最近のトラックバック

フォト

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今年の総括・後編~Panerai一段落そしてRolex回帰

今年も、残すところもうあと7時間(現在31日の17:00)。
この記事にて、今年の締めとしよう。

時計を中心とした物欲ブログが3年間も続いて来たとは、本人すら全く予想外だったのだが、続けていくだけのネタがまだあったのかと正直驚いている。
すでに軍資金は枯渇状態にあるのだが…(大爆)。

また、他のブログにコメントを書いたりアピールしたり、オフ会などに出たりする交流をほとんど行っていない、まさに『絶海の孤島』なブログがよくもまあ今まで続けられたものである。

さて、話を今年の総括に戻す。



1.Paneraiは一段落

2015年の怒涛のようなPanerai 買いも、今年はついにPAM00270の購入で一段落の運びとなった。

Paneraiに関しては、ラジオミールもルミノールもルミノール1950も一通り揃った。
金無垢もクロノグラフも揃った。
一方、ここ数年の新作には、欲しいと思う気持ちが全く湧かない。
特に2016年の新作は、個人的には今一つピンと来ない。
なぜなら、防水性能が売りの、軍事的用途を出自とするPaneraiが、なぜ日常防水程度のモノを出すのか?
自分の由緒ある歴史を否定して、どうする?
このステンレス製日常防水時計の出現は、個人的にはPaneraiブームの終焉と現在の低迷を象徴する出来事だと考えている。
今後のPaneraiはごく普通の時計メーカーになって行き、独特のデザインセンスに溢れた魅力がどんどん褪せてしまうような気がする。
そうなったら、CartierやBvlgariどころか、OmegaやTagheuerといった市場強者との競争が待っている。
前途は多難だろう。

Paneraiの黄金期は、ズバリ言って2000年~2006年頃までだと思う。
この時期には、綺羅星のごとく魅力に溢れたアイテムが目白押しであった。
今後は、この時期のラインナップを越えることが出来ないかもしれない。

ということでPaneraiは私の中では一段落、つまりはもうここら辺で打ち止めである。



2.Rolex製品が提供する信頼性への回帰

サブマリーナーref.16610V番を売却して以降、Rolexへの関心は薄れていた。
Rolexの高信頼性、堅実感といったイメージは地味で面白みがなく、Cartierの華美で上品なイメージやPaneraiのソフィスティケートされたクールなデザインに魅了され続けていたのである。
だから、RolexはGMTマスターⅡref.16710青赤が1本あれば、それで十分だろうと思っていた。

去年までは、各ショップをネット訪問すると必ずPaneraiから見ていた。
しかし今年はRolex製品が再び気になり出し、今ではまず最初にRolexからチェックする。
変われば変わったものだ。

なぜこのように変わったのか?
それは、今年に入って300m以上の防水性能を満足する時計が欲しいということで選定作業を繰り返した過程で、ディープシー・Dブルーが筆頭候補として浮かび上がったことが大きい。

そして改めてじっくり時間をかけてディープシー・Dブルーを検討し、その結果として実物を入手したことで、工業製品的にある一定の頂点を極めた感のあるオイスターケースの素晴らしさは元より、その精度(日差)、防水性、針や機械機構のがたつきのなさ、分・秒針の整合性、堅牢性等々どれをとっても満足いくレベルにあることを改めて認識した次第。

Rolexには、その商品マーケティングの極度な閉鎖性や消費者無視の傲岸でイヤらしい転売防止策など、問題が多々存在する。
しかしそうではあっても、商品そのものの質はやはり他メーカーに比べて一頭地を抜いて優れていることは間違いない。

たとい『腐っているにしても、鯛は鯛』なのだ。

私の場合、単にRolexに『回帰』したというよりは、Rolex製品が提供するその『堅牢性』や『高い信頼性』に回帰したということであろうか…。


とはいえ、今後もRolex製品を次から次へと買い続けるかというと、必ずしもそうではない。
実はステンレスレンジでの最高峰であるディープシー・Dブルーを手に入れたことで、他のアイテムにはあまり興味がなくなっているのも事実。
ディープシー・Dブルーの所有者は、いまさらサブマリーナーもシードも不要なのである。
それは、まさにPaneraiのステンレスレンジ最高峰であるPAM00270を買ってしまったら、他のPanerai製品への興味が剥落してしまったのと、全く同じである。


********** ********** **********


ということでRolexに対してですら、早くも打ち止め感が台頭しつつある今日この頃。
というか、一軍時計が9個もあればさすがにもうお腹一杯。
まあ、私の場合はPatek PhilippeやA. Lange & Sohneなどの雲上クラスにはあまり食指が動かない事、そしてビンテージ物にも全く興味がない事が、大いに幸いしているのだろうと思う。


今は、焦って何かを探し回る必要もなく、気持ち的に大いに余裕がある。
今後は、本当に私の心の琴線(きんせん)に触れるようなオーラを発するものが出現したら、それはその時考えれば良いという程度の話。

でも、その時のためにも軍資金だけは再プールしておこうと思う。
実は現在、軍資金は全く底をついていて(こんだけ買ってたらあたりまえだ!)、お恥ずかしい限りだが何をするにも動けない状態に陥っている(苦笑)。



今後の当ブログは、いまある一軍時計達の日々の表情とか、他のファッションアイテムの話とか、気に入ったショップやグルメの話を混ぜつつ、あいかわらず自分流で勝手気ままに書く予定。

ということで、『絶海の孤島』とも言える超絶マイナーな当ブログを訪れて下さる奇特かつ希少な皆さん、良いお年をお迎え下さい。
これからも、お時間がある時に軽い気持ちでお寄りいただければ嬉しいです。
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m。

20161231

2016年12月30日 (金)

今年の総括・前編~今年買った時計

2016年も、もうあと2日。

時間の経つのは早く、歳を重ねるにつれそれが加速する思いだ。
今年は特に秋らしい秋がなかったせいもあって、一気に冬になりそして師走に突入してしまった感がある。

さて、『絶海の孤島』たる当ブログ、時計を中心とする物欲に関する話題を勝手気ままに取り上げてきたが、この手の話題はどうしても軍資金が底をついたらネタ切れになるのは必定。
とっくにネタ切れではあるので、いつ失速してもおかしくはない。
しかしながら、それがまあ…よくも丸3年間も続いてきたものだ。


そして今年は、私の”物欲”心理もかなり変化した年だった。
年の瀬にあたり、今年を簡単に振り返ってみる。



1.今年買った時計

2016年に買ったのは2個。
PaneraiのPAM00270とRolexのディープシー・Dブルーである。
奇しくも44mm径ということで一致した。

Rolexdeepseadeepblue18




2015年が怒涛のPanerai買いに走った1年であったのだが、今年はペースダウン。
しかも、PAM00270を買うために同じPaneraiのPAM00161GMTを手放した。

PAM00270は、自社開発のP2003ムーブメントを搭載した、Paneraiのステンレスレンジでの最高峰である。
10日間パワーリザーブ、デイト表示、GMT機能、午前午後表示、サンドイッチ文字盤、ドーム型風防など、Paneraiの最高位に位置するだけあって、機能や魅力が満載。


Paneraipam002706
Paneraipam002709



もう1つのRolexディープシー・Dブルーは、何度も書いてきたように銀座の正規店で定価で買った。
この、正規店で正価で買うために、7月中旬から9月上旬のクソ暑かった約2ヶ月というもの、都心の正規店廻りを延々と強いられたのは何本かの記事に書いたとおり。

3900m防水を謳った堅牢無比な超高性能機で、Rolexの最大の売りである防水性能に関してその頂点を極めている。
しかもブルーのグラデーションが効いた文字盤は、レア度に一層拍車を掛けている。

たぶん、全Rolex商品の中で新デイトナ以上に最も入手難なアイテムで、常にディスコンの噂もつきまとう厄介なシロモノである。

Rolexdeepseadeepblue7
Rolexdeepseadeepblue15



2.手放したPAM00161GMTの問題

PaneraiのPAM00161GMTは、軍資金の問題からPAM00270を買うために手放した。

PAM00161GMTはチタニウムケースなので、44mm径という大きさの割に軽快な装着感があった。
そして旧型メタルブレスレットを標準装備しているので、この点で特に希少価値があった。


Paneraipam001614



それにもかかわらず手放した大きな理由は、時刻合わせの際にムーブメントであるValjoux7750-P1(OPⅧ)をスタートさせた時に生じる秒針と分針の不整合(タイムラグ)である。

秒針が20秒ほど動いてから、初めて分針が動き出すのだ。
この不整合はETA系ムーブメントでは当たり前にある挙動らしいということは、あとから知った。


私は、Paneraiといえども出来るだけきっちりと秒針と分針を合わせたい方なので、この不整合にはあまり良い気分にはなれなかった。
それはそうだ!
第一、こんな不整合はCartierのタンクアメリカンでも、Rolexでも全然起こらない。
いや、まてよ!?
そういえば、かなり以前に買ったSinnのクロノグラフでそういう不整合があってイライラしたっけ。
このSinnも確か同じようなETAムーブメントを搭載していたが、数カ月で売り払ったなぁ…。

Paneraiの名誉のために書くが、この分・秒針間の不整合、さすがにゼニスのエリートを搭載するPAM00103、名機Valjoux234を搭載するPAM00163、そして自社ムーブメントP2003搭載のPAM00270では全く起こらない。


やはり、ETAムーブメントは私の精神衛生上あまり良くないらしい(苦笑)。
以上の事から、PAM00161GMT売却を決意したのであった。

結局今年は、買ったのが2個、売ったのが1個で、都合1個純増。
現在の我が一軍時計は9個の陣容となっている。

(今年の総括・後編に続く)

2016年12月27日 (火)

ディープシー・Dブルー上がり過ぎだろ、これ

Rolexのディープシー・Dブルーであるが、ここのところの並行輸入店の価格高騰はすさまじいものがある。

10月頃は価格も落ち着いて来ていて、131万円まで下がった。
いよいよプレミア(実勢価格-定価)が剥落しそうな流れであった。
このことによって、130万円を切るのを待っていた人が多くいたのではなかろうか。

しかし例のディスコン推測記事が出て以降、その後の急激な円安の追い打ちもあって、ここ1ヶ月半ほどであれよあれよと言う間に20万円以上も上昇してしまった。


ディスコン推測記事が出てから1週間ほどしたら、130万円台前半の値付けをしていたショップの在庫はほとんどなくなってしまった。

欲しい人がディスコン記事に煽られて、一斉に買いに走ったのだろうか?
いやそれとも、業者が出し惜しみで在庫を取り下げ、ディスコン情報で値が吊り上げるのを待つ作戦に出たのであろうか?
または業者間で在庫を融通しあうために、一時的に在庫払底を演出したのだろうか?

いまや150万円が普通となっている。
定価より23万円以上も高い。
本当に欲しいのにまだ入手出来ていない人達には歯噛みするような事態で、あまりにも可哀そうである!!
今から思うと、例のディスコン推測記事は、相当罪なモノだと言えよう。
業者の思惑が見え隠れするだけに、なおさらタチが悪く感じる。



さて、私は12月上旬から中旬にかけて、都心の複数の正規店(レキシアと複数のデパート)でディープシー・Dブルーのディスコンの可能性を聞いてみた。

しかし聞いた範囲での店員全員が、はっきり否定している。
本当に近々のディスコンはないのか?、それとも緘口令が敷かれていて口裏を合わせているのか?、それとも店員自身が皆知らされていないのか???

一方、中旬にもらった新しいカタログには、堂々とディープシー・Dブルーが載っている。
下写真が、12月中旬にデパートの正規店でいただいたカタログ。
最新のモノらしく、また2枚目の写真にあるように以下の文章が明記されている。
「Rolex presents a selection of prestigious timepieces for the festive season …(以下略)」
”for the festive season”と書いてあることから、今季のクリスマスシーズン向けの特別カタログであることが伺える。


20161227a
20161227b



中身は、今年のバーゼルフェアで登場した新デイトナ、ヨットマスター、デイトジャスト41などの新しいアイテムを始め、現在の主力がラインナップされている。
その中に、見開き2ページを割いて、堂々ディープシー・Dブルーが紹介されているのだ。
ブラックの通常バージョンではなく、あえてディープシー・Dブルーが載っている。

もしもディープシー・Dブルーが近々ディスコンになる予定ならば、通常バージョンを差し置いてまでここまで大々的にカタログ記載をしないと思うのだが…、如何であろうか?
(まあ、これもあくまで私の推測にすぎないので、参考程度に流し読みしていただきたい。)

20161227c


来年には本当にディスコンになるのか、それともまだ数年は販売するのか、こればかりは今は誰にも分からない。
いつものことながら、次期バーゼルフェアになるまでヤキモキさせられることになる。

だからこそ、まだ入手出来ていない人にとっては、欲しいと思う気持ちがより強くなる事も良く分かる。
しかし安易な情報によって右往左往することだけは避けるべきだ。
それこそ並行輸入業者の思う壺である。

2016年12月26日 (月)

帝国ホテルにこんな時計が!

さて、東京日比谷の帝国ホテルが出たついでに、時計に絡む話題をもう一つ。
クイズにも出した同ホテル本館二階フロアに、こんな時計が鎮座ましましているのを御存じか?
高さも幅も1m以上ある、かなり大きなそして立派な時計である。


20161225a



説明を書くのは面倒なので(爆)以下の解説をクリックして拡大して読んで欲しいが、「SEIKOモニュメント時計」と称する、SEIKO製の大きな時計オブジェである。
振り子を4個使って動かし、漆塗りや銅器着色の伝統的工芸技法を駆使して仕上げたモノ。
台座も旧本館ゆかりの大谷石を使っているそうな。
手の込んだ作りの逸品である。


20161225b




愛用のRolexディープシー・Dブルーと一緒に撮った。
まだまだ意外な所に、知らないモノがあるものだ。


20161225c

2016年12月24日 (土)

さてここはどこでしょう?(第3回)の正解

1ヶ月前の記事「さてここはどこでしょう?(第3回)」http://vanguard-factory.air-nifty.com/blog/2016/11/post-9ceb.htmlだが、年末も押し迫っていることなり、正解をお知らせしよう。

20161122a
20161122b




答えは・・・。



おおっと、ちょっとその前に。
今さら遅過ぎるが、ヒント出すのを忘れていた(爆)。
下写真であるが、ここはどこかのロビーだね。
一度でもここを使ったことのある人なら、この特徴ある壁を見て即答出来るかもしれない。
問題の場所は、この壁とロビーを見渡せる二階フロアの奥にある。


20161224a








ということで正解は、東京日比谷の帝国ホテル
その本館二階フロアの、東京宝塚劇場側の細い通路
あの写真だけでお分かりになった方は、帝国ホテルの常連ということになるだろうね。


帝国ホテルを出て、日比谷界隈を有楽町方面にブラブラ歩いていると、日比谷シャンテ前で遭遇するのが世界の怪獣大スター「ゴジラ」。
この写真なら、一発でお分かりになることだろう。

ちなみにディープシー・Dブルー、文字盤を交換してオレンジ色に替えたわけではない。
単に、反対側のビルの壁の色が写り込んだだけ(苦笑)。
慌てて撮り直して、元の文字盤色に復帰(爆)。

ということでこの企画、また忘れたころにひょっこりやるかも。
但し、もう手持ちのネタはないので、当分やらないかも(苦笑)。


20161224b
20161224c

2016年12月18日 (日)

最近の左手の相棒・その2

最近の左手の相棒シリーズ、その2を続けよう。

買ってから11月上旬ぐらいまでは、ほとんど毎日Rolexのディープシー・Dブルーをつけていた。
一転11月中旬ぐらいから、出し惜しみしてあまり外出させていない。
最近ディープシー・Dブルーは、並行輸入価格の高騰が著しい。
その影響もあってかどうか、私の気持ちの中でも希少品となってしまったのである(苦笑)。

20161217a


某日、日本橋三越1階ホールにて。
PaneraiPAM00103ラジオミール40mm金無垢である。
この時計のゴージャスさ、威張り度、レア度は格別で、40mm径ながら(パネライだと小ぶりである)その存在感は他を圧倒する。
文字盤のバーインデックスがローズゴールドに輝く様は、眼福モノ。
この時計は、持っていても不足はないと思う。

20161217b


某日、合間にちょっと休憩。
スーツを脱いでくつろいでいる。
相棒は、これも別格のCartierタンクアメリカンLM金無垢。
PaneraiPAM00103とともに、現在の我が相棒達の金無垢双璧だ。
この日はちょっとしたハレの日だったので、タンクアメリカンをチョイスした。

20161217c




また某日、今度は別の場所で。
この日もCartierタンクアメリカンLM金無垢。

たまたまそうなったのだが、今回着ているジャケットはPaneraiPAM00103ラジオミール金無垢をした時と同じジャケット。
金無垢のゴールド色が良く映える色のジャケットを選んだら、こうなってしまった(苦笑)。


20161217d




ちなみに、上の写真はここで↓撮った。
赤坂プリンスホテル旧館の1階ラウンジである。
由緒正しい西洋館の雰囲気で、中もとても素晴らしかった。
これでもまだ午後5時を少し過ぎたところ。
全く冬は、日が落ちるのが早過ぎるね。


20161217e

2016年12月14日 (水)

最近の左手の相棒・その1

最近、左手の相棒をアップしていないことに気がついた。
腕時計をしなくなったのではなく、あくまでアップを忘れていただけ。
少し前の写真から順に、2回に分けて。

某日、行きつけのパスタ屋でナスベーコンアラビアータのランチ。
ここに来ると、毎回コレ。
お供はPaneraiPAM00270。

20161214a


休日、ウチのカミさんに付き合ってショッピングに行った時。
待ちくたびれて近くの椅子に座り、足元には戦利品の一部が。
お供は、RolexのGMTマスターⅡref.16710赤青。

20161214b




お次は定期健診で、薬を頼んでいるの図。
この日もRolexのGMTマスターⅡref.16710赤青。
とにかく最近は、このGMTマスターⅡref.16710赤青が多用され気味。


20161214c




その1ラストは某日行ったステーキハウスで。
景気付けに大枚奮発して、280グラムのステーキをオーダー。
この日の相棒はPaneraiPAM00270。
革ベルトの色がステーキや皿と良くマッチ。


20161214d

2016年12月 7日 (水)

GMTマスターⅡの文字盤で…

私が持っているRolexのGMTマスターⅡref.16710赤青は、16700から16710に代わった直後の「U番」だ。
1998年頃の製造で、GMTマスターⅡとなった最初の品番である。

Rolexgmt1671056
(いまどきのスマホは撮影能力が高いね、ビックリするほど綺麗に撮れた。)



文字盤をよく見ると、6時のところが「SWISS」とのみ表記されているのが特徴である。
この「SWISS」表記、このU番と次のA番の一部にしか見られない、いわゆるレアなものである。
しかし残念なことに、レアな文字盤にもかかわらず今のところ全くといってよいほど評価されていない。
なぜだッ!!??(苦笑)


最終品番ではないということが、その最大の理由であろうか。


Rolexgmt1671057
Rolexgmt1671058
(私のGMTマスターⅡは文字盤も針もベゼルも、キズ一つない物凄く綺麗な状態を保っている。1998年製というので、これを見たロレックスの店員さん達は誰もが二度ビックリしてくれる(爆)。)



さて、GMTマスターⅡのレア文字盤といえば、「Ⅱ」の表記がいわゆるスティック状になったバージョンが有名で、D番から最終M番までにごく少数見られるようだ。

私個人はスティックだろうが「Ⅱ」だろうが、そのような細かいところには全く興味はないので、大枚はたいてまでしてスティック状の文字盤を得ることには魅力を感じない。
むしろ、搭載ムーブメントが従前の「3185」なのか新規な「3186」なのかの方が、数百倍も価値があるのではないかと思うのだが…。

単にスティック表記なら、実はD番から存在する。
またその次のZ番でも「3185」搭載がほとんどだ。
レア品を探すならば、最終のM番かつ「3186」搭載でスティック表記という三拍子揃ったもののみが、それに値すると私は思っている。

それこそが、市場にほとんど出回っていない文字通りのレア品ということだ。
大枚はたいてでも手に入れたいと思うのなら、売らんかなのショップの甘言に惑わされず、しっかりこのような真のレア品を目指すべきであろう。

2016年12月 1日 (木)

カルティエからの思わぬプレゼント

先日、突然に宅配便が届いた。
それも結構大きなサイズである。


20161201a



宅配便の伝票を見たところ、意外や意外。
なんと!Cartierからのもの。
中を開けると、ボルドーカラーのCartierの紙袋と丁寧に包装された本が一冊。


20161201b



包装の中身はCartierの本格的なカタログブックで、先日銀座2丁目店の新装オープンに出向いた時の礼状が添えてあった。


20161201c



このカタログブック、しっかりした本格的な装丁がなされていて、とても贅沢で立派なものである。
全156ページ、ちょっとした蔵書という雰囲気だ。
さすがにCartier、カタログまでゴージャスだね♪

とにかく、Cartierから思いもよらぬプレゼントをいただいた。


20161201d_2
20161201e



中身は以下のようになっていて、ごく一部だけだが紹介しよう。
本格的なコンプリケーションウォッチから贅を尽くした最高級の宝飾時計まで。
眺めていると、ついついCartierの世界観の中に惹き込まれてしまう。

休日の午後などに、アフターヌーンティなどをしながらパラパラとページをめくってCartierに浸るのも、またオツなものである。


20161201f
20161201g
20161201h
20161201i
20161201j
20161201k
20161201l

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ