最近のトラックバック

フォト

« ブリフトアッシュ(Brift H)での買い物 | トップページ | 手植え靴ブラシ収集の旅その2~宮川刷毛ブラシ製作所 »

2018年8月 5日 (日)

手植え靴ブラシ収集の旅その1~江戸屋の靴ブラシを増強

8月に入ってから、一段と暑さがキツイ。
7月の暑さも8月の暑さも異常である。

そんな中、このクソ暑さをものともせず、日本橋大伝馬町にある江戸屋ブラシに行ってきた。
江戸時代の享保3年(1718年)から続く老舗中の老舗である。
前回はネット通販にて、豚毛ブラシを2個、花馬毛ブラシを1個そして山羊毛ブラシを2個購入したのだが、今回は直接店舗に伺った。

20180805a



購入したのはこちら↓。
・豚毛ブラシ1個
・白馬毛ブラシ2個
・山羊毛ブラシ1個
・馬毛歯ブラシ1本

そして日本橋界隈の会報誌などもサービスしていただいた。
この冊子、中々に読みごたえがあり日本橋に関する知識も増える。

20180805b




歯ブラシは、これまではごく普通の市販ナイロン製を使ってきたのだが、すぐにヘタってしまうため、試しに馬毛のブラシを使ってみようと思い買った。

靴ブラシは、主にAldenの靴専用にしようと思っている。
Aldenはカラー8のバーガンディ、ブラックそしてシガー(チョコレート色)の3色を持っているので、そのための増強である。

20180805c

20180805d



この日ももちろん、RolexのディープシーDブルーを腕に嵌めた。

足元は、またもやAldenのカラー8コードバン製タッセルローファー。
最近はこれ中心にローテーションしている。
無印良品のフットカバーを履いて、少しでも涼しく。

ちなみにこの無印良品のフットカバー、値段が320円ほどなのだが履き心地が抜群。
なにより踵がずり落ちないのが素晴らしい。
この値段でこの性能なら、文句なしである。

20180805e
20180805f

« ブリフトアッシュ(Brift H)での買い物 | トップページ | 手植え靴ブラシ収集の旅その2~宮川刷毛ブラシ製作所 »

手植え靴ブラシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手植え靴ブラシ収集の旅その1~江戸屋の靴ブラシを増強:

« ブリフトアッシュ(Brift H)での買い物 | トップページ | 手植え靴ブラシ収集の旅その2~宮川刷毛ブラシ製作所 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ