最近のトラックバック

フォト

« 続・CartierPasha38mmローマンインデックス | トップページ | カルティエタンクアメリカンとPPカラトラバ »

2014年1月13日 (月)

アンティークぼったくり論&4桁不要論、私も書くつもりだった

さきほどとあるブログを拝見していて、とても驚いた。
私がアンティークモノやロレックスの4桁ビンテージ品に対して、常々思い感じていたことを、明快かつ冷静に斬ってくれた人がいようとは!!
そのうち書こうと思っていた内容であり、先を越されたことに悔しいとか残念とは全く思わず、この方のお考えに全面的に賛同あるのみ。

その方のお言葉をいくつか拝借させていただく。
無断で引用させていただくので、どうかご容赦のほど(問題あれば、速攻で対処します)。


>〝アンティークなんてボッタクリ〟
>嘘だと思うなら買取に出せばいい。
>驚くほど、戸惑うほど、涙が出るほど安くたたかれる。

私も数年前に、2年ほどアンティーク懐中時計やビンテージ腕時計にハマったことがある。
その時の経験が、まさに上記のお言葉どおりである。
お客にとって買うのは高く、売るのは安く。
業者にとっては買うは出来るだけ値切り、売るは出来るだけ勿体つけて高く。
その差額は業者の利得にしかならず、あなたの口座残高が減るのみだ。


>汚い4桁なんて不要。
>ミラーであろうが、ティファニーであろうが、ビックデイトナであろうが、
>そういう妙なところに価値を見出して買う、または売る連中こそが〝ブラックアウト〟だ。

まさにその通りだと、私も思う。
私がなぜ4桁ロレックスやビンテージ時計に価値を見出さないか?
ボロく汚いだけの、今にも止まりそうで壊れそうな機械に数十万円も払えるか!?

ただでさえこの先スマホなどに取って代わられ、将来的にはドラゴンボールでベジータ達がつけていたスカウターなどにまで行ってしまいそうな技術ストリームからして、今にも死にそうな爺さん婆さんを今後買う必要がどこにある?


>それではどんな時計が買い得なのか。
>そんなに欲しければ、現行一つ前のノーマルなモデルがちょうどいいと思う。
>それが現実的ではある。

これにも全面的に同感。
私は今の6桁のデザインやサイズ感があまり好みではないので、熟慮の上、型落ちの5ケタにした。
そして価格との兼ね合いとか技術的な成熟度合いも参考にする。
そうすれば、ある程度のところに落ち着くはずである。


ちなみに、下の写真のような『小宇宙』を愛でることと、ぼったくり品を無理して買うこととは全く異なる行為である。

Hubere
ぼったくりはぼったくりでしかない。
爺さん婆さんは、爺さん婆さんでしかない。
時計だって若くてピチピチしたモノを買うに越したことはない。


私の求める時計とはなにか、ビンテージ時計やアンティーク懐中時計の趣味をなぜやめてしまったのか、そして私がなぜロレックスに行き着いたのか等々の話は、この先徐々に少しずつ書いていく予定である。
それが私の『物欲』の源泉を知る手掛かりになるからだ。
これらのことをじっくり考えることで、現在はある程度まで自分の『物欲』に関して分析しつつある。
だから、以前のようにはブランドの威張りやショップの甘言にはほとんど惑わされない。
買って失敗だと思ったり後悔することもほとんどなくなった。

Rolexsubmariner166101
それにしても、同じようなことを思い、ここまでしっかりと直言出来る人がいることに驚かされた。
自分のブログなんだから、もっと言いたいことを言い、書きたいことを書いてもイイのだろうと心強くなる。

« 続・CartierPasha38mmローマンインデックス | トップページ | カルティエタンクアメリカンとPPカラトラバ »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
アンティークやヴィンテージって都合がいい言い換え方だなぁとは思っていました。需要があるからその値段でも買うのでしょうけど。。
私は4桁は1601DATEJUST一本で終了にすると思います。
まあ、人それぞれ納得がいくお金の使い方なら良いのでしょうけど。
私のような普通のサラリーマンには足を踏み入れない方が良さそうだなと思っていたりします。苦笑。

こんにちはパースさん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、この手の世界は需要者(欲しい人)がいるから成り立っているのでしょうね。
他人から見るとゴミ以外のなにものでもなくとも、ご本人にしたらかけがえのないお宝。
人それぞれの納得の仕方でよろしいのでしょう。

とはいえ、TVでやっている「なんでも鑑定団」などの値段付けにしても鑑定者の恣意が入っているでしょうし、評価の基準も客観的とは言い難いものも多くあるように思えます。
自分なりの『目付け』能力を磨いて、他者の評価や業者の甘言に惑わされないようにしたいところですよね。


時計は ゆっくりですが消費する物ですから… 正規メンテの打ち切られた実用時計には 実用品としての魅力はないですね。
(かっこいいんですけどw)
そこをある程度割り切らないと 金ドブ…

普通のことを普通に言う人がブロガーにもいて安心です。

通りすがりさん、コメントどうもありがとうございます。

かなり古い記事ですが、お読みいただきありがとうございます。

通りすがりさんもおっしゃっていますように、時計とはあくまで実用あってこそのものだと私も考えます。
切手や古銭収集とか、絵画や陶磁器コレクションのような趣味としては捉えたくないですね。
ですからアンティークやビンテージの時計には魅力を感じません。
以前は結構集めたのですが、今は全て売り払ってしまいました(^^;)。

最近はロレックスを着用する機会が減って、パネライばかりになっていて駄文しか書いていませんが、今後ともよろしくお願いします。

だから、以前のようにはブランドの威張りやショップの甘言にはほとんど惑わされない。
買って失敗だと思ったり後悔することもほとんどなくなった。

→ブランド・メーカーの甘言に乗せられて現行買うのも結局は同じではないでしょうか?

>それではどんな時計が買い得なのか。
>そんなに欲しければ、現行一つ前のノーマルなモデルがちょうどいいと思う。
>それが現実的ではある。

これにも全面的に同感。

→私は全面的に否定。この筆者のセンスを疑います。

結局は個人的な価値観ですので、自分のブログだからといって、他の価値観を否定して、さも自分の価値観が優れているみたいな言い方は良くないですよ。

うーんさん。

>→ブランド・メーカーの甘言に乗せられて現行買うのも
>結局は同じではないでしょうか?

ビンテージ物を買う行為と、甘言に乗せられて現行買う行為が、結局は同じということですか?
もちろん、何を勿体つけようが偉そうに理屈を持ちだそうが、お金を散財するという意味では同じ行為ですね。

私の場合は、ブランド信奉はあまり高くなく、そしてメーカーや販売の甘言にはあまり動じないので、お金を散財する結果以外は全く違う行為だと自分では思っています。

さて、

>→私は全面的に否定。この筆者のセンスを疑います。
>結局は個人的な価値観ですので、自分のブログだからといって、
>他の価値観を否定して、さも自分の価値観が優れているみたいな言い方は
>良くないですよ。

って書いておきながら、あなたもこの筆者の考えを全面否定していますね(爆)。
あなたが書いた「この筆者のセンスを疑います。」という表現は、

>他の価値観を否定して、さも自分の価値観が優れているみたいな言い方

には抵触しないのですか?(更爆)


私はこの筆者とは面識はなくネットのつながりもなく、たまたまネットサーフィンで見つけたので無断ではありましたが一部引用させていただきました。
もし無断引用が失礼だと筆者ご本人からクレームが来たら、その場合は速攻で引用部分全てを削除するつもりでいます。

この筆者はご自分の考えを強烈に表明する方のようですが、ご自分のブログで何を書こうが、何を主張なさろうが、ご本人独自の価値観を強制しようが、他者の価値観を見下そうが、ご自由にどうぞというのが私の考えです。

その主張と相容れなければ、そして不愉快になるのであれば、二度と読みに行かなければ良いのですから。
そして反論や主張したいことがあって我慢ならないのであれば、あなたご自身でブログを始めて、そこで論駁しご自身の主張を堂々と表明なさればよろしいのではないですか?


ブログとは個人の主張や所感の表明の場そのものです。
ブログとは、その中ではその個人が全権を持っている、絶対私有地です。
それなのに、なんで他人の顔色を窺ってあたりさわりのない詰まらない事を書かねばならないのですかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/58941327

この記事へのトラックバック一覧です: アンティークぼったくり論&4桁不要論、私も書くつもりだった:

« 続・CartierPasha38mmローマンインデックス | トップページ | カルティエタンクアメリカンとPPカラトラバ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ