最近のトラックバック

フォト

« 超絶時計を拝見して来た | トップページ | オーディマピゲの展覧会「時計以上の何か」・前編 »

2019年11月 6日 (水)

奇跡的に遭遇!!これが超一流ブランドのお・も・て・な・し

一昨日11月4日は東京都中央区のお祭り最終日だった。
僕もウチのカミさんに誘われて、日本橋にお祭りを見に行った。
日本橋では日本橋界隈のお堀を中心とするミニクルーズ船に乗って、20分ほど船遊びを楽しんだ。
それ以外にもスタンプラリーとか講演会とか即売会など。

当日の左腕の相棒は、船クルーズにピッタリのディープシーDブルー一択。

20191104c
20191104b




そしてこの日は中央区内限定でバスのフリー乗車が出来たので、ちょっとしたバスツアーを楽しむことにした。
日本橋から銀座経由で終点の晴海まで行って、それからまた日本橋まで戻ってくる予定である。
ところがである。
来たバスに乗ったら、満席で座れない。
次の停留所の銀座西6丁目で何人かが降りたので、すかさず2人分席をゲット!!

・・・のつもりが、一番奥の席しかあいておらず、しかも隣にちょっと風体のおかしな人物が座っていたのである。

この、おかしな・・・というのは、チンピラとかヤクザというのではなく、レゲエのオッサンのような風体だったのだ。
日本橋から乗った時は車内が混んでいたので、全く気がつかなかった。
万が一にもオッサンの匂いが移ったりするのだけは勘弁だったので、速攻で下車を決断。
普段と違って祝日のイベントバスなので、ゆっくり銀座西6丁目の停留所に止まっていてくれたのが幸いし、無事に下車。

そうしたら、である。
目の前になんと!オーデマピゲAudemarsPiguetの銀座ブティックが~~~~~!!

これまで僕はオーデマピゲにはあまり興味がなかったのだが、以前「すき焼き接待」の正規店があることを記事にしてから(記事は「時計に関し最近思う事」を参照)、お客を大切にするブランドとして興味があった。
ああ、このブランドだったなぁ!!
そしてブティックの正面壁面に燦然と輝く「AP」の文字をかたどったレリーフ。
これは何かのお導き、ぜひブティックに入るべきでしょう。

20191104a




というドタバタを経て、オーディマピゲの銀座ブティックに入った。
店内には、一家総出のような大人数の中国人家族と、カップルその他数組がいて、いずれも商談中の雰囲気。

すぐに店員さんが僕達のそばに付き添って対応してくれたので、僕はロイヤルオークの新作でも見せてもらおうと思った。
そうしたら、ウチのカミさんが、オーディマピゲが六本木ミッドタウンで現在開催している展示会について聞いたのだ。

この展示会、今日が最終日(11月4日まで)と判明。
そして行く希望があるなら、このブティックから専用の送迎車が出ますのでと言ってくれた。
送迎車はちょうどラッキーなことに、あと数分で出るらしい。
毎回1時間に1~2本の割で巡航しているらしく、運良くその時間にジャストタイミングだったというわけ。


まだ1本も買ってない、ただの一見客にすぎない僕達なのに、なんともはやとんでもなく素晴らしいサービス。
展示会を見たいと所望する客に対して、一見であろうと太客であろうと、分け隔てしない。
これこそが、お客に対するホスピタリティであろう。
100万円以上の大枚はたいて買ってもハンカチ1枚すらプレゼントしない、そしていつ行っても「ただ今在庫はありません」一本槍のどこかのブランドとは、月とすっぽんであると実感。


2分ほどして、ブティックの裏手に送迎車が到着。
乗り込んでみたら、展示会希望の客は僕達だけだったのだ。
まさに専用送迎車と専用ドライバーによる、銀座から六本木まで貸し切り状態の展示会行きであった。
さすがにワインやシャンパンは出ませんが(爆)。

下写真は、いただいた展示会のパンフレットを送迎車内で見ているところ。
右端に専用ドライバー氏が映っている。
それにしても、まさかオーディマピゲの展示会にこういう形で行くとは思っても見なかった。

20191104d





オーディマピゲの展示会は、六本木ミッドタウンの庭園に臨時に建てられたパビリオンで開催されていた。
とんでもなくお金をかけた素晴らしい展示会である。

20191104e
20191104f
20191104g




そして、またまたなんと!!、僕達2人には現地で専任の解説員がついてくれた。
さらに、50人ほど並んでいた行列とは別にVIP客としてすぐに入場させてくれたのである。

結局展示場内では、最後までずっとVIP待遇だった。
優に2時間かけて展示場の各ブースを懇切丁寧に説明してくれて、もう至れり尽くせり。

なんという、素晴らしい日!!
こりゃあ、日本橋から乗ったバスにいたレゲエのオッサンに大感謝しなければ!!
彼がいなかったら、急遽途中で銀座下車してこういうスケジュールにはならなかったのだから。



この展示会の詳細は、続けて次の記事に書く予定。
撮った写真が山のようにあるので、まずそれから整理しないと。
そして本来なら、次の記事はブレゲBreguetに関する話題だったのだが、これは来週以降にするのでこちらも内容濃いのでお楽しみに♪。

« 超絶時計を拝見して来た | トップページ | オーディマピゲの展覧会「時計以上の何か」・前編 »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

奇跡の連鎖ですね。
一流のおもてなしがいいですね。そんな体験すると、
ロイヤルオークに、逝ってしまうのではないでしょうか(笑)
25周年のオフショアブルーダイヤルが気になった時期がありました。
美しかったです。

ふたたびwild okuwaさんへ。

いやぁー、あの日は本当にラッキーでした。
その前の日本橋でのミニクルーズも、人手でごった返したにもかかわらず、すんなり乗船出来たんですよ。
その日1日、ツキっぱなしでした。

あ、そういう日は、ロレックス買いに正規店に行けば良かったですかね(爆)。
日本橋だから、高島屋メゾンと日本橋三越が目の前にあったんですけどね。
もうほとんど冷めちゃってて、行く気にならんのです(苦笑)。

ロイヤルオークですか。
まあ、これだけ「おもてなし」を受けると、その気にさせられますね。
オーディマピゲに対して、かなり好印象となり点数上がりました。

今年の新作もイイですが、まあ僕個人は静観します。
ジェラルド・ジェンタのデザインは、自分の好みとはやや違うかな・・・という感じでいますもので。
オーディマですと、コンプリケーション系でクラシックなデザインが好みです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超絶時計を拝見して来た | トップページ | オーディマピゲの展覧会「時計以上の何か」・前編 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ