最近のトラックバック

フォト

« 周回遅れどころか10年遅れ(前篇) | トップページ | もうこれで打ち止めか!? »

2015年10月29日 (木)

周回遅れどころか10年遅れ(後編)

ここ数年に出たPaneraiの新製品を全く買う気にならないのは、私の懐具合には非常に優しい(爆)。

しかしである。
いろいろ時計を見てきて自分なりに吟味した結果、私の琴線に触れて虜になってしまったのが、2003年ごろを中心とする10年近く前にPaneraiが出していた時計達だ。



この当時はゼニス、オメガ、ジラール・ペルゴー、アンジェリス、ロレックスなどの錚々たるマニュファクチュールやヴァルジュー、レマニア、ヴィーナスなどの有名どころエボーシュメーカーのムーブメントを搭載した、綺羅星のごとくのアイテムが揃っていたのだ。
他社ムーブメントを積極的に導入して、新規な品種を続々出すほど活気に溢れていたようだ。
ところが残念なことに、私はこの頃はPaneraiには全く興味がなかった。

だから今になってこの当時の製品に非常に興味が出ても、入手するには中古品以外の選択は皆無である。
私がPanerai製品を購入する場合は、ほとんどが並行輸入店か中古販売店か質屋に限定されてしまう。

10年以上前の品物が、それも特にSE(Special Edition)のような数の限られたブツが新品としてまたはデッドストックとして存在するはずがない。
万が一存在していたとしても、それは地球のどこかの地にひっそりとして残っているのであり、そんなレアなシロモノに中々出会えるものでもない。


ということで、私が良いと思うブツを以下にいくつか列記してみよう。
今の新製品には、列記したこれら古参時計達の魅力に勝てるものは少ないと思う。
それだけPaneraiも成熟し、活気がなくなって来たのであろう。




トップバッターは、PAM00051。
1999年から2009年までの11年間生産。
Paneraiにしてはこれだけ長い間生産されたという事は、とても人気商品だったということである。
40mm径、ホワイト文字盤で非常にスタイリッシュである。
3針、デイト表示付きで、300m防水。
ブレスレットも旧型メタルブレスとなっていて希少、かつコストパフォーマンスが高い。

Panerai1



お次はPAM00062。
ホワイトゴールドの金無垢ラジオミールで、40mm径。
2000年から2002年の3年間に推定1700個生産されたもの。
ゼニスのエリートをベースとしたムーブメントを搭載し、100m防水。
ピンクゴールドのPAM00103は姉妹版で、そちらは2001年から2002年にかけて800個のみ生産されたらしい。
現在のところ、40mm径のラジオミールはこの2品だけ。
今後のPaneraiは原点回帰と称して40mm径を作らない方向にあるため、非常にレアである。

Panerai2



さらにPAM00067。
2000年に限定発売されたSpecial Editionで、99個のみという非常にレアな一品。
ワンプッシュクロノのラジオミールゼログラフで、43mm径、100m防水。
レマニアのクロノグラフムーブメント搭載である。

Panerai3



もう一つPAM00072。
2000年から2003年にかけての生産で、40mm径のクロノグラフ。
Rolexのデイトナも搭載していた、ゼニスのエル・プリメロをベースとしたムーブメントを搭載しているのが、最大のアピールポイント。
ステンレススチール+チタニウムで100m防水。
ブレスレットもステンレススチール+チタニウムの旧型メタルブレスで、希少価値高くレア品。
但し、クロノグラフのボタンが押しにくいのが難点。
私はこの系統のSpecialEditionであるPAM00168ローレウスレガッタ2003年を持っているので、この使いにくさはよく分かる(苦笑)。

Panerai4



さらに加えてPAM00141。
2002年の1年間のみ500個生産された、42mm径のラジオミールである。
これもゼニスのエリートをベースとしたムーブメントを搭載しているので、レア品といえる。
100m防水。
こじんまりして可愛く、日常ユースに1個欲しいところだ。

Panerai5



実はまだまだお気に入りがあるのだが、とりあえず列記はこれぐらいにしておこう。
上に挙げた全ての品番は、どれも生産中止となってしまい、今や入手は非常に難しい。
共通しているのは、
・2000年ごろから2004年ごろまでの生産品
・品番は200番台以下
・他社ムーブ使用(クロノメーター検定をパス)
・40mmまたは42mmのケース径
・PAM00067を除いてすべてデイト表示付き
といったところであろうか。


まあ、今後このような非常に魅力的なアイテムがわんさかと復活して出て来てもらっても、それはそれで私の懐具合にとっては困るわけではあるが…(苦笑)。

私が自分のことを自嘲気味に『周回遅れどころか10年遅れ』のパネライファンと称する理由が、分かっていただけたであろうか。
しかも私の場合はすでにPaneraiが生産を止めてしまった40mmやマイナーな42mmが好きなので、45mmや47mmなどの王道を行く正統パネリスティから見れば、かなり邪道なへそ曲がりファンと言えるのかもしれない。

« 周回遅れどころか10年遅れ(前篇) | トップページ | もうこれで打ち止めか!? »

Panerai」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる事ごもっともです。ある一線を越えてしまうと滑稽になりますね、新品なのにアンティーク感とか現行品で特殊部隊用大型化とかオシャレを通り越して高級品には程遠いイメージですね、パクりの一万均一店頭ガレージセールっぽく感じます(実物を見てないのでよくわかりませんが)

こんばんは精工舎ファンさん。
どうもコメントいただき、またご同意いただきありがとうございます!

最近のパネライは、おっしゃるように高価品にしては安っぽくおもちゃっぽいモノが増えているような感じがします。
FMの二の舞にならなければ良いのですが…(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/62486223

この記事へのトラックバック一覧です: 周回遅れどころか10年遅れ(後編):

« 周回遅れどころか10年遅れ(前篇) | トップページ | もうこれで打ち止めか!? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ