最近のトラックバック

フォト

« 次もPanerai・その6~結局買ったのはこれ!! | トップページ | 素晴らしきドーム型風防 »

2016年6月16日 (木)

次もPaneraiその7~これが今回買ったPAM00270の詳細だ!!

PAM00270はディスコンになって数年経つので、現在では中古品でしか入手は不可能だ。
今回こそは新品を入手…と意気込んでいたのだが、またも中古品となったことは少々残念である。
しかし現物を手にしてみると、そういう気分を吹き飛ばしてくれる素晴らしいオーラがこの時計にはある。

そしてこれを手に入れるまでに同じ店に2週間に3回も足を運び、そして一時はタッチの差で先約が出たために入手を断念しかけたのである。
それが今では、私の腕に…。
『縁がある』というのはこういうことを言うのだろう。



では、購入したPaneraiPAM00270をお見せしよう。





例によって、大きな箱。
Paneraiが増えてくると、この箱の置き場所に困るのも事実(爆)。


Paneraipam002703

Paneraipam002704




今回も段ボール箱(一番外側の箱)とプラスティック製のタグがなかったが、あとは完品。

保証書を見ると、国内の正規代理店での販売。
J番なので2007年製だ。
PAM00270は2007年に登場したので、少々年月が経っている。
私の入手したブツは、ショップの提携先工房でオーバーホールとライトポリッシュ済みである。
やはりこれぐらい年月が経っていると、オーバーホールしたものでないと買えない。
今回は、オーバーホール済みがたまたま出たので購入に踏み切ったが、これもその時の『縁』ということになろう。

Paneraipam002705




純正ストラップは、尾錠用のダークブラウンの革とラバーがついていた。
ダークブラウンの革ストラップは数回使用した程度のダメージで、まあまあ新品に近い。
ラバーストラップの方は未使用とのことだが(ホントか?)。

数日してからPaneraiの銀座ブティックに行って、写真にあるブラウンの純正革ストラップとDバックルを購入し、早速この新品につけ換えた。
付属のストラップより少し明るめのブラウンである。

銀座ブティックでは妙麗な女性スタッフに丁寧に応対していただき、気分良く買うことが出来た。
(この話はまた機会があれば。)

Paneraipam002706




PAM00270は、ステンレススチールのレンジではPanerai製品の最高峰である。
だからこそ、サファイアガラスに手間とコストの掛かるドーム型風防を採用した。
44mm径でドーム型風防を採用しているのは、ハイエンドクラスにごくわずか存在するだけだ。

この希少なドーム型風防のおかげで「12」「6」「9」の数字が多彩に変化し、文字盤を見るのが楽しくなる。
見る方向によって、数字が微妙に歪んだり伸びたりするのが予想以上に楽しい♪
これを狙ってPAM00270を選択したのだ。

そしてさらに、サンドウィッチ文字盤もイイねぇ~♪、Paneraiの面目躍如といえよう。

Paneraipam002707
Paneraipam002708
Paneraipam002709




以前はそれほど好きでもなかったルミノール1950ケースだが、今は特に気にならなくなった。
いや、この独特の丸っこい鏡餅のような姿が、今では結構気に入っている(勝手なものだ(苦笑))。
ご覧のように、側面もキズ一つない良好な状態を保ってくれている。

Paneraipam0027010_2
Paneraipam0027011



裏蓋はスケルトン仕様で、自社製ムーブメントのCAL.P2003の動きが見れる。
10日間の自動巻きだと、一度完全に巻いてしまえば1週間に1回の使用頻度でも止まることはなくなる。
すでに購入してから1ヶ月半以上経つが、その間一度も止まっていないので、面倒なデイト合わせをしないで済んでいるのは大いに助かる。

ちなみに日差は、巻き上がり状態によって微妙に変わるが+4~5秒とまずまず。

Paneraipam0027012




こちらは、銀座ブティックで購入ホヤホヤのDバックル。

PAM00270には、なんと!メタルブレスレットは用意されていない。
現在、ルミノール1950用の純正のメタルブレスは、CAL.9000用しかないのだ。

よって、PAM00270は革ストラップのみで使用するようになっている。
そのためこれからの夏場はキツクなる。
ラバーストラップも用意されているのだが、私はラバーの感触が嫌いである。
そのため、もうあと1~2本ほど純正革ストラップを買っておこうかと考えている。

Paneraipam0027013




ということで、PAM00270を1週間に2~3回は身につけている。
大のお気に入りである。

あれだけ選定作業に頭を悩まし続けたのだから、実際に手に入れてしまうと、もはやPaneraiの中に欲しいブツがなくなってしまった。

日常のお気楽ユースに(雑な扱いOKという意味で)もう1~2本あってもいいかなとは思うが、積極的に探そう(買おう)という気になれない。
当分はもうイイかな…という感じである。

Paneraipam0027014
Paneraipam0027015

(この項これにておしまい、ようやく一区切りである)

« 次もPanerai・その6~結局買ったのはこれ!! | トップページ | 素晴らしきドーム型風防 »

Panerai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/63762412

この記事へのトラックバック一覧です: 次もPaneraiその7~これが今回買ったPAM00270の詳細だ!!:

« 次もPanerai・その6~結局買ったのはこれ!! | トップページ | 素晴らしきドーム型風防 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ