最近のトラックバック

フォト

« 日ロレバックにDブルー | トップページ | 新しいショップを訪問~watch The WATCH »

2016年10月30日 (日)

最近の我が一軍時計達

時計とは、つけている時の充足感をいかに提供してくれるかにかかっていると個人的には思っている。
充足感の中で少なからぬ部分を占めるのが、時計そのものの存在感ではなかろうか。
そしてその存在感は、大きさ、重さ、厚さといった物理的な要素にも大きく関係してくる。

実際、最近の私は38mm径のCartierPashaをしなくなってしまった。
40mm径以上、特に44mm径に慣れてしまうと、もはや38mm径には中々戻れない。
かといって一概に大きければ大きいほど良いわけでもなく、例えばPaneraiの47mm径だとさすがに腕の太さや身体全体とのバランスを崩してしまう。

以前にも詳しく書いたが、どうやら私の腕には40~44mm径が良いように思える。
38mmと40mm、たった2mmの違いではあるが、そのわずかな差ですら意外に無視出来ないほど感性というものはデリケートである。



さて、いつの間にか我が一軍時計は9個を数えるまでに増殖してしまった(苦笑)。
9個ともなると、普段良く使うモノとそうでないモノがハッキリ分かれてくる。
これ以上増やしても、結局使うブツは限られる。
私の腕も2本しかないし(爆)。

『ベストナイン』としてこのまま9個体制で行くか、それとも『真田十勇士』としてもうあと1個ぐらいは増えるのか…( ^ω^ )。


現在の状況だが、最も登板頻度の高いのは購入したばかりのディープシー・Dブルー
ある意味当然か。
それ以外には、毛色を変えてPaneraiPAM00270(10デイズGMT、ドーム風防)。
そして何か改まった席や豪華な会合には、金無垢のPaneraiPAM00103ラジオミールかCartierのタンクアメリカンLM

そうそう、日常的な使用やちょっとした外出などにはRolexのGMTマスターⅡを多用している。
実際の使用頻度は、これが一番かも。
おかげで、GMTマスターⅡ赤青はラグの側面にキズが散見されるようになっている。

上にも書いたが、CartierのPashaSS38mmは全く使わなくなってしまった。
これはこれで或る意味Cartierのアイコン的存在の一つだし、なによりオーバーホールしてムーブメントもミドルケースも針も風防も新品に換えてしまって文字通り裏蓋以外はほとんど新品に生まれ変わったので、今のところとりあえず退蔵の方向で二軍落ちになりそう。

20161030

« 日ロレバックにDブルー | トップページ | 新しいショップを訪問~watch The WATCH »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/64419557

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の我が一軍時計達:

« 日ロレバックにDブルー | トップページ | 新しいショップを訪問~watch The WATCH »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ