最近のトラックバック

フォト

« 評価・選別(その3)~PaneraiのPAM00090&00321 | トップページ | 買ったのはPaneraiPAM00241・前編 »

2014年12月 5日 (金)

評価・選別(その4)~PaneraiのPAM00388

最初に選ぶPaneraiと言ったら、やはり竜頭ガードが特徴的なルミノール系であろうが、そうは言ってもラジオミールの独特な存在感も中々捨てがたい。
パネライのダイバー時計におけるオリジンみたいな存在でもある。
ということで、ラストにPAM00388を選択してみた。

<選定基準>

・三針
・デイト表示付き
・最低限100m以上の防水性(出来れば300m以上)
・革ベルトを楽しめる
・出来ればパワーリザーブ表示付き


********** ********** **********

ラジオミールシリーズの今後のスタンダードラインで、需要も安定して高いと思われる。
並行輸入店で買う場合新品でも65万円前後と、それほど高くは感じない。

Paneraipam003881Paneraipam003882
Paneraipam003883

<+評価>
・サンドウィッチ構造文字盤
・文字盤に「9」がある
・裏スケルトン
・3デイズパワーリザーブ
・特徴的なダイヤモンド形状の竜頭
・45mm径にしては厚みもそれほど厚くなく圧迫感は少ない
・新品が65万円で入手可能


<-評価>
・パワーリザーブ表示機能がない
・ノンクロノメーター仕様
・出来れば300m防水にして欲しかった
・45mm径だとさすがに文字盤が間延びして見えなくもない
・シンプル過ぎてそのうち飽きるか?


という評価である。


45mm径の大きさには躊躇しないでもないが、実際に腕につけてみると意外や意外、44mm径のルミノール1950より悪目立ちはしない。
しかもスーツを着ていても袖口処理がスッキリする。
径が大きいにもかかわらず、その独特の形状によって厚みが1950ほど厚くないからであろうか。
下写真のように、竜頭の「OP」ロゴもカッコイイ!

Paneraipam003885Paneraipam003886

また、大径なのでサンドウィッチ構造の文字盤に「9」が入っているのは、デザイン的に非常に好感が持てる。
仮に今回買わなくとも、いずれ将来にまた検討したいモデルの一つである(オイオイ!?(^^;)ゞ)。

Paneraipam003884

ということで、以上5つの候補を念頭に検討を重ね、私のハラは決まった。
決まったらもう矢も盾もたまらず、購入一直線(爆)。
(ま、実際には店頭に出るブツのタイミングもあるので、こう単純明快にはいきませんが。)

結局何を買ったか、いよいよ次回記事で紹介しよう。

« 評価・選別(その3)~PaneraiのPAM00090&00321 | トップページ | 買ったのはPaneraiPAM00241・前編 »

Panerai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/60749515

この記事へのトラックバック一覧です: 評価・選別(その4)~PaneraiのPAM00388:

« 評価・選別(その3)~PaneraiのPAM00090&00321 | トップページ | 買ったのはPaneraiPAM00241・前編 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ