価が高く、神保町の古本屋などに持って行けば高価で買い取ってくれるらしい。
(下2冊の雑誌、この記事を書くために20年ぶりぐらいに押入れの奥から発掘した(爆))

20170420a



この当時、アメリカ大好きな団塊世代とアイビーブームのせいで、日本では英国靴よりAlden、Johnston&Murphy、Allen Edmondsらの方が一般的に認知度が高かった。

英国靴は、27年前だとChurch'sは大塚製靴が日本で販売していたこともあってすでに有名だったが、John Lobb、Edward Green、Foster&Son、Maxwell、Crockett&JonesTricker'sあたりはまだまだ知る人ぞ知る稀少な存在だった。
私も、これら6社は当時愛読していた「MENSCLUB」やその別冊でしか知らなかった。
ましてや、CheaneySandersを知っている人なんてほとんどいなかったのである。

私は、オックスフォードタイプのほっそりとしたエッグトウ(卵のような形状のつま先)が大好きである。
どんなにクラシコイタリアが流行ろうが、尖がったスクエアトウが全盛だろうが、私は我一人エッグトウを行く…というほど好きなのだ。
そしてこのエッグトウこそ、まさしく真正英国靴にしか見られない特徴なのである。
斯様な理由から、私は米国靴党ではなくあくまで英国靴党なのだ。

後年、イギリスに行く機会があった時に、サビル・ロウ近くにあったFoster&Son、Maxwell、Church'sをナマで見れたことは望外の喜びとなった。

20170420b


この2冊の中で、Crockett&Jonesは絶賛されている。
高級英国靴の代表的伝統メーカーとして、当時からその名は轟いていたわけだ。
そして、これら2冊の雑誌が出たおかげで一気に認知度が高まり、そのあとシップスやビームスなどの別注化によって、ようやく店頭で見かけるようになったのである。
まあ、数多くあるセレクトショップで実物を履きながら買えたり、気軽に直接通販出来る現在の状況に慣れている人達に、当時の状況を想像するのは無理な話だろうが。

ということで、英国靴が我が物欲に久々に復活して、まず最初に頭に上がったのは、やはり27年も前に絶賛されていたCrockett&Jonesである。

まずは下の箱↓。
注文を出して、ジャスト1週間で手元に届いた。
この半年ぐらいの間にCrockett&Jonesのネット直販システムが親切設計され、使いやすくなったらしいことは後から知った。

詳細はその2で。

Cj11
Cj12

2017年4月17日 (月)

小粋なブリティッシュパブでくつろぐ

先日、JR最寄駅近くに素晴らしいブリティッシュパブを発見した。
中に入ったら、こげ茶色に統一されたシックなインテリアで、とても渋くそして心落ち着ける静謐な空間になっていた。
これはイイぞ!

当日履いていたのは、最近出ずっぱりのTricker'sBOURTON
もちろんアイリッシュパブだからというのでそれに合わせたわけではなく、このパブには偶然入ったのだが。

20170416a


午後の遅い時間だったので最初はお客もまばらだったのだが、そのうち1時間もしないうちに店内は一杯になった。
三分の一ぐらいが白人系の外国人で、観光客ではなく近所に住んでいるようだ。
やはり、彼ら彼女らも溜まり場が必要なのだろう。

20170416b



定番のギネス黒ビールとフィッシュ&チップスを頼む。
フィッシュ&チップスをくるんでいる包装紙が英字新聞だというのがちょっとシャレていて、なんとなく嬉しい。
当日の我が左腕の相棒は、こげ茶の革ベルトがこの店の渋い雰囲気にピッタリの、PaneraiPAM00241クレドパリ

20170416c


休日の午後にでもフラッと寄って、外人達の英語をそれとなく耳にしながらお店の雰囲気に浸る。
飲むのはバスのペールエールやギネスの黒ビールで、フィッシュ&チップスをかじる。
もうそれだけで我が英国趣味は癒されるね。
おまけに、シャーロック・ホームズの短編集でもあれば完璧。

20170416d

2017年4月15日 (土)

Tricker'sとRolexディープシー・Dブルー

今週初めに桜の花見に行ったのだが、その際履いていったのが買ったばかりのTricker'sBOURTON
散ってしまった桜の花弁を踏みしめて。

20170410c

20170410d



そしてその際の左腕の相棒は、言わずと知れたRolexディープシー・Dブルー
暖かくなって来て、昼間ならシャツ1枚で過ごせる陽気になっている。
これからのシーズンにピッタリのディープシー・Dブルー
Tricker'sのお散歩靴と2ショット。

20170410e

«次に買った英国靴

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ