最近のトラックバック

フォト

« そろそろ皮ムキしようか…(爆) | トップページ | 私のサブマリーナー・中篇 »

2014年5月30日 (金)

私のサブマリーナー・前篇

だいぶ前に買っておいたRolexサブマリーナー(Ref.16610)。
今だに保護シールを剥がしていない。
そのため使用頻度もGMTマスターⅡ(Ref.16710)に比べてかなり少ない。

Rolexsubmariner166107
Rolexsubmariner166108


Rolexこそが信頼性や頑強度からみて非の打ちどころのない時計である限り、私はサブマリーナーこそが、Rolexを最も代表する時計であると勝手に思っている。
ということで選んだのは当然5桁のRef.16610、コンビでも金無垢でもなく、極めてオーソドックスな飽きの来ないタイプである。

私が買ったのは並行輸入モノではあったが新品未使用で、下写真の青矢印に示すように底面と側面に純正保護シールが貼られたままのものであった。
この保護シールも、今ではけっこう剥がれてきて見苦しくほつれてきた。
夏が近づいてきたことだし、そろそろ剥がし時かもしれない。

Rolexsubmariner1661012Rolexsubmariner1661013


シリアルはV番だから2009年の製品。
そういう意味ではまだ5年程度しか経っていない。
現在の日差はmax+3秒と優秀な方であろう。

ご丁寧にも保証カード、カードケース、取扱説明書、ホログラムのクロノメータータグ、グリーンタグ、内箱、外箱、透明プラスチックベゼルカバーなど一式揃った完品と称されるものであった。
但しもうこの頃には、小さな錨は付いていなかったなぁ…。

Rolexsubmariner1661011


個体としてはさすがに新品未使用なので、文句のつけようがなく素晴らしいの一言に尽きる。
一生付き合っていくに足りるものだ。

このサブマリーナーを買っておいたことで、その後Rolex熱が再燃してからもシードゥエラー(Ref.16600)のM番やV番やディープシーをあえて買うには至らなかった。
つまり、さらなる物欲の波をサブマリーナーで食い止めることが出来たのである。

(中篇に続く)

« そろそろ皮ムキしようか…(爆) | トップページ | 私のサブマリーナー・中篇 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/59732016

この記事へのトラックバック一覧です: 私のサブマリーナー・前篇:

« そろそろ皮ムキしようか…(爆) | トップページ | 私のサブマリーナー・中篇 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ