最近のトラックバック

フォト

« カルティエからの思わぬプレゼント | トップページ | 最近の左手の相棒・その1 »

2016年12月 7日 (水)

GMTマスターⅡの文字盤で…

私が持っているRolexのGMTマスターⅡref.16710赤青は、16700から16710に代わった直後の「U番」だ。
1998年頃の製造で、GMTマスターⅡとなった最初の品番である。

Rolexgmt1671056
(いまどきのスマホは撮影能力が高いね、ビックリするほど綺麗に撮れた。)



文字盤をよく見ると、6時のところが「SWISS」とのみ表記されているのが特徴である。
この「SWISS」表記、このU番と次のA番の一部にしか見られない、いわゆるレアなものである。
しかし残念なことに、レアな文字盤にもかかわらず今のところ全くといってよいほど評価されていない。
なぜだッ!!??(苦笑)


最終品番ではないということが、その最大の理由であろうか。


Rolexgmt1671057
Rolexgmt1671058
(私のGMTマスターⅡは文字盤も針もベゼルも、キズ一つない物凄く綺麗な状態を保っている。1998年製というので、これを見たロレックスの店員さん達は誰もが二度ビックリしてくれる(爆)。)



さて、GMTマスターⅡのレア文字盤といえば、「Ⅱ」の表記がいわゆるスティック状になったバージョンが有名で、D番から最終M番までにごく少数見られるようだ。

私個人はスティックだろうが「Ⅱ」だろうが、そのような細かいところには全く興味はないので、大枚はたいてまでしてスティック状の文字盤を得ることには魅力を感じない。
むしろ、搭載ムーブメントが従前の「3185」なのか新規な「3186」なのかの方が、数百倍も価値があるのではないかと思うのだが…。

単にスティック表記なら、実はD番から存在する。
またその次のZ番でも「3185」搭載がほとんどだ。
レア品を探すならば、最終のM番かつ「3186」搭載でスティック表記という三拍子揃ったもののみが、それに値すると私は思っている。

それこそが、市場にほとんど出回っていない文字通りのレア品ということだ。
大枚はたいてでも手に入れたいと思うのなら、売らんかなのショップの甘言に惑わされず、しっかりこのような真のレア品を目指すべきであろう。

« カルティエからの思わぬプレゼント | トップページ | 最近の左手の相棒・その1 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに拝見させていただいております。今回の内容に全く同感です。店側はすぐレアポイントを謳って価格を吊り上げようとします。3186搭載は分かりますがレタリングの違いで、何万も差が出るのは…顧客の冷静な判断が必要ですね。ちなみにcalは3185と3186でございます。

はじめましてサブ太郎さん、ようこそ当ブログにお越しいただきました。

ご賛同いただきありがとうございます。

今回書きましたスティックの件などは典型例だと思うのですが、本体の性能やデザインにほぼ全くといっていいほど関係がないのに、なんであのように高く価格がつり上がるのか、疑問が多いと感じます。
業者に煽られて、そして消費者のレアもの志向をうまく操作されているような気がしてなりません。
ビンテージ物に対しても、私個人は否定的考えを持っていますが、業者の思うつぼにはまってしまっている人達のなんと多い事か…。

ちなみに、今回のDブルーディスコン騒動も、最初の発信元が大黒屋のブログです(苦笑)。
我々消費者は、もっともっと慎重かつ冷静に対処しなけれいけないのではないかな…と今回もそう思わされました。


「3185」と「3186」の間違い、ご指摘ありがとうございます。
お恥ずかしいかぎりです。
さっそく訂正しておきました。
単純ポカミスですが、なぜ「8」を「3」とタイプしてしまったのでしょうか・・・、私もヤキが回っていますよねorz。

今後ともお付き合いのほど、よろしくお願いします。

私もノスタルGさんと似た考えで、ヴィンテージを高額で購入するのはいかがなものかと考えています。よく言えば味ですが、一歩間違えれば…(笑)最近はインスタグラムの影響もあるのかもしれません。
あと最後に、Dブルーはかっこいいですが16610を手放されたのは勿体無いです。笑笑
私はノスタルGさんの、時計は所詮工業製品というフレーズに感化されて、巷でも被る率の高い16610を敢えて買った者でして。笑

こんにちはサブ太郎さん。
引き続きコメント、どうもありがとうございます!

私も一時期、ブライトリング、グリュエン、ウォルサムなどのビンテージ物を集めていたことがありました。
そのためビンテージ愛好を、何が何でも頭から否定するわけではないんですが、とはいえショップやコレクターや雑誌に踊らされてる感がどうしてもぬぐえませんね。


ref.16610サブマリーナーはイイ時計ですよね。
現行はどうも幅広の座布団ケースが馴染めないですが、16610はラグからブレスにかけての引き締まったラインが絶妙だと思います。

それにしても、今や未使用品がほとんど見かけなくなってしまいましたね。
私が購入した個体はV番未使用で保護シール付き、完品でしたので、今でもちょっぴり惜しい気がして後ろ髪を引かれる思いでいます(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/64572507

この記事へのトラックバック一覧です: GMTマスターⅡの文字盤で…:

« カルティエからの思わぬプレゼント | トップページ | 最近の左手の相棒・その1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ