最近のトラックバック

フォト

« Rolex新作~赤いきつねと緑のたぬき(爆) | トップページ | ポール・スチュアートのマフラーと手袋 »

2017年3月30日 (木)

何という下品で見下げ果てた行為!!

Rolexが2017年新作赤シードを発表した途端、並行輸入店や中古店から6桁シードの旧作(シード4000)が姿を消した。
価格ドットコムでは、新作発表後2日ぐらいで各店の在庫がなくなってしまったのだ。

シード4000は、スポロレの中でも売れない不人気なアイテムの一つである。
それが一夜にして様変わりしてしまった。
もちろん需要が、奇跡の如く突然巻き起こったために売れてしまったのではない。
並行輸入店や中古店が、これはディスコンになるのだから今後高く売れそうだと踏んで、在庫を一旦倉庫の中に戻しただけなのだ。
突然ディスコンとなったシード4000を、その希少性ゆえに将来値上がりすると見込む消費者(そういうヤカラは消費者ではなく、転売屋としか言いようがないが)が殺到するとショップ側も皮算用したのである。


実は、今回の騒動と全く同じパターンの騒動が、去年の11月にもあった。
某中古ショップが運営するブログが、正規店の店員から聞いた情報として、ディープシー・Dブルーが2017年にディスコンになると真っ赤なウソを書いてデマを煽ったのだ。

このデマにより、数日後からディープシー・Dブルーの並行輸入店価格は急上昇し、それまで130万円を割る直前だったものが、一気に150万円まで駆け上がった。
そして、このデマのあとには、今回のシード4000と同じく、各店の在庫は見事になくなったのである。



ディスコンによる将来の希少性を見越して、今のうちに安く仕入れようとする転売者も転売者なら、さらにそれを頼みに値段を吊り上げようと、一旦在庫を隠してしまう業者も業者である。
なんという汚ない、そして下品な見下げ果てた行為であろうか!!

シード4000は不人気で、あまり魅力がないことは、ディスコン前には売れなかったことからも明白な事実である。
ということは、ディスコンだからといってその不人気なアイテムを大金出して(それも額に汗して稼いだ大枚だ!)買う価値は、ハッキリ言って全くない!!!

いい加減、ディスコン騒動に巻き込まれるのは止めたらどうか?
賢い消費者なら、このような悪質なデマには踊らされてはならないし、下品で見下げ果てたショップの思惑に嵌ってもいけない。


当たり前だが、時計とは、時を知るための道具である。

時計は断じて投機商品ではない。
シード4000は、それを本当に気に入り、いつかは欲しいなぁ…と真に思ってコツコツ貯金してきた本当の意味で真っ当な消費者だけに行きわたればそれで良いのである。

« Rolex新作~赤いきつねと緑のたぬき(爆) | トップページ | ポール・スチュアートのマフラーと手袋 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
前回のD-BLUE、今回のシードの件で「もう〜いいやぁ〜」って感じですね。
もうショップからのレンタルみたいな(買っては売るの繰り返し)アホな事はやめにします(苦笑)
取り敢えず、時計は全て売ってこの趣味から離脱します。
それじゃお先します!!

こんばんはガイズさん、どうもお久しぶりです。

さすがに今回の並行輸入店や中古店のやり口には、あきれ果ててしまいました。
あまりにもアコギ過ぎますね。

私も、今回の一件から少なくとも並行店や中古ショップでは絶対に買わないことを胆に銘じました。
中野に行くのももうヤメで、行くとしたら時計を売り払う時だけです。
ガイズさんには先越されたようですが、長い間お疲れ様でした!

はじめまして。当方、116600愛用者です。
魅力がないのは事実、とはちょっと悲しい・・・売れていなかったようなので仕方ありませんか。
だからこそわずか3年でのフェイドアウトなのでしょうし。

業者については、もう毎度の阿漕なやり口で閉口せざるを得ませんね。
大いに同意させていただきます。

ノスタルG様

はじめまして、部外者ー1と申します。
毎回記事を拝見して、楽しませてもらっています。

仰るようにシードゥエラー4000が並行店は情報を知っていたかのように、あっという間に消えましたね(隠しましたね)
エバ〇スはに至っては瞬間に価格を上げましたからね。
あからさまというか、割り切ってんなーと思う次第です。
そしてディスコン狂騒に奔走する購買者の方々は大変ですね。

その行為は良しとするのか、悪とするのか?
私はどちらかと言えば容認派です。

売り側は在庫を抱えるうえで長期在庫は不良債権化して痛いですよね、在庫なしでは商売にならないし。
なので少しでも利益が取れそうな商品に利益を産んでもらうのは当然だと思います。
ショップは趣味ではなくビジネスですから。

買い側は数の少ない物を欲しがるのは自然だと思います、実際ノスタルGさんもパネライで玉の少ない個体を探して購入してましたよね。
需要と供給の関係ははそんなものだと私は思っています。


そして転売行為ですが、売買が成立したら所有者がどうしようと自由だと思います。
本当に欲しい人に渡ればいいと言いますが、転売者も本当に欲しいですよ。
供給が少ないから仕方ないですね。

欲しかったらお金をかけるか、時間や手間をかけるとか努力をすれば良い事です、転売者も経費や労力を使い、努力しているんですから。

私はショップの関係者でも転売者でもありません、一人の時計愛好家です。
そういう私も欲しい商品が転売されて価格が上がると頭にきます(笑)

時計とは、時を知るための道具である・・・
私にとっては自身を高揚させたり、時計に恥じないように自分を磨くアイテムです。
時間を知る道具なら1本でいいです、なんんらスマホで事足ります。

たかが時計、興味のない人には
一喜一憂している方々は皆同じくくりですよ
私には、されど時計ですがね。

初めて投稿して、いろいろと生意気な事を書いてすいません。
シード゙4000が欲しくなった、スットコドッコイの戯言と流してください(笑)

はじめましてひよこTさん、ようこそ当ブログにお越しいただきました。
そしてコメントありがとうございます。

当方の書き方・表現によってヘビーユーザーであられるひよこTさんに悲しい思いさせてしまい、大変申し訳ありません。
誰しも、自分の大好きなモノを低評価されたらそりゃ怒りますよね、失礼しました。


一つだけ弁解させていただけるなら、私はシード4000には全く悪意はありません。
私はたまたまパネライでデカ厚に慣れてきたので、すんなりディープシー・Dブルーを選んだのですが、デカ厚に拒否感のある方ならシード4000を選ぶのが当然だと思っています。
また新赤シードも魅力的に映っています。

ディープシー2種はこれまで散々叩かれてきまして、44mmなんてデカ過ぎる、扱いずらい、クソ重いなどという個人ブログや業者の記事を読むたびに、正直言いまして私もあまり良い気分はしません。

しかし、こう思うのです。
たとえ誰が何と言おうが、評価を下そうが、市場で受けが悪かろうが、そんなの関係ない!って。
私が使う時計は、私が決める。
市場受けとか売れ筋などといった、ある意味付和雷同的な要素には左右されない、と。


ということで、シード4000もディープシー2種も、売れなかったり使いずらかったりするからといって決して劣っているわけではありませんので、お互い胸をはってガンガン使いましょう。

せっかくコメントを書いていただけたのですから、今後ともよろしくお願いします。

はじめまして部外者ー1さん、ようこそ当ブログにお越しいただきました。
またこのたびは、複雑な業界事情がからむ問題に、冷静なコメントをくださり、ありがとうございます。


おっしゃるように、並行輸入も中古販売もビジネスですので、それに対して外野からの不満や割り切れない思いは多々あるものの、ビジネス自体までも否定しようとは思いません。
業者の行動も分かりますし、転売者にも転売者なりの理屈があることは重々承知です。

とはいえ、やはり末永く商売をやって行き、社会にとっても存在を認められるためには、お客とのWinWin関係が不可欠であり、そのWinとはお客の満足であったり喜びであったりするのではないかと思っています。
お客の満足、喜びこそが、ビジネスとしても栄える最も基本的な要件である、と。

しかし、どうも今回及び前回のDブルーの一件(悪質なデマを流す行為)などは、そのようなWinWin関係の構築とは無縁なロジックが働いているのではないかと思わざるを得ないのです。
まあ、そういう業界なんだって、割り切ってしまえばそれで良いのですけどね。
そして嫌ならもう2度と近づかなければ良いのですし、自分にとって許容範囲ならそれなりに付き合っていけば問題ないわけで。


私も、時計とは時を知る道具と書きましたが、もちろんそれだけではないですね。
時計好きなら誰しも、モチベーションを高めてくれる、人生のスパイスの一つとして捉えているのでしょう。
「たかが時計、されど時計」、同感です。

冷静かつ適切なコメントをお書き下さったのですから、部外者…などと言わず、また登場していただければと思います。
今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65083158

この記事へのトラックバック一覧です: 何という下品で見下げ果てた行為!!:

« Rolex新作~赤いきつねと緑のたぬき(爆) | トップページ | ポール・スチュアートのマフラーと手袋 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ