最近のトラックバック

フォト

« 自分にとっての時計選びの基準(その1) | トップページ | 自分にとっての時計選びの基準(その3) »

2014年5月 3日 (土)

自分にとっての時計選びの基準(その2)

信頼性と頑強性に優れたRolexと、優美で気品に溢れエバリの効くCartierの2刀流が、私にとって気持ちが最も安定し、ブレずに時計を愛でることが出来るものであることはこれまで述べた。
さて、ではどのようなRolexやCartierを買うか、買いたいのか?


①最低限3針であること

時計と言うのは、センターセコンドでもスモールセコンドでもどちらでもイイが、やはり動きが実際に目に見えないとつまらない。
2針だと動きがなくて面白くないのだ。
よく、2針だと時間を気にしなくて良いからイイだの、優雅に時間を気にしない人がつけるものだなどと書く人がいるが、私は正反対の考え方である。

残念ながら、優雅に時間を気にしない生き方が出来る身分には生まれつかなかった(爆)。
高貴なお方しか似合わないこのような生き方を、庶民が気取ってもお里が知れる。
また根が貧乏性だからだろうか(苦笑)、時計だけ優雅に時間を気にしないなどという行動も取れない。

ま、2針はようするに私には不要ということだ。
いくら私がCartierのTankAmericanを欲しがろうが、プラチナ製2針は買う気にもならない。
これはFranck Mullerにも言える。
Rolexの場合はクリアーしているので問題はない。

Cartier_tankamericana

②径38mmはほしいところ

ビンテージ時計で経験したのだが、古い時計はケース径が小さい。
オメガなどは30mm径が有名である。
しかし今の時代、30~34mmというのは相当に小さいと感じる。
なぜであろうかと散々考えた結論は以下のとおり。

つまりは先進諸国の高齢化。
文字盤の径が大きくないと、老眼が進んだ人には時間が読めない(爆)。
ま、これはある種冗談ではあるが、今後の本質の一端を突いているとも思う。
さらに高齢化が進む将来は、小さい方向に戻ることはないと推測している。

私が腕回りや体つきから、自分なりに着地したのは38~42mmという径。
これ以下だと小ぶりで弱々しくなり、これ以上大きいと不格好になる。

Cartierなら38mmPashaがジャストサイズ。
35mmPashaやPashaCでは貧弱だ。
Rolexだと、非常に残念なことにドレスウォッチのDJやパーぺチュアルやエアキングが該当しなくなる。
本当を言うとDJは手元に1本常備したいと思うので、残念の極みである。

Rolex_datejust36mm

しかしDJⅡになると、41mmという文字盤径はクリアーするのだが、今度はインデックスの無骨な大きさが気に入らない。
DJというのは洗練されたスマートなドレスウォッチであるべきで、不格好な大きさのあのインデックスには大いに萎える。

そのためRolexの場合は、ついスポーツモデルから選択することになってしまう。

Rolex_datejust2


長くなったので一旦ここで切り、次回に続けよう。

(この項続く)

« 自分にとっての時計選びの基準(その1) | トップページ | 自分にとっての時計選びの基準(その3) »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

ノスタルGさん

おはようございます。

地震大丈夫ですか。

自分も3針派です。貧乏性です。ケース径も同感です。ロレックスDJ自分も1本
所有したいです。似ているところ多いですね。

つい先日、中古.セイコークレドール.ノードGBBT998 K18PG ケース径41.5㎜購入
しました。ここのお店は家族経営で親切です。今回入れて購入5本目です。

昨日.地方のロレックス正規店に数年ぶり電話入れましたらデイデイト18238.YG
P番お客様の所有で持主がお亡くなりになり、未亡人がオーナーに処分の相談
に来られたそうです。

殆ど使用されていなかったそうです。日ロレでOHして、自分に譲ってもいいですよ
、オーナーが言ってくれましたので、その地方は観光地なので、混むのを避けて
7日行く約束をしました。そのお店は定休日です。恐縮します。たぶん購入します。

これもよき出会いですね。

長文に成りましたので、また、お邪魔します。。

こんにちはGGさん。

コメントならびにお見舞いありがとうございます。
今朝早くの地震で目を覚まされてしまい、今も寝不足です。
1冊の本が棚から落ちたぐらいで、揺れの割には被害がなくてホッとしています。


>つい先日、中古.セイコークレドール.ノードGBBT998 K18PG ケース径41.5㎜購入

おめでとうございます!
この時計は知りませんでしたが、早速検索して拝見。
カレンダー付きは私も大好きです。
パワーリザーブ表示もありますね。
とても便利そうです。
レトログラード運針もあまりポピュラーではなくイイ感じですね。


>デイデイト18238.YG P番お客様の所有で持主がお亡くなりになり、
>殆ど使用されていなかったそうです。
>日ロレでOHして、自分に譲ってもいいですよ 、オーナーが言ってくれました

おお!出会いですね~。
特に、ほとんど使っていなかった状態というのが良さげですね。
時計とか、身につけるものはこういう出会いがピンと来るものがあれば出来るだけ入手した方が、あとあと悔やまなくてイイと思います。

それにしてもGGさん短期に2本ですか…。
僭越ながら、チト飛ばし過ぎでは?と心配になります。
いえね…、「時計買うお金あったら、ゴールデンウィーク中にどこか海外旅行でもさせろーーー」とかなんとか、奥様あたりから言われないかと…(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/59576403

この記事へのトラックバック一覧です: 自分にとっての時計選びの基準(その2):

« 自分にとっての時計選びの基準(その1) | トップページ | 自分にとっての時計選びの基準(その3) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ