最近のトラックバック

フォト

« 令和時代の幕開けに買った時計はこれ!! | トップページ | ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・後編 »

2019年5月22日 (水)

ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・前編

ロレックスの数ある製品の中で、ほぼ唯一の複雑時計がスカイドゥエラーである。

ロレックスでは一応デイトナとデイデイトも複雑時計の範疇に入れているとの話だが、僕から見たらデイトナは日付のないただのクロノグラフにすぎず、デイデイトは曜日表示機能が付加されているだけのものであって、とくに複雑時計と言えるものではない(セイコーなどでは大昔から日付や曜日表示は当たり前である)。


さて複雑時計のスカイドゥエラー

月、日、時、分、秒そしてデイアンドナイトまたは第2時間帯が自動で表示される。
下のYoutube映像↓にあるように様々なバリエーションがあり、以前はローマンやアラビアの数字インデックス主体だったが、2017年からはバーインデックスのものに統一された。

https://www.youtube.com/watch?v=2-8tY84_zXU&t=502s


その最大の特徴は、『アニュアルカレンダー』が組み込まれていること。

アニュアルカレンダーとは、2月28日または29日から3月1日に移行する1回だけ手動で調節すれば、あとは1年間放っておいても自動的に時計の方で日付と月を変えてくれるありがたいシステムのことだ。
だから4月30日から5月1日に移行する際は、時計が勝手に31日を飛ばして1日に変更してくれ、さらに月も4月から5月に自動で変わる。
手動調整が年1回で済むという、便利な事この上ない。
ロレックスではこのシステムを『サロスシステム』と名付けている。
サロスシステムの詳細は、以下のYouTube映像で↓。

https://www.youtube.com/watch?v=rVbGvooCZb0


僕がref.326933を購入したのは運良く4月下旬だったので、数日後に4月30日から5月1日への移行をこの目で確かめることが出来た。
その時ほとんどの人が平成から令和に変わる瞬間を待っていたのだが、僕だけは30日から1日に表示が変わるサロスシステムの出来映えを今か今かと待ち構えていたのである(爆)。



次に、回転板によってデイアンドナイトまたは第2時間帯を表示してくれる機能がついている。
この回転板表示を現地時間と同期させておけば、デイアンドナイト機能として現在が昼なのか夜なのかが分かる。

また第2時間帯にセットすれば、例えば今現在ロンドンが何時何分何秒なのかが即座に読み取れる。
まさにGMT機能である。
これがあれば、現在過熱沸騰気味でほとんど入手の可能性のないGMTマスターⅡも、本当の事を言えば僕には必要なくなる。



このように、スカイドゥエラーにはアニュアルカレンダーGMT機能(デイアンドナイト表示)という2つもの機能が盛り込まれているので、コストパフォーマンスが非常に高くお得感に溢れている。
またフルーテッドベゼルとオイスターブレスレットを採用していることでドレッシーでもあり、スーツスタイルにも、ジャケットパンツスタイルにも、さらにはカジュアルにも難なく使えるため、適用範囲が大きく広がる。

さらに言えば、リングコマンド方式という操作性が良くしかも密閉性に優れたシステムを採用したことで、アニュアルカレンダーやGMT機能を操作するのに余分なボタンなどが不要になり、オイスターケースの高い防水性能をそのまま維持出来ることとなった。
一般的にアニュアルカレンダーを備える複雑時計だと、防水性能は日常防水レベル(せいぜい30m)であるが、スカイドゥエラーは100mをキープ出来ているのだ。
僕が、複雑時計なのにPatek PhilippeやA.Lange & SöhneではなくあえてロレックスRolex製を求めたのは、価格の魅力も然りながらまさにこの防水性の高さにもある。


以上述べた多くのハイパフォーマンス性から、僕的には現在のロレックスの数ある製品群の中で一番の絶対的オススメである。

Rolexskydweller32693321

Rolexskydweller32693322


(後編に続く)

« 令和時代の幕開けに買った時計はこれ!! | トップページ | ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・後編 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

シードの件ありがとうございます。
楽しみながら地道に狙っていきます!
赤シードもいいですよね!
スカイドウェラーのコンビ渋いです。

こんばんは河合さん、どうもコメントありがとうございます。

スカイドゥエラー、とてもイイですよ~、・・・とオススメしたいのはヤマヤマですが。
そこはグッと抑えて(爆)。

河合さんには、金シードまたは赤シードのシード一筋で、そちらをオススメします。
金と赤シードが重いだの大きいだのネットで悪く言う人がいますが、そんなことはありません。
とても見やすく、重くも軽くもなく、ちょうど中庸ですね。
サイクロップレンズも重宝しますし。

河合さんも、お早くゲットなさいますように、ご健闘をお祈りしています(^^)/。

こんばんは。
スカイドウェラ―の魅力がよく伝わってきました。
複雑時計は、おっしゃるとおり、デリケートで弱い時計が多く、気を遣う時計が大きいですね。しかし、ロレックスは、防水性能など実用できる複雑時計ですね。
ロレックスらしいですね。

こんばんはwild okuwaさん、どうもコメントありがとうございます。

お褒めに預かり、恐縮です。

このアニュアルカレンダーなるものをぜひ自分の手にしたくて、結局旧型DブルーとパネライPAM00270をドナドナせざるを得ませんでした。
それほどこのスカイドゥエラーは僕を魅了してくれましたね。

実際使ってみて、ロレックスらしい信頼性とか正確さなどを再確認していまして、さらなる満足を感じています。
wild okuwaさんにも、一番にオススメです(^^)/。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和時代の幕開けに買った時計はこれ!! | トップページ | ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・後編 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ