最近のトラックバック

フォト

« 時計に関し最近思う事・その5(完結編) | トップページ | 刷毛ブラシの「江戸屋」に行ってきた »

2019年10月27日 (日)

久々に懐中時計を撮ってみる

10年ぐらい前に、今から100年以上前のアンティーク懐中時計のとりこになったことがある。
当時は、オメガ、ロンジン、オールドハワードなどの15~30万円程度のレンジを集めていた。
今は1個を残して全て売り払ってしまい、現在手元に残してあるのは「Huber」というドイツミュンヘンにある有名時計店(日本における和光のようなランドマーク的な店)が1920年代に作ったものだけ。

1920年代ドイツというとまだヒトラーが台頭する前で、穏健社会主義者、共産主義者、反共民族主義者などが入り乱れて街頭で乱闘を繰り広げていた頃だ。
もちろんナチスの突撃隊も、褐色の制服を着て大暴れしていた。
ミュンヘンなら、なおのこと。

この「Huber」のものは、ラトラパンテ(スプリットセコンド)仕様のクロノグラフであり、クロノグラフ計測に2本の針が使われている。
買った当時は20万円弱だった。

Huber1b
Huber1c




日本橋三越の時計売り場に用事があったついでに、懐中時計好きな店員さんに見てもらったら、「Huber」製は珍しいとの話。
またクロノグラフの内部や文字盤の配置から見て、メイランC.H.Meylanのものではないかとの意見であった。
ドイツ製には間違いなかったが、残念ながらランゲ製ではなかった(苦笑)。

100年近く経った現在も、ラトラパンテ機能に問題はなくムーブメントも正常に動いている。
日差は約+20秒で、アンティーク品としては信じられないほど非常に優秀。
内部の様子や蓋の状態などから推測するに、多分まだ一度もオーバーホールしていないと思われる。
さすがドイツ、「ドイツの機械は世界一~~~♪」と言いたくなる(爆)。


なぜ今、この懐中時計を記事にしたか?
それは、とある超絶な時計を日本橋三越・時計売り場のご厚意で拝見出来ることになり、そうであればと、僕も話題を提供するブツを持参してお世話になる店員さんにお見せしようと思ったからだ。
この時計を見るには、予約が必要であった!

日本橋三越の時計売り場でお目にかかった、その超絶時計とは・・・???
次回の記事でその超絶ぶりをお目にかけよう。

Huber11
Huber12
Huber13

« 時計に関し最近思う事・その5(完結編) | トップページ | 刷毛ブラシの「江戸屋」に行ってきた »

アンティーク懐中時計」カテゴリの記事

コメント

ラトラパンテは珍しいですね。
とても複雑です。私も一時期懐中時計集めていました。
奥が深いですよね。デイアゴスティーニの「古の時計」シリーズも購読しました。
おまけの時計は、中華のクォーツで価値のないものですが、資料がよく調査されていて興味深かったです。

こんばんはwild okuwaさん、どうもコメントありがとうございます。

懐中時計も、嵌まり出すとどんどん行きますよね~。

デイアゴスティーニ「古の時計」シリーズは知っていましたが、おっしゃるように中華クォーツだったので、パスしてしまいました。
資料的には優れていたのですか・・・、見逃しました(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時計に関し最近思う事・その5(完結編) | トップページ | 刷毛ブラシの「江戸屋」に行ってきた »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ