最近のトラックバック

フォト

« 2016年のネクストターゲット・前編 | トップページ | 2016年のネクストターゲット・後編 »

2016年8月12日 (金)

2016年のネクストターゲット・中編

Rolexのディープシーディープブルー(DeepSea D-blue)をネクストターゲットにした理由。

それは…。




7月27日にアップした記事『PaneraiPAM00270の使い勝手評価をしよう、そして…』の後半に書いたように、私の現在の懸案は、我が一軍時計の防水性を高めることである。

あくまで私個人の偏狭な見解だが、私は防水性能を云々するなら300m以上が保証されないと心もとないと、頑ななまでに思っている(苦笑)。
しかしすでにRolexのサブマリーナーref.16610(300m防水)とPaneraiPAM00161(300m防水)を手離してしまった現状としては、我が一軍時計の防水性能は手薄である。
かろうじて300m防水性能を満足するのは、PaneraiのPAM00241しかない。


で、ディープシーディープブルーである。
これならば3900mもの防水保証であり、日常ユースに不安は全くない(むしろオーバースペック過ぎるだろう)。

そしてディープシーディープブルーは44mm径なので、Paneraiを使い慣れた私にはなんら大きく感じないし違和感もない。
むしろ44mm径と言う大きさは、視認性が抜群で頼もしささえ感じるのだ。
Paneraiに慣れてしまった今となっては、40mm径のサブマリーナーやシードですら小ぶりに感じてしまうほどである。

さらにディープブルーの文字盤のグラデーションの効いたブルーと、「DeepSea」の若草色の文字の取り合わせが、私の琴線にビンビンに響いてくる。
ブルーと若草色が大好きな私には、まさに願ったり叶ったりの色の取り合わせなのだ。



ということで定番のサブマリーナーでも実力のシードでもなく、あくまでディープシーディープブルーなのである。


今回のターゲットは、これまでのPaneraiのような生産終了品や1年限りの限定品などと違って、今現在しっかり流通している現行商品である。
まだディスコンとはなってはいない。
ということであるならば、迷わず新品購入を大前提としたい。

(後編に続く。)

« 2016年のネクストターゲット・前編 | トップページ | 2016年のネクストターゲット・後編 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/64039367

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のネクストターゲット・中編:

« 2016年のネクストターゲット・前編 | トップページ | 2016年のネクストターゲット・後編 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ