最近のトラックバック

フォト

« 久しぶりにPAM00161GMTでも | トップページ | 本日のお供~時計、革手袋、そしてネクタイ »

2016年2月22日 (月)

レアクロノPAM00163

ここのところ欲しい時計はトンと現れず。
実は欲しい時計はあることはあるのだが、これもまたレア物であるためほんとんどショップに出ることはなさそう。
まあだからこそ今のご時勢、私の財布にはとても優しいわけだが…。


さて、PAM00161GMTの次は、レアクロノとして有名なPAM00163のクローズアップと行こう。
最初に正面のフェイスから。

インデックスが銀色で縁取りされているのが、上品なイメージを醸し出す。
この縁取りは、Panerai製品の中でも特に希少である。
またタコメーターの数字も、180から275まで細かく表示されていて、こちらも手を抜いていないのが好感大。

Paneraipam0016328



ラジオミールは、側面の流線形的な形状が卓越していると思う。
この形状が素晴らしい。

Paneraipam0016329



ラジオミールを購入する最も大きな動機の一つが、この流線形的形状に尽きるだろう。
なんともいえず愛らしい。

Paneraipam0016330



反対側の竜頭と計測用プッシュボタン。
なぜかスタート&ストップボタンがねじ込み式になっている。
防水を完全に考えるなら、リセットボタンもねじ込み式にするのが一般的なのだが。
Paneraの開発陣には何か考えがあったのだろうか?

とはいえ『あばたもエクボ』で、片方だけねじ込み式というのも趣(おもむき)があるというもの。

Paneraipam0016331



裏側はスケルトンになっているので、中のムーブメントを眺めることが出来る。
希少なヴァルジュー234、直径44mmの中にまさに『小宇宙』を形作っているようだ。
状態はほぼ新品と同等レベル、キズも汚れも全く見当たらない。

Paneraipam0016332



尾錠は純正Dバックルなので、革ベルトを痛めることが少ない。
私は今持っている全ての一軍時計をDバックル化している(但し最初からメタルブレス仕様のCartierPasha38mm、RolexGMTref.16710赤青、PaneraiPAM00161はそのままメタルブレス)。

Paneraipam0016333



ではもう一度、正面フェイスに戻って。
毎日眺めて、そして2日か3日に1回竜頭を巻く(手巻きなので)。
本当に自分が気に入った時計と出会えると、これだけで満たされた気分になる。

Paneraipam0016334
Paneraipam0016335

« 久しぶりにPAM00161GMTでも | トップページ | 本日のお供~時計、革手袋、そしてネクタイ »

Panerai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/63246124

この記事へのトラックバック一覧です: レアクロノPAM00163:

« 久しぶりにPAM00161GMTでも | トップページ | 本日のお供~時計、革手袋、そしてネクタイ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ