最近のトラックバック

フォト

« 第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その1 | トップページ | 第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その3 »

2015年8月29日 (土)

第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その2

さて、日本橋三越にて開催中の「ワールドウォッチフェア」での一コマ。
70歳代前半とおぼしき老夫婦がブースを見て回っているのが、目に入った。
お客が少ないのでいやでも目についてしまうのだ。
アー・ランゲウントゼーネ(A. Lange & Söhne)のブースに足を止め、男性は身をかがめて熱心に展示品を見ている。
奥さんは黙って側に寄り添っている。

ひょっとして彼はアー・ランゲウントゼーネ(A. Lange & Söhne)を欲しいのだろうか?
若い頃は高くて買えなかったから、ゆとりある老後に買いたいのだろうか…。



しかし私は、突然意地の悪い思いに捉われてしまったのである。

「もしもしお客さん、あなたがそれを欲しくて買ったとしても、もうそれを身につけて楽しむ時間はそれほど残されてはいませんよ。」



時間とは残酷である。
若い時は可処分所得が少なく、結婚資金をやっとの思いで貯めて結婚し、そして家庭を持ってまたも難儀して持家を買い、子育てして大学までの教育を施す。
おカネは自分自身のために使うのではなく、たえず家族や家や車や塾や大学のために使う。
子供に手が掛からくなって子離れし、ようやく退職して自由な時間が出来るようになって、さあこれから自分自身の為に使えるぞと意気込んでみても、今度は残された時間はそれほど多くはない。
なにより若い頃の活達で自由なエネルギーも情熱もなく、感動することも少なくなってしまっている。


そういう状態になってからの高価なアー・ランゲウントゼーネ(A. Lange & Söhne)である。
楽しめてもあと10年がせいぜいであろう。
10年間あればたっぷり楽しめると思うか、たったの10年しか楽しめないと思うか。

だから人生は悩ましい。
葛藤は最後の最後まで続くのかもしれない。

(その3に続く)

« 第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その1 | トップページ | 第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その3 »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。
私はアラフォーですが、まさにこの「時間」で悩みに悩み・・・
金のかかる二児の父ながら、「今を生きる」をついに選択、
金無垢や、いくつかの時計に散財する道を選びました。。汗

反省はしていますが、後悔はしていません~
高いものを買った以上は、楽しむ時間も長く設定しないと!
(家族からすれば、勝手な理屈なんでしょうけどね笑)

はじめましてゆーすけさん、ようこそ当ブログへ!
コメントありがとうございます。

「今を生きる」…イイ言葉ですね。

人生は難しいもので、退職して自由時間が増えてからあれしよう、これやろうと思っていても、実際にその歳になったら気力も体力も残っていませんので、新しくなにか始めるのは至難です。
またいつかはパテックやブレゲを、と思っても、歳をとってしまったら可処分所得は増えたとしても、それを使う時間は残り少ないです。

私は何かはじめるなら、今すぐに!と思っています。
また若い人たちこそ、ブレゲやPPにチャレンジを!とも思っています。

反省は必要ですが、後悔は不要ですよね。
私も同感です。
後悔するなら最初からそうしなければ良い、と思います。

金無垢ですか~、イイですね~。
何を買われたのか興味あります。
大切に、そして本当の相棒として、長くご愛用下さい。

では今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/62174514

この記事へのトラックバック一覧です: 第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その2:

« 第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その1 | トップページ | 第18回ワールドウォッチフェアを見に行った~その3 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ