最近のトラックバック

フォト

« ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・前編 | トップページ | 海と空、2つの世界の住人となった! »

2019年5月26日 (日)

ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・後編

現行のスカイドゥエラーにはいくつかのバリエーションが用意されていて、材質別に金無垢とコンビとステンレスの3種類あり、さらにそれぞれ文字盤のバリエーションが3種類ほどある。
金無垢は銀座あたりの大型正規店には在庫はほぼ常に存在しているが、ハイプライスレンジのためさすがに気安くホイホイ買える価格ではない。

僕は現行のバーインデックスの金無垢ではなく、現在は生産中止となってしまったローマン数字の金無垢が気に入って、複数の正規店に何回か足を運んで試着までしてみた。
僕がイイなと思ったのは、ref.326138(下写真の左)と326939(同じく右)。

20190526a




しかしこれらは、ref.326138が392万円、ref.326939に至っては499万円もする!!
どう逆立ちして頑張ってみても、さすがに1個の時計に400~500万円は出せない。
一緒に見に行った我が家の財務大臣からも、即座に強力な拒否権が発動された(爆)。
紆余曲折したが、結局は我が財政事情から泣く泣く断念である(それが当たり前!)。



一方ステンレス版は文字盤が青、黒、白の3種類あり、こちらは定価148万円なのでレアなプロフェッショナルモデルと同等以上に人気が高く、正規店では全く見かけない。
また複雑時計であるのにこの低価格に設定したため、ロレックス本社では採算が取れずあまり作りたがらないのではないかとも噂される。
そのためステンレスの青などは、デイトナref.116500やGMT赤青ref.126710BLROよりも入手が困難とも言われている。
並行店では、新品青が250万円前後、白が220万円程度で現在売られているのだ。


それに対してコンビ(ロレゾール)は文字盤が白、黒、シャンパンの3種類あり、各色ともとりあえず人気は落ち着いていて、大手の正規店には月に1~2個のペースで入っているようだ。
そのため、ステンレスに比べると比較的容易に入手可能である。
今月買い逃しても、来月には入荷する可能性が高い。



では、なぜ人気の高いステンレスの青や白にせずに、あえてコンビ(ロレゾール)にしたのか?

答えは、以下の点に気がついた事が最大の理由である。
実は、スカイドゥエラーの月表示のくぼみはバーインデックスと同じ白色なので、文字盤が青や黒がベースだと、白いインデックス部分が強調されて長く太く見えてしまい、全く人気のなかったデイトジャストⅡと同じデザインになってインデックスが間延びして見えてしまう。
この事は誰も指摘していないが、少なくとも僕にはそう見える。

僕は、デザイン的にデイトジャストⅡの長く太いバーインデックスが好きになれなかったので、スカイドゥエラーの青や黒でもそう見えることにあまり良い印象はない。
こういうことなので、いくら世の中で人気が高くても青や黒は最初から候補に上らなかった。


インデックスが長く太く間延びして、デイトジャストⅡのデザインと同じように見えてしまう『錯覚』を防ぐには、文字盤が白のものを選べば良い。
とすれば、選択肢はステンレスの白かロレゾールの白という二者択一になる。

そしてステンレスの白は実物も爽やかな文字盤であり、価格的にも心動いたのだが、僕には押し出しは弱くやや大人しめに感じた。
また年齢(歳相応ということ)なども勘案して、どうせ高いお金を出すならやや派手めでリッチ感が出ていながらドレッシーな雰囲気も醸し出せるものにしたかった。
下の映像2つ↓は、YouTubeで見かけたロレゾールの白文字盤の映像である。
それなりにカッコイイのではなかろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=13QuXF0XX60&t=5s

https://www.youtube.com/watch?v=qK2aSRqjdOQ&t=4s


これらの理由から、ステンレスではなくあえてコンビ(ロレゾール)に絞って正規店を探していたのである。
探し始めたのは、新型Dブルー赤シードを手に入れてホッと一息ついたあと、3月に入ってから。
結局2ヶ月足らずで入手に至った。

このスカイドゥエラーref.326933ロレゾール白文字盤を手に入れたおかげで、今は精神的にものすごく安定している。

Rolexskydweller32693323
Rolexskydweller32693324

(この話題、これにてお仕舞い)

« ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・前編 | トップページ | 海と空、2つの世界の住人となった! »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。なるほど、ステンレスがあるとは知りませんでした。正規店を回って偶然出会ったのですか?それとも予約したのですか?
ステンレスを目指してみます!

こんばんはwild okuwaさん、どうもコメントありがとうございます。

僕の買ったロレゾールは、そろそろ入荷しているだろうとの予想を立てまして、それが運よく当たった結果といえそうです。


一方、ステンレスの方は、脅かすわけではありませんが、見通しはかなり厳しいです。

例えば僕が行っているいくつかの正規店では、すでにスカイドゥエラーステンレスの予約は全て終了し、今はその予約客のみに配給しているところみたいです。
某店などでは、4か月に1個しか入荷しないのに、まだ待ちの予約客が20名近くいるとのことでした。
一般客ですと、単純計算で6年以上待つ勘定です(爆)。

白と黒はたまに入荷するようですが、青はデイトナやGMT以上に非常に困難ですね。
もし今後出会えるようでしたら、相当な強運だと思います。
奮闘をお祈りしています。
もしも購入なさったら、拙ブログにもぜひご報告をお書き下さいね。

ノスタルGさん こんにちは!
大人なスポーツモデルな感じで、かっこいいですね!
これで、しばらくは心穏やかに過ごせますね…

こんばんはm田さん、どうもコメントありがとうございます。

いやー、ついにスカイドゥエラーまで手を出してしまいました。
なるほど!大人のスポーツモデル、言えてますね。

これを買ったことで、ここしばらくは、心穏やかに過ごせています(爆)。
最近は暑いこともあって、無理してまで正規店回りをやったりしなくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロレックスRolexのスカイドゥエラーとは・前編 | トップページ | 海と空、2つの世界の住人となった! »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ