最近のトラックバック

フォト

« もうすぐバーゼルフェア | トップページ | Rolexの新作、あきれるほど不作だな(爆) »

2017年3月21日 (火)

Rolex、今後買うなら…

Rolexのディープシー・Dブルーを買って以降、時計に対する購入意欲は完全に鎮静化した。
それとともに時計、そして時計購入に対するスタンスも大きく変わってきた。


まず、現在使っている時計を眺めてみると…。

○秋冬用の革ベルト仕様として
 ・PaneraiPAM00241クレドパリ40mm径(こげ茶色の革ベルト)
 ・PaneraiPAM00163ラジオミールクロノグラフ44mm径

の2つがあれば十分事足りる。
そして

○春夏用として
・上記PaneraiPAM00241クレドパリ40mm径(若草色の革ベルト)
・PaneraiPAM0027010デイズGMT44mm径
・Rolexディープシー・Dブルー

があれば、OK。

それ以外に、スーツ用や気張った場面での仕様として
・PaneraiPAM00103ラジオミール金無垢40mm径
・CartierタンクアメリカンLM金無垢

という金無垢2つがあれば良い。
合計6個。


ということで、これら以外の時計はハッキリ言って不要。
つまり、時計のコレクターでもない限り、10個近くも保有する意味はないということ。

下写真は、今年の冬シーズンに大活躍中のPanerai時計群。
この中で、特にPAM00241クレドパリ40mm径(こげ茶色の革ベルト)とPAM00103ラジオミール金無垢40mm径は頻繁に使っている。
なにより、やはり40mm径と言うのはものすごく使いやすい。

20170320


次に、私はRolexのディープシー・Dブルーを購入して以降、やはり時計は新しいモノに限る、そしてその時計とはRolexにのみ存する、と言う自分なりに考えを突き詰めた結論に達し、心の平穏を得るに至っている。
新しいモノに限る…というのは、あくまで私個人の見解であり熟考した末に到達した結論なのだが、私個人としてのビンテージモノの否定であり、中古品の否定でもある。

だから、もう6個もあれば時計は不要だと言っている私が、もしも今後も時計を買うことがあるとすれば、Rolexの時計を正規店の新品または並行輸入店の新品(新古品)の中からのみ選ぶということになる。
つまり6桁の新品を買う以外の選択肢を、私は取らない。



ということで、今年のバーゼルウィークももうあと数日後だ。
Rolexの新作で何が出るのかとても楽しみだが、
・ステンレス製GMTⅡの赤青
・ステンレス製GMTのブルーベリー
万が一このどちらかでも実現したら、今年後半は忙しくなりそうだ。

正規店廻りで忙しくなるのはもちろん、軍資金をプールするのに忙しくなりそうである。
まあ、上記2つの実現性は相当小さいので、私も安閑としてられるわけだが(爆)。

(ちなみに下写真は今日も身につけていたディープシー・Dブルー。スカイツリーとともに)

Rolexdeepseadeepblue40

« もうすぐバーゼルフェア | トップページ | Rolexの新作、あきれるほど不作だな(爆) »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65032579

この記事へのトラックバック一覧です: Rolex、今後買うなら…:

« もうすぐバーゼルフェア | トップページ | Rolexの新作、あきれるほど不作だな(爆) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ