最近のトラックバック

フォト

« 久々に我が左腕の相棒~真夏編その3・ロレゾールスカイドゥエラー | トップページ | 時計に関し最近思う事・その2 »

2019年9月29日 (日)

時計に関し最近思う事・その1

全く陳腐なタイトルしか思いつかないのが不甲斐ないが、何回かに分けて近況をつらつら書いてみようと思った次第。

まず、ロレックスRolexの正規店に行かなくなってしまった。
もう2ヶ月近く行っていない。
用事で銀座や日本橋に行っても、わざわざ寄るようなことはしなくなった。
時間と手間の無駄!
当たり前だ、いつ行っても欲しいものがない所に、行く意味がどこにある?
大切なお金と時間を無駄に浪費することほど、愚かしいことはない。
メーカーはもっとこの当たり前の事をしっかり認識した方が良いのではないか、とは言っても聞く耳持たないからねぇ・・・(苦笑)。


******************************

直接的に冷めてしまった原因として、以下のような出来事をリアルタイムで目の当たりにしたから。

1ヶ月以上前のことになるが、ある消費者がツイッター上にオーデマピゲAudemasPiguetの2019年新作15500STを予約したことを鼻高々にアップしたことがあった。
しかもご丁寧なことに、わざわざ某正規店の予約確約書を証拠写真としてアップしたのである。
さらに続けてこの人は、今度はなんと!その正規オーデマピゲ取扱店が傍系で経営するすき焼き料亭で接待を受けたらしきことを、これも料亭内の写真付きでツイートしたのである。

僕はオーデマピゲの時計に関してはほとんど興味がないので門外漢なのだが、聞くところによると、オーデマピゲやパテックフィリップPatekPhilippeのラグジュアリースポーツモデルの中には、ロレックスと同じく超人気なために入手が困難でしかも予約が不可なアイテムがあるらしい。
この2019年新作15500STもそのようなアイテムであるらしいのだ。
またこの人はそれまではロレックス一筋で、ツイッターでは散々ロレックスマラソンの状況を書いていたので、オーデマピゲの購入(予約)は今回が初めてのようだった。
この正規店はロレックスを扱っていないので、その人が店にとっての昔からの大口購入者(太客)であるのかどうかは、不明である。

このようなことをバラしたものだから、当然のごとく某巨大掲示板の当該スレはしばらく大炎上。
当のご本人は、速攻でツイッターをブロックし証拠写真を全て見えなくした。
(僕はツイッターをやっていないので、その後のことは全く知らない。)


******************************

僕は、客に対しては予約を全て平等にしろとか、大口優良顧客ばかりに接待するなとか、こんな接待をされてみたいものだとか、そんな子供じみたことを不満に思って言ってるのではない。
いつも大金を店に落としてくれる優良客は特別に大切に扱うべきだし、そういうVIPに対して予約枠が優先され接待を企画するのは、ごく当然の営業活動である。

だから店の行為は僕には関知せざることであって、店側が客を勝手にランク付けして扱いを変えることに問題はない(と僕は思っている)。
またこの消費者が勝手に自慢げに書いたり証拠写真をアップすることに対しても、その人のお店に対する信義上の問題はあれど、それは他人には関係のない話。


上記のような出来事を知るにつれ、ロレックス・・・あれはもうイイやと言う気分になってしまった。
要するに、100万円以上のアイテムを何個買ったとしてもあいかわらず一見客と変わらぬ扱いで、その上品揃えが最悪で、いつ行っても欲しいものが全然買えない状況をお客に強いるロレックスの販売には、ほとほと愛想が尽きてしまったということである。
そこまで嫌な思いを抱いて、正規店に日参したり販売員にすり寄って話を合わせたり顔色をうかがうような馬鹿な真似は、まっぴら御免だ!
欲しいブランドは、なにもロレックス一択とは限らないのである。

で、ちょうどタイミング的に日本橋三越から「ワールドウォッチフェア」の招待状が来たのであった。

だから大昔からの憧れであるブレゲBreguetやブランパンBlancpainなどを見てみようという気になったのである。
ブレゲやブランパン、そしてジャケドローJaquetDrozやグラスヒュッテGlashuetteOriginalでは僕が一見(いちげん)客であるにもかかわらず、下にも置かぬ物凄く丁寧な扱いそして細かいコミュニケーション。
カタログなどもワンサカくれた。

なにより、自分が見たいと思うアイテムはロレックスのように「ただ今お品切れしています」とか「ちょっと厳しいですね~」とか「タイミングなんですよねー」などと言わず、現物をしっかり出してくれる。

これこそが、高額なブランド品の、そもそもの客商売というものではないのか?
至れり尽くせりの接客にこちらが恐縮して、思わず買ってしまいそうになるほど(爆)。
まあ、他のブランドはロレックスと違って売れていないからこそ必然的に丁寧な応対なんだろうけど、ね(苦笑)。



ということで、僕の物欲リストにはまだGMTマスターⅡペプシ(ref.126710blro)が残っているのだが、GMTは旧型バットマン(ref.116710blnr)をすでに入手したことだし、何がなんでも今買わなければならないことはなくなった。
つまり、もはやロレックスに対する切迫観念や飢餓感は、僕の場合ない。
そして家族からは、今後の世界及び日本経済の不透明な情勢を考えるとド高い時計はもうそろそろ買うのを打ち止めにしたら?、それだけあればもう満腹でしょ?と言われ続けている。

ここらあたりで、もうそろそろ上がる潮時なのかもしれないなぁ・・・と思う今日この頃(苦笑)。

(その2に続く)

« 久々に我が左腕の相棒~真夏編その3・ロレゾールスカイドゥエラー | トップページ | 時計に関し最近思う事・その2 »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

ロレ病が治癒しそうですか。
おっしゃるとおり、ロレの商業戦略には疑問符がつきますね。
こうしたブランド価値の高め方ってどうなんでしょうね。需要が多いので仕方がないのでしょうかね。
地方の場合は、購入歴のある方をそれなりに優遇してくれますよ。
都会は、皆無なのでしょうね。

パネライの場合もなかなか欲しいものが手に入りませんが、一応限定とうたっていますので、あきらめもつきますね。需要も少ないですけどね(笑)

こんばんはwild okuwaさん、どうもコメントありがとうございます。

最近ブログの調子が悪いらしく、コメントがすぐに反映されないので、僕からのレスも1日ほど遅れてしまっています。
ご容赦下さい。


ロレ病は、なんとか治癒出来そうな雰囲気です。
しかし、他のブランドでもまだもう少し興味ある時計がいくつかチラホラしています(苦笑)。
東京は求める客も半端なく多いので、どうしても店優位になってしまいますね。
昨日も、某巨大掲示板で、憤慨するような書き込みを見つけまして、店員の対応があまりにも酷いので次回に記事にしようと思っています。
僕のロレ病も、こういう事例に接すると、どんどん快癒していきますね(苦笑)。


確かにパネライはロレに比べれば需要は少ないかもしれませんが、今日も電車に乗っていたとき初めてパネライをしている人に遭遇して、ああやっぱり独特のカッコイイ雰囲気を保っているなぁ・・・と見直しました。
僕は、買うか買わないかは別として、パネライの中で1つ欲しいと思うアイテムがあります。
ロレにあまり拘らなくても、時計ライフは楽しくなると思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々に我が左腕の相棒~真夏編その3・ロレゾールスカイドゥエラー | トップページ | 時計に関し最近思う事・その2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ