最近のトラックバック

フォト

« 我が左腕の相棒・初夏編その2 | トップページ | 我が左腕の相棒・初夏編おまけ »

2017年7月13日 (木)

我が左腕の相棒・初夏編その3

6月中~下旬頃の我が左腕の相棒、いよいよRolexの登場だ。

その前に。
焼き肉系の食事にはなぜかいつもPaneraiのPAM00270をつけていることが多い。
もちろん偶然だろうが、革ストラップの色が明るい茶色なので、なぜかこの色は私には『夏向け』に映る。

焼き肉系のボリューム満点な食事に対し、PAM00270のグラマラスなデカ厚は調和が取れているように思うのは(たぶん)私だけ…?

Paneraipam0027028


今年は猛暑の予想通り、6月下旬にはもはや革ストラップの時計をつけるのは苦痛にすらなってしまっている。

夏と言えば、やはりRolexのスポロレ群の独壇場ではないだろうか。
ということで、私もディープシー・Dブルーをほぼ毎日のように多用している。
防水性能は文句なし、ステンレスブレスは快適だ。

Rolexdeepseadeepblue51

足元はTricker'sのコンビフルブローグ。
この取り合わせもけっこう多いかも。

Tricker'sのコンビフルブローグとディープシー・Dブルーの共通点…、それは両者とも『お気楽』に履き、使う事が出来ると言う事。
履いたり使う事に神経を使うようなご大層なブツだと、神経を使い過ぎて疲れてしまい、まさにそのブツの奴隷となってしまう感がある。
モノの奴隷になることだけは避けたい、と思う。

Rolexdeepseadeepblue52


下写真は別の日のショット。
足元は、今年の5月に個人輸入したSandersの茶色ローファー。
輸入したSandersの中では、一番足にフィットしてくれている。
ポンドが137円の頃に格安で買えたので、まことにありがたい。

この頃は、まだジャケットを着ても全然平気だったような…。
7月に入ったら、ジャケットすら着れない暑い日が続いている。
まさに本格的な夏の到来。
とはいえ、東京地方の梅雨はどこ行った…(苦笑)。

Rolexdeepseadeepblue53


下写真は7月初旬のショット。
もはやネクタイどころか、ジャケットすら着れないほど昼間は蒸し暑い(爆)。

足元は、30年ほど前の大変珍しいフルブローグ・タッセルローファー。
日本製靴のOEMだが、Crockett&Jones製。
さすがに30年も履き続けてきたので、ソール(革の裏底)を押すとベコベコになってきてしまった。
ソールを張り替え直すか、それともこのままお役御免になるまで履き潰すか…、現在ちょっと思案中。

Rolexdeepseadeepblue54

« 我が左腕の相棒・初夏編その2 | トップページ | 我が左腕の相棒・初夏編おまけ »

Rolex&Panerai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65529172

この記事へのトラックバック一覧です: 我が左腕の相棒・初夏編その3:

« 我が左腕の相棒・初夏編その2 | トップページ | 我が左腕の相棒・初夏編おまけ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ