最近のトラックバック

フォト

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

『天地真理』はなぜ『渡辺真知子』になれなかったか?(その3)

では本題を急ごう。

私の拙い考えでは、おおよそ次の3つの要因が挙げられる。
その時代と、本人の置かれた環境、そして本人の資質や指向性である。


①時代
現在のように自己主張が当たり前に立派な個性とみなされ、自由奔放にふるまうことすらスタイル化されている時代と違い、『天地真理』がデビューした1970年代初頭、女性アイドルは男の目線で決められる宿命にあった。
しかも50年代や60年代と違って、いわゆるティーンと呼ばれた中高生や大学生に熱狂を持って迎えられる偶像でなければならなかった。
そのためには、否応なくあくまで愛らしく清楚で控え目なお人形のような女性像が求められたのである。

70年代のアイドル=ティーン男性の理想像ということだ。
今なら笑い話で済まされるが、当時のティーン達は自分の好きなアイドルはトイレに行かないと、固く信じていたフシがある(苦笑)。
そこには自己主張も個性の発揮も許されず、素直に微笑む無垢な女性像が好ましかった。

とすれば、他に指向性のあった『天地真理』(=斉藤真理;もともとはフォークソング志向であった)といえども、その流れに逆らってまでデビューする事は叶わなかったわけだ。

Amachimari3              https://www.youtube.com/watch?v=aUYDzzD1zUE&list=PLihB9LYV6yFQLTRYZhakbypEJYgmdU-Ny



ところが、時代はたった6~7年で激変してしまう。
『渡辺真知子』がデビューした1977年ごろになってくると、新三人娘(天地真理、小柳ルミ子、南沙織)が端緒をつけたアイドル路線は百花繚乱の趣を呈し、様々なアイドルが生まれる。
代表的なところでは、山口百恵、桜田淳子、森昌子の中3トリオであろう。
決定打はピンクレディーか。

それによって様々なアイドル路線に分岐し、アイドル路線は全盛期を迎えたものの、アイドル享受層の低年齢化にともなってアイドルの位置づけも変化してきた。
また歌謡曲へのニューミュージック系歌手の進出も著しくなった。
これはアイドル路線には飽き足らない、大人からの逆襲とも取れる。

だから『渡辺真知子』は、アイドルという枠に限定されることなく、自由に自分の歌を発表することが出来るようになったのである。
ニューミュージック志向でシンガーソングライターだった彼女には、願ったり叶ったりの状況が最初から用意されていたというわけである。
『天地真理』がやりたくても出来なかったスタイルを、デビュー当時からいとも簡単に当然のごとくやれたのは、このように時代の変化が大きい。

Watanabemachiko3             https://www.youtube.com/watch?v=R2vr0KwtgfE



②環境
70年代はアイドルがアイドルとして求められた時代であり、またビッグビジネスとして捉えられていた時代でもあった。
『天地真理』が所属したプロダクションは、当時最大手の渡辺プロ。
歌謡曲業界、アイドル業界を創造したともいえるこの最大手プロに所属したがゆえ、『天地真理』はビジネス最優先でこき使われることとなる。
あまり器用に立ち回れるとも思えないぽっと出の若い女性である。
魑魅魍魎の芸能界を泳ぎきれるほどの才覚も覚悟もなく、言われるがままに与えられた役割をこなすしかない。

Amachimari4             https://www.youtube.com/watch?v=RnfDem4gmes



同じ新三人娘の中でも、南沙織はそのような芸能界に嫌気がさしたか適応出来なかったかして、早々に引退と言う道を選んだ。
一方の小柳ルミ子は芸能界でトップを目指す道を選んだ。
小柳には芸能界に耐えるバイタリティーもしたたかさも備わっていたようだ。
中身はごく普通で平凡な娘であった『天地真理』には、周囲の状況からして南沙織の道は許されなかったのだろう。
あの類稀なる愛らしさや清楚さを醸し出す外観からして、ビジネスとしてのみ彼女を捉えていた周囲は引退や他のジャンルへの転向など許すわけもない。

さらに70年代は日本の歌謡曲が全盛を迎えた時代であり、突然彗星のように現れすぐに国民的アイドルとなった『天地真理』には、同業他社やライバル歌手からの妬みや足の引っ張り合いが想像を絶するほど多かったと思われる。
『天地真理』に関する当時囁かれた非常に多くの噂話は、他の歌手にはあまりなく、異常とすら言える誹謗中傷のオンパレードであった。




さてはて、左様にアゲインストな環境に置かれて、それでも精一杯頑張って国民的アイドルにまで駆け上がったのが『天地真理』だったのである。
過去全てのアイドルの中で子供用自転車にまでなったのは、『天地真理』とピンクレディーと仮面ライダーの3組しかいない。
これから見ても、全盛期の『天地真理』への熱狂ぶりが如何に凄まじかったかが分かる。

Amachimari5             https://www.youtube.com/watch?v=HRezKIpDTgI


予想外にかなり長くなってしまったので、予定を変更してここで一旦切り、2人の中で最も異なると思われる本人の資質や指向性に関する話は次回に論じることにする。

(その4に続く。)

2015年9月27日 (日)

『天地真理』はなぜ『渡辺真知子』になれなかったか?(その2)

今週発売の週刊新潮2015年10月1日号(9月24日発売)に、『天地真理』の記事が載っているらしい。
老後になっておカネに苦労する彼女の現状をルポしたもののようだが、現ファンによるとわざとらしく哀れを誘い、みすぼらしい見世物のような扱いに書かれ噴飯モノだとのこと。

私は週刊誌の類は一切読まずせいぜい電車の吊り広告を一瞥する程度なので、今書いている内容は週刊新潮の記事に触発されたものではない。
『シンクロニシティ』と言えなくもない偶然であり、たまたま被ったようだ。



さて『渡辺真知子』である。
彼女は松任谷由美や中島みゆきらの次の世代のシンガーソングライターとして、『天地真理』に遅れること6年、自分で作詞・作曲した曲で1977年にデビューした。
豊かな音量と声域の広さで観客を魅了し、エレガントかつダイナミックに熱唱する。

デビュー曲は「迷い道」で、20歳代前半の複雑な女性心理をうまくすくい上げている。

Watanabemachiko1_3             https://www.youtube.com/watch?v=IyNhysXX7DE



「かもめの翔んだ日」はカラオケに行くと歌うこともあるが、「ブルー」はあまりにも難しくて歌えない。
しかし一番のお気に入りが「ブルー」である。

彼女の持つ都会ならではのハイセンスとエレガントさとデリカシーがものの見事にミックスされた名曲である。
何ともいえず、都会の中で懸命に生きる若い女性の孤独と焦燥が伝わる。

Watanabemachiko2              https://www.youtube.com/watch?v=our7nCHB8tY



1990年代になって、一度だけ生で本人を見たことがある。
都心近くの大規模商業施設で、客寄せのミニコンサートをやっていた。
観客は20~30人。
少なからぬ客は立ち止まらず、買い物するのに急いでいた。

当時はすでにテレビでの露出も大幅に減っていて、そのような商業施設にまでいわゆる『ドサ回り』するようになったものかとビックリしたのを覚えている。
しかしナマ声で聴いた「迷い道」「ブルー」「かもめの翔んだ日」は全然色あせておらず、臨場感たっぷりで、さすがに『渡辺真知子』だと改めて感心したものだった。


彼女自身は元々コンサートに力点を置くタイプであり、ごく最近もあいかわらず全国のコンサート会場を元気ハツラツに駆け回っているようだ。
ご自身のブログを拝見すると、交友関係も非常に広く、規模を問わず精力的にコンサートをこなしている様子が良く分かる。
あくまで歌が好きで、歌に集中し、そして観客との交流を何より大切にするその姿が如実に伝わってくる。
とても充実しているご様子なので、末端の一ファンとしても安堵する。


では、一度は国民的アイドルと言う頂点に昇りつめた『天地真理』は、なぜ『渡辺真知子』のようにソフトランディング出来なかったのだろうか?

(その3に続く。)

2015年9月24日 (木)

『天地真理』はなぜ『渡辺真知子』になれなかったか?(その1)

当ブログは私個人の物欲の変遷をテーマにしている。
それとともに、ハンドルネームからも分かるように、青春時代を懐かしく楽しく思い出すための忘備録の側面も持つ。

ごく最近、YouTubeにてたまたま『天地真理』の歌を聴いた。
何十年ぶりかに聴いた。
ということで、今回は『天地真理』について思いつくままに書いてみよう。

Amachimari1              https://www.youtube.com/watch?v=hr8J6zjZa5c



私はこれまで2人の女性歌手のファンであった。
一人は『天地真理』、そしてもう一人は今もファンでいる『渡辺真知子』である。
とはいえ、熱狂的にコンサートに行ったり追っかけをやるのでは全くなく、あくまで静かに部屋で気に入った曲を聴いたりテレビに出ればそれを観る程度。
あくまで静かに、そして遠くから眺める程度。


私が高校生ぐらいの多感だった頃、1971年に彗星のごとくデビューし、あっという間に国民的アイドルとなった『天地真理』。
その愛くるし過ぎる容貌と清楚で可憐な雰囲気は、当時の若者が皆嵌ったのと同じく、高校生だった私のハートも確実にに掴まれた。
それが10年も経たないうちに『天地真理』は凋落し、挙句の果ては醜く肥え太った姿を臆面もなく晒すまで落ちた。
そういう姿を見なければならないのは、元ファンとしても非常に辛いことであった。

自分のやりたいこと、目指したいことと、芸能界での仕事があまりにも乖離していたのだろうか、過労の余り精神を病んだとか甲状腺の病気だとか、いろいろ噂された。
そもそもデビュー前にヤマハのコンテストに出るなど、彼女はフォークソングを愛好し、単なる歌謡曲アイドルではなかったはずなのだ。

声楽科出身にもかかわらず『天地真理』は唄が下手だとか、挙句には元ソープ嬢(トルコ嬢)だとか、顔を整形していると、あることないこと噂されすぎた。
あれだけの国民的アイドルには、同業者やライバルからの想像を絶する激烈な嫉妬や憎悪に常に晒されていたのは想像に難くない。

Amachimari2              https://www.youtube.com/watch?v=geQsa_Q5Zx8



嬉しい事に、ごく最近はあの愛くるしく清楚だった『真理ちゃん』が40年を経てまともに歳を取った普通の容姿に戻りつつあるようだ。



さて、もう一人の『渡辺真知子』。
1977年のデビューで、『天地真理』の人気がそろそろ峠を越し始めた頃である。
彼女の方は作曲の才能と豊かな声量や音感に恵まれ、現在も大いに活躍している。
なによりご本人のブログなどを拝見すると、エネルギッシュに活動し、歌が人生に大いに彩りを添えているのが伺える。

(その2に続く。)

2015年9月16日 (水)

今日から秋仕様で

PaneraiPAM00168ローレウスレガッタ2003を秋冬仕様の革ベルトに替えて、早速日常使いである。
いやー、このブルー文字盤と緑の針の妙がイイねぇ。

クロノグラフと言うと巷ではRolexデイトナが持て囃されるけど、私はデイトナには不思議と全く興味がない。
デイトナもPAM00168ローレウスレガッタも同じようなフェイスで同じような機能なんだが、これが私には違うんだよね。
まあ『蓼喰う虫も好き好き』なので、だからこそ世の中には多種多様なデザインやカラーバリエーションが溢れるのだけれど。

2015916a


ということでPAM00168へのおノロケはこれぐらいにして、そろそろ家路に着くことにする。
明日は一日雨降りかなぁ…。

2015916b

2015年9月15日 (火)

PaneraiPAM00168の革ベルトをチェンジ

朝夕、ようやく涼しくなって来た。
あの暑かった8月中旬までがウソのようである。
昼間はまだ日差しがあって暑いものの、もう半袖だけでは肌寒く感じる。

季節は巡り、時間は過ぎ、そしてみんな歳を重ねて行く。

ということで、試しに今日はPaneraiPAM00168のメタルブレスレットを外し、秋冬向けの革ベルトに替えてみた。

2015914a



Panerai純正のこげ茶ベルトは渋いのだが、意外にも文字盤のブルーにマッチする。

ちなみに、このPAM00168の文字盤の色は『ローレウス・ブルー』と言うらしいことを、最近発売された某時計誌で知った。
PAM00168はローレウス・レガッタ2003を記念して、399個限定で生産・販売されたもの。


腕に嵌めると、下写真のような雰囲気。
オンオフともに、しばらくこれで試してみようか。

2015914b
2015914c

2015年9月13日 (日)

いやはや記事がなく申し訳ない(爆)

2週間以上も記事を書かず放置し放題の当ブログ(汗)。

8月末からの異常気象とも言える天候不順のおかげで、あまり頻繁に外出していなかったここ1ヶ月。
また仕事関連でかなり忙しくしていて、9月上旬までに追いこみが掛かっていたため、中々記事を書く時間が取れずにいた。
幸いなんとかこなしたので、ようやく時間が取れそうな状況だ。


さて、この夏は8月中旬まではかなり暑く、そして蒸し暑かった。
そのためアクセサリーとしての時計は、純正メタルブレスレット仕様のPaneraiPAM00161とPAM00168の2本でまかなった。
Rolexのref.16610サブマリーナーと16710GMTマスター赤青は、とうとう出番がなかった(苦笑)。

2015913a


9月中旬になってようやく気温も下がり気味で、涼しくなって行きそうである。
これからの季節は、革ベルト仕様のPaneraiPAM00241とCartierTankAmericanLMにも出番が多くなる。

2015913b


革ベルトはいろいろと着せ替えが出来るので楽しみである♪
そろそろPaneraiPAM00241のベルトを、新緑~初夏仕様の若草色から秋冬仕様のこげ茶に替える日もそう遠くはない。

2015913c

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ