最近のトラックバック

フォト

« 私がやっている靴磨き法・後編 | トップページ | 夏日が戻って、まだまだディープシーDブルー »

2018年9月30日 (日)

手植え靴ブラシ収集の旅その6~藤本虎の山羊毛ブラシを受け取る

さて、手植え靴ブラシを収集する旅はまだ続いている。
この夏に、いくつかの店から両手に余るほど購入して来たのだが、それもあともう少しで終わりそうだ。

先日は、浅草雷門にある「藤本虎」に行って、予約してあった手植え山羊毛ブラシを2つ受け取ってきた。
この店からは、その前に馬毛ブラシを2つ購入している。
サービスで、今回もコバ(エッジ)用靴クリーム塗布ブラシをいただいた。

20180930a

20180930b
20180930c



購入したのは手植えの山羊毛ブラシで、ワックス掛けして鏡面仕上げを行う際の、仕上げのブラッシングに使う。
毛丈が40mmと30mmの2種類あって、それぞれ1個ずつ。

20180930d
20180930f



下写真のように、山羊毛の面は江戸屋の山羊毛ブラシに比べてややでこぼこした感じになっている。

江戸屋との違いは、なんといっても価格である。
藤本虎の2個は、合計で税込み12000円ほど。
江戸屋の約1個分である。
つまり江戸屋の方が倍高いのだ。
性能にはそれほど顕著な違いはないと思われるので、コストパフォーマンスからすれば藤本虎のものはお買い得である。

20180930e




この手植えブラシを収集する旅、いよいよ大詰めを迎えていて、あとは「山田刷毛ブラシ製作所」に予約してある山羊毛ブラシを受け取るだけとなった。
出来上がりは10月とのことである。

これを受け取れば、ようやく我が『収集の旅』も大団円を迎える。

« 私がやっている靴磨き法・後編 | トップページ | 夏日が戻って、まだまだディープシーDブルー »

手植え靴ブラシ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
こちらを拝見して、本日山田刷毛ブラシ製作所に
行ってきました。
山羊ブラシがラスト1だったので、
気がつくと買っていました(^^;)
先日ネットで東急ハンズ×コロンブスコラボの
山羊ブラシを買って、まだ届いてないのですが、
機会と職人の手造りの違いを試してみたいと
思います。

豚は宮川刷毛ブラシ製作所さんに行ってから
決めようと思っています。
こちらの記事で買われたブラシは幾らくらいするのでしょうか?
http://vanguard-factory.air-nifty.com/blog/2018/08/post-a3d3.html

はじめましてTeraさん、ようこそ当ブログにお越しいただきました。

山田刷毛ブラシの山羊ブラシを、それもラストワンをゲットなさいましたか!
それはラッキーでした。
僕も欲しかったのですが、店に行ったときは欠品中でした。
半年ぐらいは待たされるそうなので、そのあとも結局入手出来ず、そのままになっています。


ブラシは、全般的に機械製と手植えで、磨く上では正直言って余り変わらない感じもしますが、その辺は気分の問題も大きいですよね。

宮川のブラシもイイですよ。
ここは山羊毛ブラシは作っていませんが。
リンク先のブラシは宮川の豚毛で、これは厳密にはカシミヤの洋服のちり払い用でして、靴磨き用ではないそうです。
確か税込み8000円ほどだったと記憶していまして、特別製作品だったと思います。
店内にあと1個残っていたので、迷わずゲットさせていただきました。
買ってから1年以上経っていますから、また少量生産しているかもしれません。
宮川のおばあさんに聞いてみてはいかがでしょうか、親切なのでいろいろ教えてくれると思います。

ということで、今後ともよろしくお願いします。

お返事ありがとうございます。
先日宮川ブラシ刷毛さんに行ってきました。
ところが!
すでに長毛のブラシの大きいサイズは
生産していないそうです。。。
小さな亀の子たわし位のサイズのものはありました。
近年は長毛の豚毛が手に入らなくなっているとのことでした。
そう言えば、山田刷毛さんでも白豚は高かったです。
悩みましたが、宮川ブラシさんでは普通の白豚を購入しました。
短いとは言っても、他社と比べて毛足が長いのが決定打でした。
持ち手の部分が栗の木の物もあるんですね。
1000円高いのですが、色合いが好みだったので
栗の木の方を購入しました。
お手入れしたくてうずうずしてます

こんばんはTeraさん。

宮川さんところに行かれましたか。
やはり、あの長い豚毛のブラシはもう作っていないんですね。
それは残念でした。

僕が購入した時にも、記憶がさだかではないですが生産をやめた話も出たような気もします。
あのブラシは、厳密にはカシミヤ洋服のちり払い用で、毛先がかなり長いのでとても柔らかいですね。
ひょっとして山羊毛と同等以上に柔らかいです。

山田刷毛さんところは、豚毛だけ高いですよね。
確か1つ9000円ぐらいしたような記憶が。
訪問した時に2個確保しておきましたが、あれも品薄らしいです。

ブラシはカーフ用(豚毛)、コードバン用(馬毛)、仕上げ用(山羊毛)があって、しかも各革ごとに黒、バーガンディ、ダークブラウン、ライトブラウンなどを揃える必要がありますので、それなりに揃えるのは大変かもしれませんね。
費用もかさみますし。
でも、各製作所のブラシをいろいろ取りそろえるのは楽しい作業でもありますよね。

僕なんか、揃っただけでもういっぱし磨きが上手くなったような気分になってしまいました(爆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私がやっている靴磨き法・後編 | トップページ | 夏日が戻って、まだまだディープシーDブルー »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ