最近のトラックバック

フォト

« ディープシー・Dブルーはスーツにも良く似合う(その2) | トップページ | パネライのメタルブレスを修理した »

2017年6月23日 (金)

ちょっと気になった時計

ややご無沙汰気味。
忙しくはないし体調も特に悪くはないのだが、なんとなく筆が乗らずにズルズルと過ごしている(苦笑)。

さて最近、ちょっと気になる時計があったのでご紹介しよう。
私にしては珍しく、アイテムはPorsche Design(ポルシェ・デザイン)の2017年新作である。
2017年の新作製品をネットサーフィン(←これも死語?)していて、見つけた。

ポルシェ デザイン モノブロック・アクチュエーター GMT クロノタイマー (PORSCHE DESIGN Monobloc Actuator GMT Chronotimer)



詳細は高級ブランド時計専門サイトGressive(http://www.gressive.jp/brand/catalog/porsche-design/3838/)をご覧いただくとして、私が気に入ったのはブルー文字盤のモノ。
定価は税込み99万3600円。

ポルシェらしいメカ感、計器感が素晴らしい。
竜頭も大きくガッチリしていて頼もしい。
この時計、クロノグラフ計測が出来て、GMT24時間表示が出来て、そして100m防水なのだ。
加えてデイト表示もついている。
いわば、デイトナとGMTマスターⅡとデイトジャストの3つを合体させた機能がついていて、なんともお徳である。
2017年の新作で、日本には6月初旬には登場したようだ。



ということで、気に入った私は早速この実物を見に行ったのである。
場所は銀座の某老舗デパート。
あいにくブルー文字盤はなく(というかまだこの時点では日本未入荷だった)、見れたのはブラック文字盤のみ。

ケース径が45.5mmとPaneraiと同等以上だったのだが、大きさはPaneraiの44mm径に慣れているので特に大きくは感じない。
重さは、ケースがチタンゆえ全く重くは感じない。

クロノグラフの操作は、ポルシェのカーテクノロジーで培った最新技術を採用していて、カチッというアクチュエーターが心地良い。
なにより操作のプッシュボタンを無くした事が、この時計の外観を先進的なデザインにすることに大いに貢献している。
YouTubeのPorsche Designの映像も、参考までに以下に貼っておこう。
https://www.youtube.com/watch?v=HeQSMomkews


ちょっと気になったのは秒針がないこと。
その代わり、9時位置の窓に動いている表示が示されるというユニークな表示方法を採用している。
あと、どこのショップサイトにも書いていないが、裏はスケルトンだ。
内部が裏から見れるのも楽しい。



チタンの軽量感、未来的デザイン、正確無比な機械の無機質感…。
そして最先端のポルシェのカーテクノロジーの粋を活かして生まれた時計。
こういう世界が大好きな人には、おススメである。
愛車がポルシェならば、なおさらイチオシする。

ただ、現物を見れたことは私には正解だったようで、私のいつもの感覚…つまりCartierやPaneraiのアーバンなデザイン性に惹かれる感覚とは少々相容れない世界のような気がしなくもない。
もしこれを買ったとしたら、例えば服装などもこれに応じた雰囲気に変えなければならないかもしれなくなる。

以上のことから、これで税込み100万円もするのは私個人としては少々お高く感じられたのであった。
そういうことで、今回は気に入ったところまでは行ったものの、最終的には購入候補から外した。

« ディープシー・Dブルーはスーツにも良く似合う(その2) | トップページ | パネライのメタルブレスを修理した »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65445373

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと気になった時計:

« ディープシー・Dブルーはスーツにも良く似合う(その2) | トップページ | パネライのメタルブレスを修理した »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ