最近のトラックバック

フォト

« Rolex新作発表! 買うなら次なるターゲットはこれかな? | トップページ | 増税後はどうなる? »

2014年3月29日 (土)

寄り道としてのアンティーク懐中時計~ドイツの技術は世界一ィィィィー(下)

バーゼルフェアでのRolex新作についてはまだ少し書きたいことがあるが、その前に、今月中に今続けている懐中時計の話を片づけたい。

Huber3

この懐中時計はケース径51mmと手の中に握りやすいスタンダードなサイズで、ポーセリンの文字盤にはヒビ、割れ、欠けの類は一切なく、汚れもほとんどない非常に綺麗な状態をキープしている。
だから視認性も抜群である。

裏側も擦り傷程度で深く大きなキズのない、かなり良いコンディション。
龍頭もぐらつきや空回りは全くなく、タイトでスパルタンな感じに溢れている。
裏蓋の内側の文様のなんと綺麗なこと!!
普段見えない所にまで気を配り、手間を掛けまくっているのが分かる。
クロムとニッケル含有ステンレス鋼(ステイブライト;Stayblight)の永遠ともいえる輝きにウットリする。

Huber3d_2
Huber3c_3
Huber3e_2


ま、これだけ綺麗で元気な状態で残っているということは、あまり使われなかったか死蔵され続けてきたのかもしれない。
ちなみに、裏蓋も表蓋(文字盤カバーのガラス風防)も、さすがはドイツ製品らしく精密にピッチリとすき間なくはめ込まれている。
だからこじ開けやナイフを使っても、中々蓋は開かない。

私ももう数年保有しているが、裏ぶたを開けたのは今だ1回しかないのだ。
IWCの懐中時計だと、しょっちゅう裏ぶたを開けてムーブメントの動きを楽しんでいるのだが。
とにかくこのドイツ製は開けにくい。
ということは、余計なゴミや埃がムーブメントに進入する余地は少なく、それがゆえに故障が少なくこれまで正常状態を保ったまま来れたのではないだろうか。
私にはこっちの方がありそうな理由に思える。

Huber3b

この懐中時計、さすがに『ドイツの技術は世界一ィィィ~』と謳われるぐらいで、90年近く経った今でも日差+15秒前後という脅威的な性能を発揮して元気に動き続けている。
以前煩わされたHebdomasとは月とスッポン、雲泥の差だ。


(この項、おしまい)

« Rolex新作発表! 買うなら次なるターゲットはこれかな? | トップページ | 増税後はどうなる? »

アンティーク懐中時計」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
懐中時計編面白かったです。
IWCのラトラパンテいい感じですね^ - ^
腕時計の本数増やすよりも懐中時計でいいものを買うのもありですよね。
勉強になりました。

こんばんはパースさん。

拙文ご覧いただき、ありがとうございます。

このラトラパンテ、イイですよ~♪
やはりドイツ物は信頼おけるなあ~と、見直した一品です。

ちなみに、懐中時計は安い割に金無垢とかラトラパンテとかミニッツリピーターが入手可能で、金無垢PPのスゴイのとかオーデマのミニッツリピーターですら、百万円以下で状態の良い掘り出し物がありますね。

時計好きや機械好きでしたら、腕時計だけでなく、懐中も2~3個はあってもイイかもしれませんよね~(o^-^o)。
(って、パースさんにも魔王国への道しるべを指し示す私、グフッ( ^ω^ ))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/59375179

この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道としてのアンティーク懐中時計~ドイツの技術は世界一ィィィィー(下):

« Rolex新作発表! 買うなら次なるターゲットはこれかな? | トップページ | 増税後はどうなる? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ