最近のトラックバック

フォト

« ありゃ、また何か買ったのか? | トップページ | 速報~ミニミニオフ会 »

2014年9月14日 (日)

Cartier TankAmerican

夏の間は蒸し暑くて腕も大汗をかくため、腕時計も革ベルトのものは全く出番がない。
そのため、今年の春に買ったCartierTankAmericanLMイエローゴールドも、まだたった1回しか使っていない。

そういうこともあって、私が買ったTankAmericanLMイエローゴールドの紹介もすっかり忘れてしまっていた。
今更ではあるが、遅ればせながら書いておこう。


状態の良い出物を探して半年ばかり物色し、今年の春に都内某ショップにて中古品を購入。
新品だと税込172万8千円もするので、私の財力ではとても買えない(苦笑)。

箱(内箱、外箱)、説明書、オーバーホール説明書(兼領収書)が付属。
オーバーホール説明書を見ると、数ヶ月前に仕上がったもので、カルティエ独特のコンプリートサービスを受けている。
どうやら間違いなく本物だ(これは、のちにCartierの銀座店に持ち込んで確認済み)。

Cartier_tankamerican12


文字盤も長短針も、キズ一つ汚れ一つなく非常に綺麗。
またクリスタルガラスの風防は交換されているので、これまたキズ一つない。

Cartier_tankamerican13Cartier_tankamerican20


両サイドもキズは見あたらず綺麗。
しかしながら、こののち光線の微妙な方向によって見え隠れする線キズを、竜頭の反対サイドに発見orz。
ショップで虫めがねを使ってかなりしつこく確認した時は見当たらなかったので、いつキズが出来たのか本当のところは不明。

ま、それほど僅かだとも言えるし、気になると言えば気になるレベルのはこの一スジぐらいか。
なんせ金無垢はもの凄く柔らかいので、擦り減ってしまうため研磨には出せないし、使っているうちにどうしても小キズが生じるのはやむを得ない。

Cartier_tankamerican14Cartier_tankamerican15

裏もキズ一つなく、綺麗。
TankAmericanの場合、18Kで30m程度の日常防水である。
Rolexのように100m以上の防水ではないので、手を洗うにも注意が必要であろう。

Cartier_tankamerican16


Cartierの頭文字「C」をデザインした尾錠。
18K製でゴージャスな感じがするが、これはこののち社外製のDバックルに換えた。

Cartier_tankamerican17


オーバーホール済みを証明する説明書(兼領収書)。
コンプリートサービスを受けているので、あと数年はオーバーホールの必要はなさそう。
風防と革ベルトが交換されている。
革ベルトは、上質でシックなブラックアリゲーターである。
非常にノーブルでフォーマルな雰囲気が漂う。


Cartier_tankamerican18


ということで、線キズを1か所発見した以外は特になんら瑕疵もなく、まあ満足行く品物であった。
ノーブルでフォーマル過ぎるため、着用機会はRolexに比べ多くはない。
それでも秋から冬にかけて、スーツやツイードのジャケットなどに合わせて使いこなそうと思う。
もちろん、もう小キズなどは気にしないでガンガン使いたおして行こう。

« ありゃ、また何か買ったのか? | トップページ | 速報~ミニミニオフ会 »

Cartier」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/60304443

この記事へのトラックバック一覧です: Cartier TankAmerican:

« ありゃ、また何か買ったのか? | トップページ | 速報~ミニミニオフ会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ