最近のトラックバック

フォト

« ディープシー・Dブルーとの遭遇経緯 | トップページ | GMTマスターⅡと比べてみる »

2016年10月 2日 (日)

購入したディープシー・Dブルー

ではいよいよ、先月正規店にて購入出来たRolexのディープシー・Dブルーをお見せしよう。


正規店購入の証しの一つ、ロレックスグリーンの紙袋から。

Rolexdeepseadeepblue1



その中には、いただいたカタログと本体を収めた箱が入っている。

Rolexdeepseadeepblue2



この箱も、ロレックスグリーンの包装紙で梱包されていて、裏にはロレックスの王冠マークの金色シールが貼ってある。

Rolexdeepseadeepblue3
Rolexdeepseadeepblue4
Rolexdeepseadeepblue5



包装紙を解くと、いよいよ本体を収めた箱の登場だ。

Rolexdeepseadeepblue6



この箱を開けると…。
ようやくディープシー・Dブルーがお目見えである。
主な付属品は、
・内箱
・外箱
・予備ブレスコマ
・グリーンタグ
・ベゼルカバー
・取り扱い説明書
・アフターサービス案内書
・ギャランティ申請の写し
・ギャランティカード入れ

Rolexdeepseadeepblue7
Rolexdeepseadeepblue8
Rolexdeepseadeepblue9



腕に嵌めると、こういう感じ。
何度も書いて恐縮だが、デカ過ぎと批判的に書かれるほどはさして大きくはなく、Paneraiの44mm径に馴染んだ私としてはジャストサイズな雰囲気である。
同じく厚みも全く気にならない。
前記事にも書いたが、半日装着したところ、その重さも大きさも全く問題なし。

存在感はハンパない!!
もうこの大きさ以下のモノだと物足りなくて、なかなか戻れない気がする(苦笑)。

Rolexdeepseadeepblue10

Rolexdeepseadeepblue11


驚いたことに、竜頭をキッチリ締めると王冠マークが真正面を向く。
これまで買ったRolexのサブマリーナーもGMTマスターⅡも、王冠マークは横向きだったり下向きだったりしたので、これは素直に嬉しい。

Rolexdeepseadeepblue12




ディープシー・Dブルーは心から納得の行く素晴らしき買い物となった。
さっそく翌日から、毎日ガンガン使っている。
今後はPaneraiPAM00270、PAM00103、CartierタンクアメリカンLMなどとともに、長く愛用することになろう。

Rolexdeepseadeepblue13_3
Rolexdeepseadeepblue14_4
Rolexdeepseadeepblue15

« ディープシー・Dブルーとの遭遇経緯 | トップページ | GMTマスターⅡと比べてみる »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/64283749

この記事へのトラックバック一覧です: 購入したディープシー・Dブルー:

« ディープシー・Dブルーとの遭遇経緯 | トップページ | GMTマスターⅡと比べてみる »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ