最近のトラックバック

フォト

« 時計趣味は一服(中編)~再構築のためのキーワード | トップページ | タンク100周年 »

2017年9月 6日 (水)

時計趣味は一服(後編)~具体的プラン

ということで、再構築のターゲットは、
・CartierパシャSS38mm径
・PaneraiPAM00270ルミノール1950GMT10Days44mm径
の2つとなった。
では、今考えているプランを書いてみる。



1)CartierパシャSS38mm径

もしも買い替えるならば、同じCartierのタンクMC一択ではある。
とはいえ、防水性能が日常生活程度にダウンし、夜光針でもなく、デイト表示以外特徴のない同じようなテイストのMCを選ぶのも、今一つワクワク感に欠けるのだが…。

しかもパシャはムーブメントを全取っ換えし、ミドルケースや針までも新品にしてしまったのだから、70%ぐらいは新品といえなくもない。
わざわざこれを売ってタンクMCに換える唯一の理由、それは正規のブティックでまっさらな新品を我が手にしたい…ただただそれだけ!

Cartier_tankmc1


一方、売却などしないで、このまま保有するという手もある。

パシャの38mm径SSでローマン数字の文字盤は、Cartierにとってもアイコン的な代表作の一つで、1990年代を一世風靡(いっせいふうび)した歴史的意義のあるアイテムだ。

だから、コレクション部隊の中に入れても良い。
そういう意味では
・RolexGMTマスターⅡ赤青ref.16710U番
・PaneraiPAM00163ラジオミールクロノグラフ44mm径(Valjoux 234搭載)
と同じ位置付けを与えても良いと思っている。

Cartierpasha38mm14

この逡巡、ここ数カ月というもの思い出したように浮かんでは消えて、我がボンクラ頭を適度に悩ませている(苦笑)。



2)PaneraiPAM00270ルミノール1950GMT10Days44mm径

お次は、PaneraiのPAM00270ルミノール1950GMT10Daysである。
こちらは現在ほぼコレクションボックスの肥やしになってしまったことから、売却の可能性がある。
44mm径が大き過ぎるとは言わないが、この径にドーム風防がつくとなると、そうも言っていられないのだ。

で、浮上したプランが、これ単独で、またはPaneraiPAM00241クレドパリと一緒に売却して、新たにPaneraiの新製品を購入するのはどうか?という案。
Paneraiは現在4個所有しているので、3個に集約しても充分間に合うのではないかという気がしなくもない。
2017年に入ってから、Paneraでは44mm径でもいくぶん薄型のアイテムが出てきたし、いっそのこと42mm径の中から選んでも良いのではないかと考えている。


とはいえ、正直言って、また中野まで持って行って査定額の安さに辟易するのも、もうこりごりだという思いもある。

買った時は、少なくとも気に入って買ったのは間違いない。
そして気に入っているという点では、今も特に変わりがない。
PAM00270は肥やしになっていても別に嫌いになったわけではないし、PAM00241クレドパリの方だって悪い点は全くなく、今現在もガンガン普段使いしているのだ。

ということは、特に売却したり買い替えたりする必要は、本当なら全然ないわけだ。

売却しようとする理由は、ただ一つ。
これもパシャ同様、正規店の新品を買おうという、ただただおバカな理由だけである。

ある意味時間とお金の無駄になってしまうため、こちらも妄想がボンクラ頭の中を迷走していて、今すぐ行動を起こそうという気配は一向にない。

Paneraipam00270pam002411


3)新たなるアイテムの可能性は?

全く新たに購入する可能性を捨てたわけではない。
つまり現有の8個から純増して、9個にするという案もなくはない。

その際に購入するとしたら、たぶんRolexの新品正規店モノ一択である。
とはいえ、現行のラインナップに今すぐにでも欲しいと思わせるアイテムは皆無。
今後の毎年のバーゼルフェアを楽しみにしながら、是非欲しいと思わせるブツが現れたら、その時に行動するぐらいか…。


********** **********

ということで、当面は安定的に今の8個体制のまま過ごすのが、精神衛生上そして何より財政的に良さそうではある。

大山鳴動、鼠一匹。
なんだか思わせぶりにご大層な事を延々と書いてしまったが、結局は今のまましばらく過ごしそう。
まさしくこれこそ、私の時計趣味は一服ということ。


(この項、おしまい)

« 時計趣味は一服(中編)~再構築のためのキーワード | トップページ | タンク100周年 »

Rolex&Panerai&Cartier」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525320/65713971

この記事へのトラックバック一覧です: 時計趣味は一服(後編)~具体的プラン:

« 時計趣味は一服(中編)~再構築のためのキーワード | トップページ | タンク100周年 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ