最近のトラックバック

フォト

« ラストの1本? | トップページ | 何を買おうか…悩んでみる(その2) »

2014年11月 8日 (土)

何を買おうか…悩んでみる(その1)

普通、一介のサラリーマンには身分不相応とも言える高価なブランド時計を3個も4個も持っていたら、もうとっくに打ち止めになっていてもおかしくはない。
それがまともな普通のサラリーマンの財政事情というものであり、経済観念である。

今の私もRolex2個とCartier2個を正規軍にしているので、ウチのカミさんはもう打ち止めにしてくれるだろうと思っている。
私もCartierのタンクアメリカンLMを買った時点で、もう時計趣味は御仕舞いにしようとマジに思っていた。

しかしタンクアメリカンLMは金無垢でフォーマルな風情のため、実は中々つける機会がない。
フォーマルな雰囲気で気張る機会はそんなに頻繁にあるものでもない。
休日のラフでプライベートな時だとなおさらだ。
よって、ついRolexの2個とCartierのPasha38mmに手が伸びてしまう。

この3つの時計(サブマリーナー、GMTマスターⅡ、パシャ)に共通するものがあることにお気づきか?









…そう!この3つとも、全部が金属ブレスなのだ。

夏場は良かったが、涼しくなってくるとそろそろ革ベルトでオシャレしたくなってくる。
革ベルト仕様が標準のタンクアメリカンLMに相応しい季節の到来ではあるのだが、如何せん、タンクアメリカンは流石に気張り過ぎ感がある。
そのため、もう少しお気楽にラフな格好で似合う革ベルトの時計が欲しくなったのだ。
またまた『物欲』炸裂である。
いやはや全くもって困ったものである(苦笑)。


オイスターブレスという、時計世界に燦然と輝く素晴らしき金属ブレスレットが標準装備されたRolexの2つは革ベルトに換えるなど全くナンセンス、問題外である。
じゃあ、Pasha38mmを革ベルトに替えればよいではないかと思うかもしれない。
しかし、である。


ここがCartierのイヤらしいまでの囲い込みマーケティング戦略が如何なく発揮されている所なのだが、Pashaのベルト用ラグは特殊な形状なので、気軽に他のベルトメーカーのものをつけ換えることが不可能なのだ。
しかもCartierで売っているPasha専用の純正革ベルトには、留め用の穴が開けられていない。
どうやって腕に留めるかというと、純正Dバックルを使って純正革ベルトを折り返して装着するようになっている。

だが、革を折り込んで使うことには気分的にかなりの抵抗感が生じる。
極めつけは、純正Dバックルはステンレス製ですら10万円以上もする(タンクアメリカンだと金無垢なので20万円以上もする)。
もし純正Dバックルを買わずに安いカシスあたりの汎用Dバックル(5000~6000円程度)を使うとなると、今度はベルトにこの留め用の穴が開けられていないため、純正の革ベルトに対して汎用Dバックルは全て使えないのだ。

なんという不便を強いる金食い虫な時計であろう!!

タンクアメリカンは商品化されたのが1990年ごろと比較的早い時期だったため、このド高い純正Dバックルを使わずとも純正革ベルトには留め用の穴が開けられている。
よって、タンクアメリカンには私がやっているようにカシスのような安価で汎用なDバックルを使うことが出来る。
一方Pashaは、全く汎用Dバックルが使えない。

この辺は時計ベルト専門店のサイト(http://item.rakuten.co.jp/tokeiya-ishikawa/pasya-croco-order/?s-id=sblog_rh)に詳しい。
イタリアのモレラートに注文すれば、Pashaのラグに合い汎用バックルが使える穴開け仕様のベルトが作れるそうだが、納期が長いのと現物の色合わせを失敗したら痛い出費になるため、中々踏ん切りがつかない。


ということで長々説明してきたが、Pasha38mmは今のまま金属ブレスで使うのがベターと結論づけた。
こうして8月末ごろからこの厄介な物欲と戦っていた私であるが、突然ある意外なブランドが目に入ってきたのだ。
それも2つ。
そのブランドとは?

(その2に続く)

« ラストの1本? | トップページ | 何を買おうか…悩んでみる(その2) »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^ ^
欲しい時計はつきませんね〜。
私はデイデイト18239BICが欲しいですが、買えません。
金無しですOTL

昨日日ロレにデイデイトを預けてきました。
文字盤は仕上がってからのお楽しみで^ ^
ロレックス純正ワニ革ベルトが36000円、金メッキ尾錠10000円それぞれ税別と純正は高いですねf^_^;
私は当分打ち止めですね。
買い替えもしない方向です。
欲しい時計は何でしょう^ ^
購入するまでが1番楽しいですよね。
ではでは^ ^

こんばんはパースさん。

いやはや、ホントに物欲って尽きませんよね~(苦笑)。
今、ある時計購入意欲500%です(爆)。

また例によって、ブログの中で購入候補を挙げていきますね。
そして私の欲しい機能もさらに掘り下げて書いて行こうと思っています。

リアル進捗状況と並行してしばらく連載チックに長くなるかもしれませんが、よろしくお付き合いのほどm(_ _)m。


>ロレックス純正ワニ革ベルトが36000円、金メッキ尾錠10000円
>それぞれ税別と純正は高いですねf^_^;

ええ、お高いですね。
金メッキで1万円ですか…(苦笑)。
でも革ベルトについては、カルティエやパネライほど(4万円台後半)ではなく、1万円お安いですね。
出来るだけ純正で揃えたいとは思いますが、財布が言うことを聞きません(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/60618468

この記事へのトラックバック一覧です: 何を買おうか…悩んでみる(その1):

« ラストの1本? | トップページ | 何を買おうか…悩んでみる(その2) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ