最近のトラックバック

フォト

« 帝国ホテルにこんな時計が! | トップページ | 今年の総括・前編~今年買った時計 »

2016年12月27日 (火)

ディープシー・Dブルー上がり過ぎだろ、これ

Rolexのディープシー・Dブルーであるが、ここのところの並行輸入店の価格高騰はすさまじいものがある。

10月頃は価格も落ち着いて来ていて、131万円まで下がった。
いよいよプレミア(実勢価格-定価)が剥落しそうな流れであった。
このことによって、130万円を切るのを待っていた人が多くいたのではなかろうか。

しかし例のディスコン推測記事が出て以降、その後の急激な円安の追い打ちもあって、ここ1ヶ月半ほどであれよあれよと言う間に20万円以上も上昇してしまった。


ディスコン推測記事が出てから1週間ほどしたら、130万円台前半の値付けをしていたショップの在庫はほとんどなくなってしまった。

欲しい人がディスコン記事に煽られて、一斉に買いに走ったのだろうか?
いやそれとも、業者が出し惜しみで在庫を取り下げ、ディスコン情報で値が吊り上げるのを待つ作戦に出たのであろうか?
または業者間で在庫を融通しあうために、一時的に在庫払底を演出したのだろうか?

いまや150万円が普通となっている。
定価より23万円以上も高い。
本当に欲しいのにまだ入手出来ていない人達には歯噛みするような事態で、あまりにも可哀そうである!!
今から思うと、例のディスコン推測記事は、相当罪なモノだと言えよう。
業者の思惑が見え隠れするだけに、なおさらタチが悪く感じる。



さて、私は12月上旬から中旬にかけて、都心の複数の正規店(レキシアと複数のデパート)でディープシー・Dブルーのディスコンの可能性を聞いてみた。

しかし聞いた範囲での店員全員が、はっきり否定している。
本当に近々のディスコンはないのか?、それとも緘口令が敷かれていて口裏を合わせているのか?、それとも店員自身が皆知らされていないのか???

一方、中旬にもらった新しいカタログには、堂々とディープシー・Dブルーが載っている。
下写真が、12月中旬にデパートの正規店でいただいたカタログ。
最新のモノらしく、また2枚目の写真にあるように以下の文章が明記されている。
「Rolex presents a selection of prestigious timepieces for the festive season …(以下略)」
”for the festive season”と書いてあることから、今季のクリスマスシーズン向けの特別カタログであることが伺える。


20161227a
20161227b



中身は、今年のバーゼルフェアで登場した新デイトナ、ヨットマスター、デイトジャスト41などの新しいアイテムを始め、現在の主力がラインナップされている。
その中に、見開き2ページを割いて、堂々ディープシー・Dブルーが紹介されているのだ。
ブラックの通常バージョンではなく、あえてディープシー・Dブルーが載っている。

もしもディープシー・Dブルーが近々ディスコンになる予定ならば、通常バージョンを差し置いてまでここまで大々的にカタログ記載をしないと思うのだが…、如何であろうか?
(まあ、これもあくまで私の推測にすぎないので、参考程度に流し読みしていただきたい。)

20161227c


来年には本当にディスコンになるのか、それともまだ数年は販売するのか、こればかりは今は誰にも分からない。
いつものことながら、次期バーゼルフェアになるまでヤキモキさせられることになる。

だからこそ、まだ入手出来ていない人にとっては、欲しいと思う気持ちがより強くなる事も良く分かる。
しかし安易な情報によって右往左往することだけは避けるべきだ。
それこそ並行輸入業者の思う壺である。

« 帝国ホテルにこんな時計が! | トップページ | 今年の総括・前編~今年買った時計 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/64628170

この記事へのトラックバック一覧です: ディープシー・Dブルー上がり過ぎだろ、これ:

« 帝国ホテルにこんな時計が! | トップページ | 今年の総括・前編~今年買った時計 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ