最近のトラックバック

フォト

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月20日 (日)

Aldenの靴、輸入ラッシュ

今年の7月、8月は、米国からAlden(オールデン)http://www.aldenshoe.com/#&panel1-1)のコードバン靴の輸入ラッシュとなっている。

Alden
のコードバン…。
アメリカントラッドファッションにとっては、欠かせないアイテムといえよう。

とはいえ、私は根っからの英国靴党である。
今から20年以上前、米国メーカーFlorsheim(フローシャイム)のタッセルローファーを買ったことがあるが、足に合わなくてすぐに売り飛ばしてしまった。
それ以来米国靴とは、不思議にも縁がないまま来てしまった。

そしてコードバンは雨にからきし弱い。
特に昨今のゲリラ豪雨が多発する気候では、コードバン靴を履くのはいささか冒険過ぎる気もする。

それゆえに、長年手を出すのをためらっていたという訳。
で、何故だか、ここに来ての突然の輸入ラッシュと相成った。
下のボックスの中身についての詳細は、またのちほど。

Aldena
Aldenb

2017年8月14日 (月)

ディープシー・Dブルーにキズが!!!

私のRolexディープシー・Dブルーにも、いつの間にかキズがついてしまった!!

ケースの左側に4ヶ所。
3ヶ所は深く大きなキズ、1か所は擦ったような跡…。
ブレスレットにも1か所擦った跡が…。

Rolexdeepseadeepblue55
Rolexdeepseadeepblue56
Rolexdeepseadeepblue58


右側のほうは、キズは無し。
竜頭があるので、無意識にでも慎重にしているのだろうか。

Rolexdeepseadeepblue57


この夏場はほぼ毎日フルに登板。
まあ、この頻度で使っていたら、キズがつくのもある意味至極当然かもしれないね。

これだけ使っていて、現在の日差は±1~2秒と驚異的な精度を保ってくれている。
これからもガンガン使い、このまま使い倒そうと思っている。
ディープシー・Dブルーにはそれだけの価値がある。

ちなみに、最近デパート内の正規店で聞いた話だが、相変わらずディープシー・Dブルーの入荷はほとんど皆無な状態らしく、新型デイトナよりも入ってこないとのこと。
今も、見つけたら即買いな状況は変わらないようだ。

2017年8月 7日 (月)

○○の尻…て?

現在いたくご執心の、『○○の尻(しり)』。
ではその正体を行ってみよう。

決して『女の尻(しり)』ではなく…。
いや、それが正解だったなら本当は嬉しくもあるが…(大爆)。















正体は、『馬の尻(しり)』

つまり、コードバンである。
動物の尻であっても、女の尻ではないのが残念(爆)。(←まだ言うか!)

コードバンの革を使った、靴ということだ。
コードバンの靴は、コードバン自体が希少品なゆえに、非常に高価だ。
通常の牛革の2倍近くする。
そして中々手に入らない。

で、このコードバンを使った靴の中で、最も有名なのが米国Alden(オールデン)の靴。
このAldenのコードバン靴を、入手可能なうちにどうしても履きたい欲求が最近は盛り上がって来ているのだ。
これまでは、紳士靴といえばかならず英国製を入手していたのに、ついに私も米国製に手を出すこととなった。

ということで、このコードバン熱。
早速米国から輸入してみた。
詳細は近々。

Alden11

2017年8月 3日 (木)

ただ今、○○の尻にご執心(爆)

しばらく新しい記事が登場しなかったのだが、別に暑さでへたばっていたわけではない。
実は、最近あるモノにいたくご執心なのだ。
毎晩のようにネットを徘徊しては、楽しんでいる(大爆)。


ご執心のモノ、それは…。











○○の尻(しり)!!

先週も、それを求めて青山や銀座をフラフラ。


○○の尻
…、若い頃はとても手が出なかったからね。
ウチのカミさんにその話をしたら、
「あら~、別にいいわよ、追っかけても」という返事。
カミさんからのお墨付き(爆)。

さて、この『○○の尻』とはなんでしょう?

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ