最近のトラックバック

フォト

« 我が一軍時計、ついにリストラ実施~追加編その2 | トップページ | 我が一軍時計、ついにリストラ実施~追加編・補足 »

2019年5月12日 (日)

我が一軍時計、ついにリストラ実施~追加編その3

2018年のバーゼルワールドで、まさかの新型Dブルー(ref.126660)登場。
この新型は旧型(ref.116660)に比べ

・新キャリバー3235を搭載してムーブメントを一新し、パラショックアブソーバが付加されパワーリザーブが約70時間と1.5倍延長された
・分針や秒針が少し長くなって、視認性が向上
・ブレスレットの幅が広くなり、装着性が向上

という改良がなされた。

Rolexdeepseadblue34

 


パワーリザーブが70時間以上に延長されたのは、使ってみた人なら分かると思うが、日常生活上とても便利である。
特に複数持ちなら、文句なく実感するところ。
ブレス幅も広くなったことからデカ厚の大きな本体が腕の上でグラグラすることがなくなり、素直にフィット感が増した。

これらの情報を半年遅れで知った僕も、去年2018年の11月中旬ごろから新型が急速に欲しくなった。
10日に1回ぐらいの緩いペースで正規店を訪問していたところ、今年2019年1月早々にゲット。

現在に至るもDブルーは入手困難なレアアイテムの一つなので、こんなに早く手に入ったのはとてもラッキーであった。
こういう経緯を経て、稀少な新旧2つのDブルー持ちとなったのである。

Rolexdeepseadblue32

 


ところが、慢性的に資金難な僕にとってまたもや欲しい時計が出現したとしたら、購入資金をどのように捻出するかは毎回とても頭の痛い問題である。
結局は、要らなくなってしまったり性能が落ちてしまったアイテムを処分して購入資金を捻出するしかない。
潤沢な資金を持たない僕には、このドナドナしか手立てがない。


で、2つのDブルーである。
特殊なスペックのキャラの際立ったDブルーであるが、新旧とはいえ果たして同じようなものを2個も保有する余裕が僕にあるのだろうか?
新型を多用し始めると、当然の成り行きとして旧型はお蔵入り同然となってしまった。

2ヶ月ほどじっくり考えたあげく、ついに3月中旬に売る決断を下す。
前記事で紹介したパネライのPAM00270と一緒に、中野ブロードウェイに持ち込んだ。


僕の旧型Dブルーは、正規店で購入してちょうど2年半経っている。
ここ1年間はほぼ毎日のように使っていたので、少し深い打ち込みキズが3カ所、その他無数の細かいキズや汚れ。
性能的には日差約+2秒と、購入当時とほとんど変わらず素晴らしい状態をキープ。
箱、保証書、取説、ベゼルカバー、グリーンタグなども全て完備している。

Rolexdeepseadeepblue7

 


買取価格は以下のとおり。

・α店  定価の100.5%
・β店  定価の102.0%
・γ店  定価の104.4%
・δ店  定価の102.0%
・ε店  定価の105.7%

査定を受けた全店で、定価(購入価格)を上回ったことにまず驚いた。
2年半とはいえ、ほぼ皆勤で使っていたブツである。
やや深い打ち込み傷や無数の小傷、擦れ、汚れがある。
それにも関わらず、購入金額をペイして余りあったのである。

最終的には、当然最高値を提示してくれたε店で売却。


散々使った中古の買い取り価格が定価を上回るなんて、ちょっと考えられない異質な世界がそこにあった。
ロレックス様々(さまさま)である。
とはいえ、今回作った資金はすぐにロレックスに再投入してしまうことになるのだが・・・(爆)。

Rolexdeepseadeepblue13

Rolexdeepseadeepblue65
Rolexdeepseadeepblue50


(追加編・補足に続く)

« 我が一軍時計、ついにリストラ実施~追加編その2 | トップページ | 我が一軍時計、ついにリストラ実施~追加編・補足 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

おおー!ついに、ドナドナ決定ですか。資金繰り、ほんとに悩ましいですね。できれば手放しくたくない、しかし欲しいものがあるの間で悩みますね。
270も残念です。同じユーザーだったので。後悔はなかったですか?私は、パネライ初期フリンケ29A番を手放しました。やはり、あまりプレミアはつかないですね。
そこまでした、ノスタルGさんの今度の欲しいロレ、気になります。

こんにちはwild okuwaさん、どうもコメントありがとうございます。

そうなんですよ、背に腹は代えられず、ついに旧型の方をドナドナしてしまいました。
僕自身も、旧型DブルーもPAM00270も手放したくなかったのですが、資金的に無理でした。
なにより純増だと、我が家の財務大臣が許可してくれません(爆)。


これらを犠牲にして今般買ったのは、特にレアモデルではありません。
とはいえ、最近のロレの枯渇ぶりはさらに拍車をかけているようで、エアキングやエクスプローラー2ですら全く見かけなくなりました。
出会った時に速攻買ってしまうのが、心の平安を維持出来るみたいです(爆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が一軍時計、ついにリストラ実施~追加編その2 | トップページ | 我が一軍時計、ついにリストラ実施~追加編・補足 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ