最近のトラックバック

フォト

« 今年最後のお買い物 | トップページ | 今年最初の時計は »

2014年12月31日 (水)

過ぎゆく2014年と来る2015年

今年もあとわずか7時間足らず(現在31日17:10ごろ)。
もう風呂にでも入って、今年最後の夕食と紅白歌合戦を楽しもうかな♪。


当ブログは今年の1月にスタートし、なんだかんだ言いながらも1年継続したことに、自分でも正直言って驚いている(爆笑)。
この1年間、他趣味の世界で続けて来た自分のホームページやブログで一切宣伝せず、また時計ブログへのコメントも、OさんとPさんのブログ以外には全く書かずにやってきた。
このように世間付き合いのとても悪いブログなので、1年経った今も訪問者やコメント反応は超低空飛行を続け、まさに絶海の孤島状態である。

だが、それがイイ!!
来年もこのスタンスで行く。



なんせ生来の金欠で、その割に(特定の分野、範囲で)物欲が強くて、年がら年中ピーピー言っている。
そういう貧乏な私が、一生の間に2~3個買えば充分といえる高価な機械式時計のブログを、とても継続出来るわけがない。

ブログスタートして3ヶ月も経つと、ネタに困りだす状態であった(今もだけど)。
だからといって、ブログや話題性のために高価な時計を売り買いするのは、大バカの極みだ(現実にはそんな人はいないだろうけど)。
ブログを立ち上げた当初は、

・自分を突き動かしてきた物欲の根源を徹底的に追究しよう
・ブランドの功罪を徹底して斬り、本音で書いてやろう
・個別の良いモノ悪いモノを歯にきぬを着せずに斬りまくってやろう(それも自分の感性だけで)

などと真っ向大上段から肩肘張って考えたものだ(苦笑)。
でもそれも、結局はブログを続けるためのネタに過ぎないのであり、なんとなく書く意欲が湧かないでいる。
要は書きたいことを書き、書きたくないモノは書かなければ良いのだ。
その際、あくまで本音を書いていくスタンスだけは今後も持ち続けたい。

だから当ブログは、そのうちネタに困って行き詰るか本音を書き過ぎて気まずくなるかして、自然消滅するかもしれない。
(フェルプス君、このブログは自動消滅するからそのつもりで。)


さて、この1年は予想に反して、そして自分の金欠状態に反して、クソ高い時計を2個も買ってしまった(自爆)。
CartierのタンクアメリカンYG・LMとPaneraPAM00241である。
Cartierは何年目かの結婚記念日(つまり○婚式というわけだ)を祝して、そしてPaneraiは何年目かの誕生日(古来からある区切りの一つ)を祝して。
自分のメルクマールが2つも同時に続いたものだから、ついハメを外し、あとでウチのカミさんからは大いにあきれられてしまう始末。

こういう状態も2014年限り。
人生における重要なメルクマールがそうそう重なるものではないからね。

実は…、信じてもらえないかも知れないが、正直言って今ではもうあまり欲しい時計はない。
すでに記事にしたが、RolexはサブマリーナーとGMTマスターⅡ赤青があればもうお腹一杯。
CartierもタンクアメリカンLMとPasha38mmがあれば、他に何が必要か?

今のところPaneraiの中に、もう1つ候補があるぐらいか…。
それも貯金がたまらないとダメで、今のペースからすると早くて3年後である。
その3年後に、まだ時計趣味を続けているかどうかも分からない。



ということで、来る2015年もあいかわらず超低空飛行でチマチマ自分勝手にやって行く予定。
メジャーな時計ブログたちの流れとは無縁なスタンスで、絶海の孤島から物欲の蠢く有様をシニカルに観察しよう。
あくまでシニカルに、ね。


ここを見て下さっている奇特かつ希少な皆さん、良いお年をお迎え下さい。
これからも、お時間があるついでに軽い気持ちでお寄りいただければ嬉しいです。
来る2015年もお付き合いのほどよろしくお願いします。

« 今年最後のお買い物 | トップページ | 今年最初の時計は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます^^
今年も宜しくおねがいいたします。

もう1/4ですけど(^^;

パネライだとPAM00359が少し欲しいですけど

PAM00359ご参照
http://www.kijinkan.co.jp/panerai/manifattura/pam00359.html

お金無しですね。。。笑
なんだかんだで興味がある時計は尽きないですね。
買うかどうかは別ですけど。。笑
ではでは^^

パースさん新年明けましておめでとうございます(もう1月5日になりそうですけど(汗))!

去年はすっかりお世話になりました。
そして楽しかったです。
今年もよろしくお願いします。

パネライですと、これなんかも文字盤シンプルでイイかも。
http://www.kijinkan.co.jp/panerai/manifattura/pam00312.html
あと、GMT付きですかね。

なんだか今年も、金欠病と時計欲しい病があいかわらず治らない予感。
またそのうち機会を設けますので、同病相哀れむの時計屋めぐりにお付き合いいただければと思います(´д`;;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/60887724

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎゆく2014年と来る2015年:

« 今年最後のお買い物 | トップページ | 今年最初の時計は »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ