最近のトラックバック

フォト

« Rolexの新作、あきれるほど不作だな(爆) | トップページ | 何という下品で見下げ果てた行為!! »

2017年3月27日 (月)

Rolex新作~赤いきつねと緑のたぬき(爆)

今話題真っ盛りのRolex新作、ref.126600赤シード。
43mm径やサイクロップスレンズの存在に、賛否両論が喧々諤々渦巻いているようだ。

私自身、見た当初はかなり否定感が強かった。
しかしネットを「rolex 126600」で検索して、初っ端に出てきた画像をしばらく眺めていたら、案外これはこれで有りなのかもしれんなあ…と譲歩し始めている(爆)。
その画像とはこれ↓。

Rolex1266001


まあ、上記写真のジャケットの色合いがとても上品で綺麗なので、そっちの方に目が行ってしまって、結果として否定感が薄れているにすぎないのだが(苦笑)。
そしてこれ↓。

Rolex1266002


しかし…。
これって、43mm径だと腕につけた存在感がディープシー・Dブルーとほぼ同じじゃないのか?
ディープシー・Dブルーで、同じようなショットを見てみると…。
雰囲気的にはほとんど同じである。

20170211
Rolexdeepseadeepblue15



両者の外見上の違いは、径がわずかに1mm違うだけ(厚みはかなり違うだろうが)。
そして、赤シードは「SEA DWELLER」の文字が赤色で、ディープシー・Dブルーの方は「DEEP SEA」の文字が若草色(緑色)になっているだけ。

これって、マルちゃんの「赤いきつね」と「緑のたぬき」のコンビそっくりじゃまいか?(爆)。
赤シードが「赤いきつね」で、ディープシー・Dブルーが「緑のきつね」。

世界広しといえど、そして世界には時計愛好者やロレオタが星の数ほどいれど、新作赤シードとディープシー・Dブルーがマルちゃんのカップ即席めんと同じだと喝破したのは、私ぐらいなものだろう(大爆笑)。

てか、これって日本人しか分からないネタだよね♪

Rolex1266003

« Rolexの新作、あきれるほど不作だな(爆) | トップページ | 何という下品で見下げ果てた行為!! »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

あ、ほんとだ(笑)。

見てると赤も緑も欲しくなるからロレックスは不思議ですね。
困ったもんです(笑)
この時間に見るとお腹減りますね(苦笑)。

ではでは^ ^

こんばんはパースさん。
コメントどうもありがとうございます!

同じようなデザインで、同じような雰囲気にもかかわらず、ロレックスはたった一箇所違いでも欲しくなる気にさせますね。
まさにロレックスの魔法(爆)。

せいぜい魔法にからめとられないよう、ご用心、ご用心。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65070826

この記事へのトラックバック一覧です: Rolex新作~赤いきつねと緑のたぬき(爆):

« Rolexの新作、あきれるほど不作だな(爆) | トップページ | 何という下品で見下げ果てた行為!! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ