最近のトラックバック

フォト

« 我が左腕の相棒・初夏編その3 | トップページ | Crockett&Jonesから英国靴を買う(その3)~Pembrokeの次は? »

2017年7月15日 (土)

我が左腕の相棒・初夏編おまけ

「我が左腕の相棒・初夏編」、その3でお仕舞いにする予定だったが、例えば近所のスーパーへのちょっとした買い物の時とか、休日に近くの公園などを散歩したりする時に、何気なくお気楽に使っている時計の事も少しは書いておこう。

このごくごく日常での普段使い用は、PaneraiのPAM00241・40mm径クレドパリである。
壊れたブレスレットを修理してから、6月以降はRolexのGMTマスターⅡ赤青(ref.16710)に代わって日常用として多用している。

下写真は、スーパーに買い物に行ったついでのショット。
ジーンズにタッセルローファーもないもんだが、このこげ茶のタッセルローファーは今年の5月に英国Sandersから輸入したモノ。
足慣らしのために、スーパーに行く機会に履いてみた。
ついでに1時間ほど近所を歩き回ったのだが、案の定左足踵にマメが…(泣)。
同じSandersのローファーの方はサイズがドンピシャだったのだが…、靴のサイズの最適化は難しい。
まあ、履き慣らしを根気よくやる以外ないと思う。
ベルトはRalph Laurenの布ベルト、今から30年以上も前の品物。

Paneraipam0024170



一方のRolexGMTマスターⅡ赤青(ref.16710)は、5月までは普段使い用のポジションにいたのだが、最近はお蔵入りさせている。

ここ数ヶ月、GMTマスターⅡ赤青(ref.16710)の値上がりは中古品と言えどもすさまじく、例えばU番やA番のような今から20年近く前のアイテムですら、状態の良好な個体は中古屋での売値が80万円台に乗せて来ている(←マジですか!?)。
こういう状況を知ると、お気軽に乱雑に使って不必要にキズをつけてしまったりするのが、なんとなくはばかられるような億劫な気分になっているのだ。
だから、普段使いに率先して手が伸びない。

とするとこれから先、絶版になったGMTマスターⅡ赤青(ref.16710)はこのまま死蔵になるのだろうか?
せっかく持っているのに使わないとは、バカバカしい限りなのだが…(苦笑)。


ということで下写真は、我が一軍の夏向けメタルブレスレット部隊。
メタルブレスレット仕様も、この3つがあれば事足りてもうお腹一杯。
(あ!、CartierのPasha38mm径もあるのを忘れてた!(爆))

20170715

« 我が左腕の相棒・初夏編その3 | トップページ | Crockett&Jonesから英国靴を買う(その3)~Pembrokeの次は? »

Rolex&Panerai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65535319

この記事へのトラックバック一覧です: 我が左腕の相棒・初夏編おまけ:

« 我が左腕の相棒・初夏編その3 | トップページ | Crockett&Jonesから英国靴を買う(その3)~Pembrokeの次は? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ