最近のトラックバック

フォト

« 常連という存在の功罪 | トップページ | とても頼りになるPAM00151テーブルクロック »

2016年5月15日 (日)

Paneraiの1950ケースもイイじゃないか!!(爆)

これまでPaneraiを選定するに当たり、私はルミノールケースの直線的なラインにとても魅かれると散々書いて来た。
無駄のないシンプルな形状が、力強さを感じさせる。

Paneraipam0024149


一方、ルミノール1950のグラマラスなケースは、その丸っこいプリンとした形状ゆえにシャープさを感じさせないと書いた。
なんだか鏡餅を腕に載せているみたいで、とても変だとも評した。

Paneraipam003216


しかし…である。
古来『男子3日会わざれば、刮目して見よ』という。
そして私は、『君子は豹変す』ということわざを地で行くことになってしまった(汗)。

ルミノール1950のケースについて評した「丸っこくプリンとした」とか「鏡餅」といった前言を、一部撤回しよう。
要するに、今では「ルミノール1950ケースもとてもイイなぁ…」と激しく思い始めているのだ。
この場合、「激しく思い始めている」ということは、「激しく欲しくなっている」という言葉と同義である(爆)。

« 常連という存在の功罪 | トップページ | とても頼りになるPAM00151テーブルクロック »

Panerai」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^_^
わかります、わかります。
そのお気持ち。笑。

自分で買わないぞと思っていて止めておいた時計って堤防が決壊すると一気にきますよね。
続き楽しみにしています。
ではでは^ ^

こんにちはパースさん。
どうもコメントありがとうございます。

>自分で買わないぞと思っていて止めておいた時計

ええ、そういう気持ちもあるのですが…。

私の場合は、買う前の時点で自分にとって最も欲しいアイテムの条件絞り込みを徹底してやるので、やはりあの時点では例えばルミノール1950の形状についてはそれほど琴線に響くことはなく、却下だったのです。
それは確かです。

しかし時間の経過とともに、自分の考え方や感覚も少しずつ変わっていくことが稀にあり、新規に発見ということになってしまうこともあるわけです。
パネライの場合は、私にとってどうもこれまでの時計とは全く違う、何か別の決定的な魅力があるように思います。
私の場合、不思議とロレックスにはこの感覚は生じないんですよ。
あ、ディープシーだけは少し引っ掛かっていますけど(爆)。
要するに、あくまでロレックスは実用時計です(私の感覚ではね)。


こういう感性というのは、各人各様ですからね…。
だから理屈に合わない好みというモノが出てくるわけで、事前の非常に厳しい条件絞り込みにもかかわらず、そういう理屈では納まりきらない状態というのが、今回のように新たに出現するわけで。
そうなるから、毎度のことですが金策等に慌てますわな(爆)。

ま、なんにせよ、私もまだもう少しパネライの世界を回遊しそうで、打ち止めにするというのは口先だけの話になりそうです(爆)。

Gさん
おはようございます!
わかります、わかります。わかりますとも!
ついにパネライの「新たな色気」に・・・
気づいちゃったわけですね?笑

私もそんな感じでどんどんパネライ沼に足を・・・^^;
でも、zそれもこれも前述の通り、D-BLUEで一気に終わりました。
いわゆる時計の究極バランス。ついに出会っちゃった感じなんです。
Gさんも実用時計の雄、いかがですか?

いずれにしても・・・Gさんのその後が気になる~

おはようございますゆーすけさん、どうもコメントありがとうございます。

>ついにパネライの「新たな色気」に・・・
>気づいちゃったわけですね?笑

パネライの「色気」…、そう!パネライにあってロレックスにないもの、カルティエにあってロレックスにないもの、それは決定的な独特の「色気」!(←私の感性ではということでご容赦願います)。
カルティエの「色気」は、やはり少々女っぽいですが、パネライの色気の方は男性的です。


これまでこの「色気」、ラジオミールにプンプンに感じて来ました。
ラジオの形状は大のお気に入りです。
すでに高額なアイテムを2本も持っているのに、お気軽な日常ユースとしてまだあと1~2本欲しいと思っています(爆)。

ところが、あることをこの目で実際に確認して以来、ルミノール1950のある機種に、物凄く色気を感じたのです。
この「色気」、単に鏡餅のような形状だけに起因するのではありません。
よって、ルミノール1950全部というわけではありません(ここが複雑なところ)。

これは意外でした。
ルミノールもルミノール1950も、実用指向だとばかり思って来ましたから。
この心の琴線に刻み込まれる確認がなかったら、たぶん今でもルミノール1950には手を出していないと思います。


>いずれにしても・・・Gさんのその後が気になる~

この辺の話を含め、次回更新以降数回に分けて記事にしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/63549626

この記事へのトラックバック一覧です: Paneraiの1950ケースもイイじゃないか!!(爆):

« 常連という存在の功罪 | トップページ | とても頼りになるPAM00151テーブルクロック »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ