最近のトラックバック

フォト

« 時計に関し最近思う事・その3 | トップページ | 2つのDweller »

2019年10月13日 (日)

時計に関し最近思う事・その4

僕が思わせぶりに前回の記事で匂わせた、案外根本的に重要と思われるエレメント。
それは『リセールの良さ』である。


時計のみならず世の中に溢れる多くの製品は、新品で購入してもそれを次に売るときは、半額以下に買い叩かれてしまうことが多い。
「半値八掛け2割引」という言葉が示すように、品物自体は変わらずとも値が下落してしまうのだ。
ご存じのように、「半値八掛け2割引」とは0.32(32%)のこと。
つまり1万円で買ったモノは、最終的には3200円にしか評価されないということである。
0.32ということは、つまり工場出荷時の価額(原価)とほぼ等しい。


PPにせよブランパンにせよカルティエにせよ、いくら素晴らしく綺麗で高機能でも、買ったが最後それは半値ほどにしか評価されないのが普通である。
ロレックスだけが唯一例外。
それはロレックスの場合は信頼性や堅牢性がすこぶる高いため、年月の経った中古品でもれほど性能が落ちないからである。
但し値崩れしないのはロレックスでもステンレスのプロフェッショナルモデルが中心で、デイデイトや金無垢スカイドゥエラーなどの一部機種はその限りではない。

価値の下落の一例を、僕が10年近く前に買ったカルティエCartierのパシャ38mmSSで見てみよう。
パシャ38mmSSはもうすでに20年程前にディスコンとなり、今ではビンテージに近い扱いだ。
とはいえ、僕のパシャはわずか数年しか生産されなかったある意味レア品で、カルティエの店員さんでも知らない人が多い。

a)正規店定価:      88万円(当時)

b)購入時の中古価格: 25万円

c)b÷a :        0.28

d)買取値(推定):   10~15万円

e)下落率A(d÷a):  0.14

f)下落率B(d÷b):   0.5

Cartierpasha38mm20

 


また正規定価や購入価額がべらぼうに高いため、それほど流動性がないために大幅に値崩れしてしまうと思われる新品金無垢(定価500万円と想定)を例にとって、具体的な値崩れのイメージを考察してみよう。
示した金額については、大手並行屋の中古価格などを参考にしたおおよその数値であるので、あくまで参考程度に捉えて欲しい。

ロレックスの場合なら、定価500万円の金無垢モデルは、ほぼ8掛けの400万円で新品として並行輸入屋で売られる。
そして買い取り値は、それより30~40万円ほど低くなる。
中古の場合は状態の程度によるのだが、概ね中古品は6.5~7掛けに値付けされていることが多い。
この場合は325~350万円となる。
とすると、買い取りは280~310万円ぐらいだろう。
一方、他のブランドの多くは、買った瞬間に半額になるとは感覚的によく言われることである。
これらの多くの中古品が半額程度で出ている現状から推測すると、実際の買取価額は定価500万円が200万円程度にしかならないと思われる。

20191013




このように、ロレックスと他のブランドとでは、同レベルの500万円の金無垢を買ったとしたら、最終的には100万円ほどの差が生じてしまうのだ。
これが巷間よく言われる、ロレックスのリセールの良さということにほかならない。

         ロレックス     ブランドA
定価       500       500

新品(並行屋)  400       350~400

新品買取値   360~375   300~350

中古      325~350   250    

中古買取値   280~310   175~200  



以上述べたような結果になるのであれば、極力リセールの良いモノを選ぶことは賢明な行為である。
また買った途端に半額程度になってしまうのであれば、最初から新品正規品に拘らずに、中古品で程度の良いモノを狙うというのも、大いに理にかなった行為である。
特にロレックス以外のブランドのものならば、高い定価の新品正規品をそのまま買うことはない。
もちろんリセールの多寡ばかりに拘る必要はないし、将来売るかもしれないことなど考えずに自分の好きなアイテムを買えば良いのは、重々承知だ。


と言うことで僕は、去年の秋頃から拘り続けてきた

・自分こそがファーストオーナー(「処女信仰」の強さとでも言うのか・・・(苦笑))
・自分の名前の入った保証カードを得るために、新品を正規店で買う


という行為を、ロレックスを含めて再考することにした。
方針変更・・・というか、中古のカルティエやパネライを買っていた頃の方針に戻るのである。
リセールの良くないモノほど、将来のリスクを考慮すれば新品を正規店で買うことに拘る必要はないように思う。
ありきたりな結論で恐縮だが、僕は今そのように考え直している。

(その5に続く)

« 時計に関し最近思う事・その3 | トップページ | 2つのDweller »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

確かにリセールのよくないものは、新品で買わなくても良い、同感ですね。そのための並行店の意義もありますしね。自分のほしいレアモデルは、新品にはありませんので、必然的に、中古買いとなります。昨日、ロレとパネライの店を回りました。ロレは相変わらず欲しいモデルはなく、パネも1058に少し食指が動きましたが、並行店では安くなるんだろうなと思い購入にいたりませんでした。新品でも欲しいと強く動かしてくれる強烈なモデルが欲しいですね。

こんにちはwild okuwaさん、どうもコメントありがとうございます。

>自分のほしいレアモデルは、新品にはありませんので、必然的に、中古買いとなります。

確かにそうですね。
僕も、パネライを買っていた頃は、欲しいパネライはすでに全部ディスコンになった後だったため、並行店で中古を探す以外の方法はありませんでした。
ディスコン物なら、中古でもやむを得ないですね。


>ロレは相変わらず欲しいモデルはなく、パネも1058に少し食指が動きましたが、

僕も、もうそろそろロレックスは打ち止めです。
おっしゃるように、欲しいアイテムがもうほとんどなくなっていますね。
PAM01058はイイですね~♪
青い文字盤が素晴らしく映えそうです。
現在、同じ文字盤でサイズダウンのPAM01028の方も気になっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時計に関し最近思う事・その3 | トップページ | 2つのDweller »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ