最近のトラックバック

フォト

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

本日のディープシー・Dブルー

用事で東京スカイツリーに行ったついでに、そこの中庭でパチリ。
本日の相棒はRolexのディープシー・Dブルー
スカイツリーと左腕の時計を一緒の画面に写すのは、かなり苦労するね(爆)。

20170531a
20170531b




話変わって。
そろそろ正規店には新赤シード(ref.126600)がお目見えしているはずだが、ちょっと実物を見てみたい気もする。

実は今年早々から、とあるデイトナ(ステンレスではなく)への物欲に取り憑かれてきたのだが、やはり私にはデイト表示のない時計に大枚はたく余裕は全くなく、最近になって計画を断念しつつある。
あと、2017年新作のデイトジャスト41の中にも候補が一つあるのだが、これも少々地味感が漂い存在感的に弱いので、今一つ意欲が高まらない。
実物を見て決断出来れば良いのだが、候補のデイトジャスト41は5月末現在で日本未上陸なのだ。


これらの代わりに浮上しつつあるのが、新赤シードというわけ。

新赤シードとディープシー・Dブルーの揃い踏みで、『赤いたぬきと緑のきつね』と洒落込むのもアリかな、と。
とはいえ同じような文字盤に同じセラミックの黒ベゼルで、機能的にもほとんど被る。
そう考えると、遠目ほぼ同じような高価なモノを、2つもダブって持つことに果たして意味はあるのか?
さてはてどうなるか。

2017年5月25日 (木)

初夏にディープシー・Dブルー

ここのところ、物欲がめっきり減っている。

時計は、欲しいモノが見当たらないのだ(←イイことではないか!)。
少し前に、Rolexで1つ欲しいアイテムがあると書いたのだが、今はその熱もかなり冷めてしまった。
欲しかったブツは、ずばりデイトナ(金無垢かコンビ)。
しかし冷静になってよくよく考えてみると、デイト表示すらなく”時分秒”しか分からないモノに、目が飛び出るほどの大枚ははたけない。

靴も、調子に乗って2ヶ月の間に5足も英国から通販したおかげで、今では情熱もすっかり収まった。
暑くなってくると、紐靴は面倒くさくて履きたくなくなる。
さりとてローファーやタッセルローファーも一通り持っているので、今更増やす気になれない。


ということで、時計はすっかりディープシー・Dブルー一択である。

先日も、涼しげなサマージャケットと麻のシャツにディープシー・Dブルーを合わせ、初夏のコーディネーションは万全。

Rolexdeepseadeepblue45

2017年5月13日 (土)

ディープシー・Dブルーはスーツにも良く似合う

デカイだの分厚いだの、うるさく言われ続けているRolexのディープシー・Dブルー

へそ曲がりで天の邪鬼な私は、デカ厚のディープシー・Dブルーを普段も頻繁にスーツに合わせて着用している。
本日銀座に行く用事があり、銀座ゆえPaneraiのラジオミール40mm金無垢かなと一瞬迷ったのであるが、スーツ着用にもかかわらず結局左腕の相棒にはディープシー・Dブルーをチョイス。
ちなみに私の体験からすると、いくらデカ厚だからといって、袖口にからんだりシャツを痛めるようなことはほぼない(今のところ、そういう状態になったことは全くない)。

Rolexdeepseadeepblue41



スーツはグレーのストライプを着用。
時計に合わせてスーツも紺系にしようか、これも一瞬迷ったのだが、もう初夏の陽気なので紺系では少し暑そうに思えたのである。
時間の経つのは早く(いや、早過ぎ)、もう初夏の雰囲気だ。

Rolexdeepseadeepblue42



Rolexのディープシー・Dブルーは、現在のところほぼ毎日使っている。
正規店で購入してから、もう8ヶ月経つ。
日差は相変わらず±1秒と、驚異的に素晴らしい。

すでに絶版になってしまったアイテムならともかく、現在も流通している現行品を買うなら、出来れば正規店で買うことをおススメする。
並行輸入店よりは多少高いが、それでもこの品質と絶対的な信頼性の高さは、ゆるぎないであろう。

Rolexdeepseadeepblue43



本日の足元は、英国Sanders製のFinchleyで黒のタッセルローファー。
ネクタイは、今から20数年前、バブル経済華やかりし頃に銀座のサンモトヤマで買ったイタリア製のペイズリ―柄。

Rolexdeepseadeepblue44

2017年5月 7日 (日)

これも久しぶりの、タンクアメリカンLM

今年のゴールデンウィークは、所用で京都に日帰り往復した。
某有名料亭のディナーに招待されたもので、懐石料理はひたすらに美味しかった♪

トピックスはそれぐらいで遠方にはどこにも行かず、あとはひたすら安近短(安い、近い、短い)を実践。
近場の日本橋、丸の内方面を散策するに留まった。
誰もがそうであろうが、ご多分に洩れず私も大勢の人ゴミとか混雑、長蛇の列などが大嫌いなのだ。

で、左腕の相棒は久しぶりにCartierのタンクアメリカンLMをチョイス。
なぜなら、自分のワードローブの中で春夏用としては最も気に入っているジャケットの色に合わせたかったからだ。

Cartier_tankamerican38
Cartier_tankamerican40


少し気取って、ジャケットの中にインナーヴェストを着用。

このヴェスト、80年代の大有名トラッドブランド「エーボンハウス(Avon House)」のもの。
タッターソール柄…と言っても、今の若い人達にはピンとこないだろう。
こういう柄は、もはや90年代以降にはほぼ絶滅してしまったのだから。
今の時代に着ていると、コスプレと思われかねない(苦笑)。
オール麻の、軽快なラペル付きヴェストである。

上に羽織っているのは、春夏のワードローブの中で一番のお気に入りである、麻100%のベージュジャケット。
ベージュの地に茶色と紺色のラインが入っていて、ウインドウペインになっている。
購入は1990年代中頃。
ということは、すでに20年以上の年月が経っている。

先日、デパートの服飾コーディネーターに聞いたのだが、今やこの手のウインドウペインのような凝った作りのジャケットは激減しているそうだ。
なぜなら、コストの面で採算が取れず、そのため作らなくなってしまったらしい。
なぜ、現在のジャケットが単色系が多いのかと言う答えがこれで、つまりは単色系は安上がりかつ技術もそれほど要らないため、市場に出回るものがほとんど単色系になってしまったそう。

このコーディネーターは私のジャケットをいろいろ眺め回し、今やこの手の凝った作りのジャケットはほとんど作らないし作れない…と嘆息していた。

ラペルには、パープルの飾り花をつけ、ポケットチーフは薄いイエロー。
そして、仕上げにCartierタンクアメリカンLMである。


Cartier_tankamerican39

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ