最近のトラックバック

フォト

« 我が左腕の相棒・初夏編おまけ | トップページ

2017年7月16日 (日)

Crockett&Jonesから英国靴を買う(その3)~Pembrokeの次は?

今年の春は、10年ぶりぐらいに英国靴がマイブームで復活し、Crockett&JonesSandersの2社から一気に5足個人輸入したり、Tricker'sのコンビフルブローグを国内ショップで買ったりした。

暑くなってきた6月以降は英国靴熱も冷めて落ち着いたのだが、実を言うと、最近またぞろ熱が復活し始めている。
今はポンドが高いので(今現在147円ぐらいのレベル)、ポンドが130円台に落ちたらまた海外通販しようと待ちかまえているところだ。

では、Crockett&Jonesから買った靴の第2弾を行ってみよう。
Pembrokeの次は何であろうか?


ネット注文して、ちょうど1週間後に下写真のような小荷物が送られてきた。
在庫がある時のCrockett&Jonesの対応は素晴らしく早い。

Cj21



小荷物の中身は、もうすっかりお馴染み、Crockett&Jonesの紋章と社名入りのブリティッシュグリーン色の箱。
このブリティッシュグリーン、私の大好きな色の一つ。
Crockett&Jonesの靴が好きなのは、実はこの色が好きだからかもしれないとすら思う。

Cj22
Cj23



箱の中には、本体以外に2017年版のカタログと販売書類一式が入っていた。

Cj24



そして靴本体は、このように幾重にも厳重に包装されている。
日本人から見ても相当に丁寧な仕事ぶりで、大いに評価出来る。

Cj25



同じくブリティッシュグリーン色の布で作られた靴袋の中に、本体が入っている。

Cj26



靴袋の中から出てきたのは、ダービーシューズのWexford。
2017年シーズンの新作だ。

Crockett&Jonesのダービーシューズとしては日本ではよく似たMoretonが有名で、Moretonは現在もビームスなどのセレクトショップで売られているが、このWexfordはより快適さを求めてラストを改良したらしい。
Moretonの進化版である。
実際に足を入れてみるとすんなりフィットし、まことに心地良い。

Cj27



直輸入したので、靴紐は一番下のアイレットにだけ通されている。
そして、いつものように純正のシューキーパーも一緒に購入。

シューキーパー込みで、関税その他を払っても国内で買うより30%以上安かった。
この頃はポンドが137円台だったので、予想以上に安くなってくれたのだ。
現在は147円ぐらいに円安に振れてしまったため、セール品でなければ少し様子見して円高に戻るのを待った方が良いだろう。

Cj28



全てのアイレットに靴紐を通して、これで履く準備万端。

Cj29
Cj210



Wexfordの靴底は、リッジウェイソールというラバーソール(ゴム底)である。
昨今のゲリラ豪雨のような激しくなった天候変化には、もはや革底の靴では急な土砂降りの際には如何ともしがたい。
せっかく高価な靴を履いていても、革底から浸透してくる水によって靴の中までグショ濡れになってしまうのは、筆舌に尽くしがたい気持ち悪さである。
そのためのラバーソールだ。

このリッジウェイソール、グリップ力が良くてしっかり接地してくれる。
一般的なダイナイトソールよりも私は好きで、昔ロイドフットウェアで買ったシャンボード(Parabootの)風ゴルフシューズも、このリッジウェイソールに張り替えたほどだ。

Cj211
Cj212



Wexfordを上から見てみる。
上面のステッチの入り方が精妙で、素晴らしい。
つま先が少し反り返っていてノーズがやや長いのが、Moretonとの識別点になる。

Cj213
Cj214



ということで、Pembrokeの次はWexford。
今では、私の最もお気に入りの靴の一つである。

Cj215

« 我が左腕の相棒・初夏編おまけ | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65534090

この記事へのトラックバック一覧です: Crockett&Jonesから英国靴を買う(その3)~Pembrokeの次は?:

« 我が左腕の相棒・初夏編おまけ | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ