最近のトラックバック

フォト

« 新たに加わったPaneraiは~その3 | トップページ | アラン・ドロンの「サムライ」~ボームメルシー »

2015年7月 3日 (金)

新たに加わったPaneraiは~その4

では今回のPaneraiをご紹介する。
買ったのはPAM00161、旧型メタルブレス標準装備のルミノール44mm径GMTである。

Paneraipam001612


ご覧のように、現行品のPAM00088とPAM00297の折衷である。
私としては、これら両方から良いところを取り出したモノのように見える。

文字盤はPAM00088ほどビジーではなく、Paneraiらしさを残している。
時分針はGMT用の太い針で、秒針の文字盤も白抜きになっているので、視認性はとても良い。
またGMTは24時間計で、数字が振られているので昼と夜の区別が分かりやすい。
このGMT針は竜頭を一段引いて回すと回転するので、調整が楽である。
今現在は、RolexのGMTマスターⅡと同じくロンドン時間に設定してある。

さらにメタルブレスが標準仕様で、それが旧型メタルブレスのため、お買い得感がとても高い。
前回の記事にも書いたように、旧型ブレスは別売で買うと、目が飛び出るほど高い。

メタルブレスゆえ汗をかいても平気、よって夏場もガンガン活躍してくれそうだ。

Paneraipam001613Paneraipam001614Paneraipam001615


ちなみに後はガッチリしたDバックル仕様となっていて、左右からつまんで外すタイプ。
Dバックルは革ベルトの場合も重宝する。

Paneraipam001616


このようなPAM00161、2003年に生産開始し2010年に生産終了した。
よって現在ではデッドストック品または中古でしか入手出来ない。
8年間で約5000個が市場に出た模様。

スペックは以下のとおり。

・モデル:ルミノールGMTチタニウム
・生産年:2003-2010
・ムーブメント:CalibreOPⅧ
・パワーリザーブ:42時間
・防水性:300m
・ベゼル:ポリッシュステンレス
・ケース:サテンチタン
・ケース径:44mm
・ラグ長:24mm
・ブレスレット:サテンチタン+ポリッシュステンレス(旧型)


購入は中野の某並行輸入店。
ここではPAM00241もお世話になったが、状態の良い個体にめぐりあう確率が他店より高いと個人的には評価している。
外箱、内箱、ドライバー一式、ケースカバー、品番ラベル、保証書、取扱説明書、余りブレスなど全て完品。

Paneraipam001617_2


保証書はイタリアジェノバの時計店のもの。
2010年9月の発行なので、生産最終年の最終ロットに近いと思われる。
品番はM番。

Paneraipam001618_2


ケースカバーや他の備品も一通り全て揃っている。

Paneraipam001619_2


現在市場に出回っているPAM00161の多くはF番で、ブレスの留め具が突起のついたものでラグのピンもネジ式が多い。
なぜなら、2003年の生産開始年(F番)は1700個生産して最も多く、翌年からは年間400~500個どまりだったからである。

またピンがプッシュ式であっても(2007年のJ番以降はそうである)、ブレスに突起のあるタイプがほとんどである。
しかし今回入手したモノはピンがプッシュ式かつブレスの突起がない、最新式のものであった。
これはM番(最終年)の特徴である。


ケースとブレスは一応再ポリッシュされているようで、購入した時はキズ一つない良好な状態であった。
もちろん文字盤、針、風防にはキズやシミ、汚れは皆無。
日差はタイムグラファーによる平置き計測で+4秒だったが、実際に使っていると-2秒である。


下写真はPaneraiの最も大きな特徴である竜頭ガードと竜頭押さえをリセットしたところ。
私はルミノールケースの直線的なデザインが好き。
シャープで現代的な感じがイイ!

Paneraipam0016110
Paneraipam0016111


ということでPAM00241の時と同じく、非常に状態の良いまるで新古品とさえ言えそうな良好な個体を得ることが出来た。
数ヶ月間、ネットで網を張って待っていた甲斐があったというものだ。

実は、PAM00161への熱望感は比較的早くからあった。
その1~その3で延々と選定の過程を述べたが、こういう選定作業は実際には頭の中ではほんの一瞬で行われてしまう。
だから早くからネットで探していたというわけだ。

とはいえ、今現在もネットに出ているモノはF番あたりの古いモノが多く、最終M番はほとんど出てこない。
しかもこの目で確かめることの出来るショップと言うのは限られてしまうので(私は現物を確かめないで買うことは絶対にしない)、本来ならば1年ぐらいは許容する長期戦を覚悟する必要がある。

この数ヶ月の間、別のショップにも一度M番が出たことがあったのだが、「sold out」表示が頻繁に出ては消えたりしていたので、そのブツに対しては慎重にならざるを得なかった。
当然、そのショップに対しても慎重にならざるを得なかった。
結局別のショップでM番が出てくれて、そのショップで以前PAM00241を買ったことがあるので、ネットに出た翌々日に安心してすっ飛んで行ったというわけなのだ。


とてもラッキーだったとしか言いようがない。
まさに『出会い』『縁』が全て…とでも言えよう。


これからの夏場、メタルブレスのメリットを最大限に生かしてガンガン使っていこうと思っている。
今年の夏は、これとPAM00168(2003年レガッタ仕様のクロノグラフ)があれば事足りそうだ。

Paneraipam0016112
(この項、これにておしまい)

« 新たに加わったPaneraiは~その3 | トップページ | アラン・ドロンの「サムライ」~ボームメルシー »

Panerai」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^_^

ご購入おめでとうございます。
秒針のインダイヤルがお月様みたいでかわいいですね。
旧ブレスもかっこいいですね。
すっかりパネライ持ちになられましたね。また今度拝見させてくださいませ。

ではでは^ ^

風防や横から見るエッジが実にいいですね。斜めから見た時の道具感が非常に秀逸に感じます、他のブランドでこの雰囲気はなかなか出せませんね、羨ましいです。

ご購入おめでとうございます。機能的でありながら、クラシックな感じもしてカッコいいですね。私もパネライが本格的にほしくなりました。

こんばんはパースさん。

どうもありがとうございます。
またパネライ買っちまいましたよ~。
すっかり病気です(爆)。

また今度お会いする時につけて行きますね。

こんばんは精工舎ファンさん。

道具感…、精工舎ファンさんらしい、技術者的観点からのご評価ですね(^^)/。
この辺にご共感いただけますので、とても嬉しいです。

イタリアンテイストのデザインも、1本ぐらいはあってもイイかもしれませんね。
おススメします(^^)。


こんばんはともさん。

ありがとうございます。
上で精工舎ファンさんにも書きましたように、イタリアンテイストの効いたデザインがとてもシックですよ~。
現代的であるのに、なぜかクラシックで落ち着きます。

私ゃパネライの営業マンではないですが(爆)、1本ぐらいはお持ちになってもイイかも~。
おススメです(^^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/61831153

この記事へのトラックバック一覧です: 新たに加わったPaneraiは~その4:

« 新たに加わったPaneraiは~その3 | トップページ | アラン・ドロンの「サムライ」~ボームメルシー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ