最近のトラックバック

フォト

« 手にはめたビンテージ時計(その5) | トップページ | 寄り道としてのアンティーク懐中時計~クォーターリピーター »

2014年2月28日 (金)

GMTマスターⅡの微細なキズのメンテ

RolexGMTマスターⅡRef.16710赤青のオイスターブレスをジュビリーブレスに換えた時に、ラグの裏にたくさん小傷をつけてしまったことは前に述べた。
裏側なので全く見えないし気にすることもないのだが、変な所だけに妙に几帳面な(ということは他の大部分の所はズボラだということ)私としては、この小傷をなんとかしたかった。

ということで、3Mの「スーパーファインクロス」と「マイクロファインクロス」というヘアライン研磨用クロスを買ってきて、ラグ裏のキズ取りにチャレンジしてみた。

Rolexgmt1671023


手順はいたって簡単で、
1.「スーパーファインクロス」と「マイクロファインクロス」を使う分少量カットする。
2.最初に「スーパーファインクロス」を使ってラグ裏に当て、一方向に軽く押し当てて磨く。
3.ある程度力を加えてもステンレスが目に見えるほど削れるわけではないので、キズが分かりにくくなるまで磨く。
4.削り粉をそのつど丁寧にぬぐい、それから今度は「マイクロファインクロス」で同様に磨く。
5.「マイクロファインクロス」も一方向に動かして磨く。
6.削り粉を拭いとったら、最後にキクブライトのような金属磨きを柔らかい布に少量取り、ラストはこれで磨く。

ただこれだけ。

Rolexgmt1671024


研磨前の写真を撮らなかったのは失敗したが、下写真の青い円で囲った部分はご覧のとおりキズがほとんど消えるか目立たなくなった。
おまけにここが重要だが、私は前回このラグ裏をキクブライトで磨いた時に、艶消しのヘアラインが消えてテカテカしてしまっていたのだ。
だから今回は3Mのヘアライン研磨用クロスを使う必要があったというわけだ。

このクロスのおかげで、ヘアライン状のつや消し状態が復活してくれた(o^-^o)。
このあと、もうしばらく丁寧に表面処理を行って、まあ満足出来る程度に復活させた。
キズももうほとんどないか目立たない。

Rolexgmt1671025


研磨後、また我が腕に収まったGMTマスターⅡRef.16710赤青をパチリ。

(注:3Mのクロスを使ってうまく研磨するには微妙な力加減とか、研磨方向とかがあるので、むやみやたらにこのクロスを過信して磨いたり力を掛け過ぎたりしない方が良いでしょう。)

Rolexgmt1671026

« 手にはめたビンテージ時計(その5) | トップページ | 寄り道としてのアンティーク懐中時計~クォーターリピーター »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私もシードゥエラーの同じ場所は傷だらけにしてしまいました。
最初の頃は慣れなかったもので。
今ではコツをつかんだのでその他のモデルは大丈夫です。
今度シードで試してみようかとも思いますが、
こういうの不器用だからちょっと悩みます。

;こんばんはオイパぺさん、どうもコメントありがとうございます(o^-^o)。

オイパぺさんもご同様でしたか!
やはり、ブレス替えの際には、あのラグ裏がキズだらけになりがちですよね。
私も初めてやったらキズだらけにorz。
今はその多数のキズのおかげで、なんなく交換出来るようになりましたが…。
やはり経験を積むことは必要不可欠なようですね。


研磨ですが、今後もあくまで自分オンリーで使いつぶすつもりでしたら、あまり神経質になる事はないと思いますね。
この3Mのクロスでもイイですし、市販のサンドペーパーの1200番ぐらいから2000番ぐらいまで順に使って、それからコンパウンドや金属磨きで磨けば、おおよそのキズは取れると思います。

ただ、ご注意していただきたいのは、つや消しヘアラインの状態で仕上がっているものは、ヘタにいきなり金属磨きを使うとつや有りでテカテカになってしまいます。
私も最初の研磨の時に、何も知らずいきなり金属磨きで磨いたので、ラグ裏の一部がテカテカになってしまいました。
これを修正するために、今回ヘアライン用のクロスを購入しました。
これで一方向にこすってやると、ヘアライン状の表面が回復します。

でもまあ…、微妙な力加減とか方向とか、面倒なのも事実です。
こういう作業に慣れていない方には、あまりおススメは出来ないかもしれませんね(^^;)。

こんにちは!

こちらでははじめまして。ブレス交換の際にラグ裏に傷が入るということですが、ご存じだとは思いますが、養生をされた方がいいと思います。

http://blog-imgs-68.fc2.com/w/a/t/watch5656/P1030295.jpg

装着イメージです。はずす時よりも着けるときに傷が入りやすいので、そのときだけでもいいので、テープでマスキングすることをお勧めします。

ヘアラインは目の細かいサンドペーパーで十分でした。私はあまり細かいことを気にしないので(笑)

ではまた^^

こんにちは!
この間14270のクラスプのバネ棒位置調整で養生をせずにやってしまってクラスプ横に引っ掻き傷を作ってしまいましたf^_^;
まあEX-1なので冒険に傷はつきものと無視することにしました(笑)。

こんばんはエースさん、どうもコメントとアドバイスありがとうございます(^^)。

そうなんですよ、私も養生シッカリやったつもりだったのに、初めての交換でかなりドジ踏みました。
お見せいただいた厚さぐらいのテープだったら良かったのにと、反省しきりです。
通常のテープだけでやったものですから(泣)。

今は、マスキングテープを貼りその上にさらに通常のセロテープを貼っています。
当面はジュビリーブレスで行くつもりですから、まあそう頻繁には作業しないでしょうが、次回やる時はアドバイスに従って厚めのテープにしましょう(^^)。

こんばんはパースさん。

ああそうですね、私も手首調整の際にクラスプよくひっかけてしまいます(泣)。
クラスプあたりですと、面倒くさいのであまり養生なんてせずに軽い気持ちでやってしまうのが良くないのでしょうね(^^;)。
ま、キズも自分の一つの履歴ですので、お互い気にしないことにしましょう(^^)/。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/59214741

この記事へのトラックバック一覧です: GMTマスターⅡの微細なキズのメンテ:

« 手にはめたビンテージ時計(その5) | トップページ | 寄り道としてのアンティーク懐中時計~クォーターリピーター »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ