最近のトラックバック

フォト

« 寄り道としてのアンティーク懐中時計~ドイツの技術は世界一ィィィィー(下) | トップページ | 増税後の価格変化 »

2014年3月31日 (月)

増税後はどうなる?

明日から消費税が8%に上がり、いままでよりさらに3%も上乗せされた金額を支払わなければならない。
一般的には、これでは需要は冷えてしまうだろう。
現に、今日も増税前の買いだめに走る庶民の姿が報道されている。

しかし時計などの高額かつ贅沢品は、どのような動きになるであろうか?
食料品、日用品、ガソリン代などと違って、時計はいくら高額であっても欲しい人は欲しい。
こういう人は、数は少ないがある一定数存在している。
元々この手の嗜好品はそういう人をターゲット(カモともいうが…苦笑)にしてきているので、需要の落ち込みは少ないのかもしれない。
だから強気なショップは4月1日から8%の消費税をしっかり徴収するだろうし、税込みと表示していても値上げして3%分を上乗せしてくるかもしれない。


現在私は欲しいRolexがあって、消費増税前に滑り込みで買おうと思っていた。
ところが先日のバーゼルフェアでのRolexの今年の新作を見て、その中に気に入ったモデルがあったことで、それを買うかどうかは別としてとりあえずしばらく購入を見送ることにした。

実はもう一つ理由があって、購入しようと考えていた時計が果たして明日から値上げされるのか据え置きなのかを確かめたかったのだ。
これにより、そのショップの強気度や消費者への対応を計れるかもしれないと思っている。
とはいえ、3月31日の時点でまだ売れ残っているということは、3%分余分に値段が跳ね上がってしまうとますます売れ残ってしまうだろう。
これは明白なことである。

とすると、ショップとしてはどういう対応を取るのであろうか?
一旦値上げするも依然として売れ残り、そうしてしばらくあとに値下げか、それとも強気を維持してしこったままに放置するのか?
今ちょっと興味があり、どうなるのか楽しみだ♪。

Rolexsubmarinergmt

« 寄り道としてのアンティーク懐中時計~ドイツの技術は世界一ィィィィー(下) | トップページ | 増税後の価格変化 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/59388058

この記事へのトラックバック一覧です: 増税後はどうなる?:

« 寄り道としてのアンティーク懐中時計~ドイツの技術は世界一ィィィィー(下) | トップページ | 増税後の価格変化 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ