最近のトラックバック

フォト

« ちょっと気になった時計 | トップページ | 我が左腕の相棒・初夏編その1 »

2017年6月26日 (月)

パネライのメタルブレスを修理した

実は、4~5ヶ月前にPaneraiPAM00241につけていたルミノール40mm径用純正メタルブレスレットが壊れて使えなくなってしまった。
ブレスレットのDバックル部分の開閉を繰り返すうちに、Dバックルを嵌めても何もしないのにすぐにバックルが開いてしまい、パチッと嵌らなくなってしまったのだ。

冬場は革ベルトに替えるのでメタルブレスが使えなくても困らないが、これから大汗をかく夏場、メタルブレスが使えないのはとても困る。
ということで修理に出した。

修理は高島屋ウォッチメゾンに依頼。
約3週間掛かって、修理代金は税込み3万7800円也。
故障したのは、Dバックル部分のバネがイカレてしまったのが原因のようだ。
窓口の担当に聞いた話だと、同じような故障がたまにあるらしい。

Paneraipam0024168


下写真は、修理し終えたルミノール40mm径用メタルブレスレット。
緑色の円で囲ったDバックルのパーツが交換となった。

これで今年の夏場も、PAM00241に活躍してもらえる。

ちなみにこのメタルブレスは新型であるが、パネリスティ達にはかなり不評だったようで、旧型ブレスのデザインが2017年から復活した。
旧型ブレスはブレスの各ピースがカイト(凧)が連続したような独特のデザインで、ブレスの表面を指でなぞるとゴツゴツした感触があった。
そして今では少々古めかしくも感じられた。

新型ブレスの方は凸形状のピースがシンプルにリンクしたもので、ブレス表面が独特の滑らかさを有していて肌触りが抜群に良い。
デザインが簡素な分、何にでも合わせられそうで、そして現代的でもある。
旧型も新型も実際に使ってみた経験からして、私個人としてはこちらの新型ブレスの方が好みである。

Paneraipam0024169

« ちょっと気になった時計 | トップページ | 我が左腕の相棒・初夏編その1 »

Panerai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65461974

この記事へのトラックバック一覧です: パネライのメタルブレスを修理した:

« ちょっと気になった時計 | トップページ | 我が左腕の相棒・初夏編その1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ