最近のトラックバック

フォト

« 手植え靴ブラシ収集の旅その6~藤本虎の山羊毛ブラシを受け取る | トップページ | 最近の磨き具合 »

2018年10月 1日 (月)

夏日が戻って、まだまだディープシーDブルー

今日は台風一過、フェーン現象のせいで夏日が戻って暑かった1日だった。

ここ半月ぐらいは徐々に秋の格好にシフトしつつあったのだが、今日はまた夏の格好を引っ張り出す始末。
半袖のシャツやアロハは全て洗濯してアイロンを掛けてしまったので、さすがに今日1日だけのために着るわけにも行かない。
そのためシャツのみ長袖。
とはいえ、麻100%ではあるが。


さて、今年は3月ぐらいからRolexディープシーDブルー一択で、CartierもPaneraiもそしてGMTマスターⅡですら出番はほとんどなかった。
今も、相変わらずディープシーDブルーをつけている。
しかしもうそろそろ、時計も秋冬にシフトする時期に差し掛かってきたようだ。
CartierのTankAmericanやPaneraiの金無垢をまた腕に嵌めたくなってきているのも、季節の変化を感じているせいだろう。

そんなわけで、今日は日本橋にいたので日本橋の欄干をバックに。
そして振り向けば、高島屋東京の新装なった新館をバックに。

20181001a

20181001b
20181001c



本日の足元は、これもディープシーDブルーと同じく、大のお気に入りで片時も離さず履いているAldenのカラー8コードバン製タッセルローファー。
そして、無印良品製フットカバー(ローファー用ソックス)。

今年の夏は、このフットカバーを大いに活用した。
ハリソン(Halison)などの専業メーカーのものよりも安いにもかかわらず(約三分の一の値段)、脱げたりずり落ちないし、伸び縮みしないし、色落ちしない。
唯一の欠点はカラーバリエーションが3色(黒、紺、グレー)しかないことぐらい。
スリッポンを素足履きに見せたい人には、絶対的にオススメなアイテムだ。

20181001d

« 手植え靴ブラシ収集の旅その6~藤本虎の山羊毛ブラシを受け取る | トップページ | 最近の磨き具合 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏日が戻って、まだまだディープシーDブルー:

« 手植え靴ブラシ収集の旅その6~藤本虎の山羊毛ブラシを受け取る | トップページ | 最近の磨き具合 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ