最近のトラックバック

フォト

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

ある日とある日の時計二題

先週、仕事の合間に銀座の洋菓子サロンへ。
モノは試しに、一杯1000円もする紅茶を飲んでみた。
普段飲んでいる一杯180~350円の紅茶と、味に変化なし(大爆)。

我が相棒は、PaneraiPAM00168ローレウスレガッタクロノグラフ。
ローレウスブルー(青)の文字盤なので、若草色の革ベルトがベストマッチする。
この若草色革ベルト、まさにPAM00168のためにあるような色だ。

Paneraipam0016817



本日、ランチのあとに一服。
こちらはごく一般的な店なので、紅茶一杯200円也。
味は一杯1000円のと変わらんねぇ…(苦笑)。

相棒はPaneraiPAM00241クレド・パリ仕様。
ここのところ、PAM00241には新型(現行)メタルブレスをずっと付けている。
もはや私の中ではこの組み合わせが定番になりそう。
新型(現行)メタルブレス、とてもイイよ!!

Paneraipam0024151

2016年3月27日 (日)

Paneraiのディスプレイとともに

昨日は、久しぶりに表参道まで繰り出した。
土曜日だったせいか、それともお花見が近いせいか、通りは大勢の人出で大賑わい。
観光客、特に外人が多くてビックリだ。
「ここは日本ですか~?」状態である(爆)。

表参道の時計屋にPaneraiのディスプレイがあったので、そこでツーショット。
相棒はPAM00103、40mmラジオミールPG金無垢である。
またもPaneraiの広告塔と化しているなぁ…(苦笑)。

20160326

2016年3月20日 (日)

ブレスでイメチェン、PaneraiPAM00241

イメージを一新したPaneraiPAM00241クルドパリ仕様を、さっそくアップしよう。
40mm径というPaneraiにしてはコンパクトながら、革ベルトのときのような華奢で女性っぽいイメージは後退し、メタルブレス特有の男らしさが加わり存在感が増したように感じる。

Paneraipam0024150



新型ブレスは表面が非常に滑らかで、さわり心地が良い。
そのため、本体のラグからのつながりがスムーズで旧型ブレスのようなゴツゴツ感がなく、洗練されて見える。

PAM00241そのものは大事に使っているので、購入してからもう1年半経つが、ご覧のように今だ傷一つない状態で満足している。

Paneraipam0024145
Paneraipam0024147
Paneraipam0024146



ルミノールケースの最大の特徴は、この直線的なクッションケースである。
近年Paneraiが注力しているルミノール1950ケースとはまた違った、簡潔でモダンなイメージを醸し出す。
Paneraipam0024149



ちなみにPAM00241の防水性は、公称300mである。
本当に300mもつかどうかは不明だが(疑問なきにしもあらず)、多少の激しい雨やプールサイドを恐れることはなさそうだ。

これなら夏冬を問わず1年中使えそう。
そしてビジネスユースのみならずカジュアルにもOKだろう。

Paneraipam0024148
Paneraipam0024144

2016年3月13日 (日)

Paneraiの新型(現行)メタルブレスレット

Paneraiのメタルブレスレットは、2010年ごろだったかに現行の新型にチェンジした。

Paneraibracelet1


一方の旧型のブレスは、竜頭ガードを模したその独特の形状デザインによって、新型に置き換わった今でも相当な人気を誇っている。
しかし、このブレスは40mm径用で29万3760円、44mm径用だと35万5320円もする!!
OrisやFrederique Constantといった、ちょっとした中堅どころの時計なら上級品が買えてしまう価格だ。

Paneraibracelet2


ちなみに、私の持つPAM00168ローレウスレガッタ2003とPAM00161GMTが、このダブルリンクの旧型メタルブレスを標準装備する。

Paneraipam001682Paneraipam001613


新型(現行)ブレスは旧型に比べてそれほど人気が出ていないようで、平板的でシンプルなデザインになったことが要因であろうかと思える。
40mm径で18万5760円、44mm径で21万6000円という価格は、旧型ブレスよりは財布に優しい(苦笑)。

変更の大きな理由として考えられるのは、ダブルリンクという旧型の複雑な機構そしてそれに伴う生産コストであろう。

私も、ごく最近まで旧型ブレスの特徴的なデザインにこそ魅かれて来たものの、アッサリしたデザインの新型には今一つ触手が伸びなかった。
ところがギッチョンチョン(←言い回しが古すぎ(爆))。
今回PAM00241クレドパリ仕様に装着するために、40mm径用の新型メタルブレスを購入し、使ってみて初めて分かった事がある。


正直言って、革ベルトのPAM00241は40mm径というPaneraiにしては小ぶりで大人しく、ちょっと物足りないかなと思ってきた。
しかし、新型ブレスを装着した途端に、PAM00241の印象が全然異なってしまったのだ。

なんと言っても、この新型ブレスはPAM00241本体のラグにとても良くマッチし、本体からブレスにかけて非常に優美なラインを描く。
この美しいラインを見ると、旧型がもっさりした武骨なラインであることを否応なく見せつけられる。
旧型ブレスのデザインの肝である、竜頭カバーを模したPanerai独特のデザインが急に古くダサく感じてしまうのだ。

さらに!
表面の感触がなんともいえず滑らかで、質感的に旧型ブレスより洗練された感がある。
旧型はダブルリンクという複数の面を組み合わせた構成なので、ゴツゴツした感じを受ける。
もちろん、そこが男性的でPaneraiらしいという意見の方がこれまで多かったわけだ。
旧型はPanerai本来の軍事用から派生したイメージであり、新型は一転して洗練された都会的なイメージであるといえよう。

実は以前、PAM00241にPAM00168ローレウスレガッタの旧型ブレスを試しに着けてみたら、変な違和感があったのである。
となれば、PAM00241のようなクレドパリ仕様の文字盤で40mm径というPaneraiにしては小ぶりの(通常のブランドのものならこれでも充分大きいのだが)都会的センスに溢れるアイテムにこそ、この新型ブレスは良くマッチすると言えよう。


これはなんとも驚きであった。
新型はダブルリンクという複雑なデザインを放棄した代わりに、時計本体との調和を優先しかつ洗練された都会的な雰囲気を醸し出すことを考慮したのであろう。
だからこその、シンプルデザインということだと思う。
Paneraiも、いつまでも軍事的イメージばかりを優先させるわけにもいくまい。

旧型から新型へのこのチェンジは、大いに成功しているのではないか?
少なくとも、旧型と新型の2種類のブレスをとっかえひっかえ組み合わせてみた感じでは、そう思わざるを得ない。


イヤハヤ、新型ブレス侮れず。
かなり見直した。
というか気に入ったぞ、新型ブレス!!



ということでまたも前置きが長くなったが、買ったのは40mm径用新型メタルブレスレットだ。
それも特に、PAM00241クレドパリ仕様専用に買ったものである。

Paneraipam0024140



写真にあるように、本体からブレスにかけて流れるように滑らかなラインが描かれる。

革ベルトでは品は良いが女性っぽいイメージを感じさせるPAM00241だったが、新型メタルブレスのおかげで、がっしりした力強い存在感を得つつ都会的で洗練されたイメージが増幅されたように思う。

Paneraipam0024141


バックルもしっかりした作り。
装着に全く問題なし。
素晴らしい新型メタルブレス!、久しぶりに納得の行く買い物が出来たようだ。

Paneraipam0024142_2
Paneraipam0024143

2016年3月10日 (木)

買ったのは…これ!

今年になって、初めての時計関連での散財。

「時計をまた買ったのか!!」と思った方々はハズレ( ^ω^ )。
確かに、今欲しくなっている時計は2~3個ある。
しかし去年1年間で相当散財したので、今は素寒貧(スカンピン)状態(苦笑)。
少なくとも今年1年は、本体ではなくアクセサリーなどの小物を買うことしか出来ないだろうと思う。


では、何を買ったか、さっそくお見せする。
前置きが長くなったが、大したものは買っていない。

取りい出したるは、なにやら細長き箱。

20160310a



箱に品番が銘打ってある。
ふむふむ、「KIT BRACELET」とな?
そう!、買ったのはPaneraiの純正メタルブレスレットである。

20160310b



白き箱の中にさらに本体の箱。
OFFICINE PANERAI」の青文字ロゴが。

というわけで、2010年ぐらいから出ている、改良版の新型(現行)メタルブレスレットを買ったのである。
40mm径用はポリッシュ&サテンのステンレス製で、税込18万5760円。
44mm径用だと、サテンのステンレスまたはチタン製で、税込21万6000円。

このブレスレットだけで、3~4年前ならオメガスピードマスターあたりの廉価版が買える(苦笑)。
確かに高価ではある。
気軽にホイホイ買える値段ではない。
しかし、実際使ってみて、今回私はPaneraiの新型(現行)メタルブレスレットを大いに評価することとなった。
どの時計用なのか、そして何を評価して考えを改めることになったのか、詳細は週末にでも(実はまだ写真を撮っていないため)。

20160310c

2016年3月 6日 (日)

うは!買っちまったい(汗)

今年初めての、時計での散財。
あーあ、買っちまったよ!!(;´д`)。

20160227

2016年3月 3日 (木)

一足早い花見

昨日も今日も暖かい上天気になった。
雛祭りを迎え、ようやく春の訪れか。

外出先で見た早咲きの桜。
「河津桜」かもしれない。

20160302a


この日のお供は、PaneraiPAM00161GMT。
メタルブレスだが、着けてヒンヤリとしない季節にだんだんなってきたようだ。
これから出番が増えそう。

20160302b

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ