最近のトラックバック

フォト

« BriftHの靴クリームとワックスでAldenのコードバン磨き | トップページ | 私がやっている靴磨き法・前編 »

2018年9月 9日 (日)

手植え靴ブラシ収集の旅その5~宮川刷毛ブラシ製作所にもう一度

先日、またも浅草稲荷町の「宮川刷毛ブラシ製作所」に行って、手植えの靴ブラシを3個購入してきた。
その前に行った時に買った長めの豚毛のブラシがとても良かったので、ここの本格的かつフラッグシップ的な豚毛靴ブラシを買いたくなったのだ。

買ったのは、
・黒豚毛ブラシ…靴クリーム塗付用(主にブラック専用)
・白豚毛ブラシ…靴クリーム塗付用(茶系用)
・黒馬毛ブラシ…靴クリーム塗付用(主にブラック専用、Aldenコードバン用)



「宮川刷毛ブラシ製作所」の靴ブラシは、なんといっても豚毛のものが良い。
コシが強く、そしてしっかり林立している。
また毛先が江戸屋のブラシより長めで、木の部分が靴に当たる心配もなく使いやすそう。

とりあえず3個買ったところ、店主のおばあさんが「もうそれだけ買ったら、一生モノだよ。それ以上必要ないから。」とキッパリ。
本当のことをズバリ言ってくれて、そして商売っ気が全くない。

こういうところが江戸前の職人気質なんだよね。
いつまでも廃れないで残って欲しいものだ。

20180806l_2
20180806m_2

20180806n_2

« BriftHの靴クリームとワックスでAldenのコードバン磨き | トップページ | 私がやっている靴磨き法・前編 »

手植え靴ブラシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« BriftHの靴クリームとワックスでAldenのコードバン磨き | トップページ | 私がやっている靴磨き法・前編 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ