最近のトラックバック

フォト

« 綺麗な夜 | トップページ | 2つ前の記事の時計は、実はGMTペプシ!! »

2019年12月 8日 (日)

その時奇跡は起こった~ちょっと早いクリスマスプレゼント

では早速、11月中旬に巡り会った新しいロレックスRolexの時計を公開しよう。

購入した正規店では、従来のロレックスグリーンの紙袋の上に、下写真のような一回り大きな白地の紙袋を用意してくれた。
聞いたところによると、以前某店でレアモデルを購入したお客が店先を出た所で「何を買ったか?」「レアモデルなら上乗せ金額で譲って欲しい」と執拗に絡まれたらしい。
こういうことが起こったので、店側としても何を買ったか分からないようにお客を保護するため、この白い紙袋を用意することになったのだとか。

事態は、こういうトラブルが発生するところまで来てしまったというわけだ。
正規販売店が11月から販売規制を施行する決断を下した事情もよく分かる。

Rolexgmt126710blro1





中には、これまでと同じロレックスグリーンの紙袋の中に入った本体やら、いただいたチョコレートやら。

Rolexgmt126710blro2
Rolexgmt126710blro3





グリーンの紙袋から本体を取り出す。
いつものように、おまけはマイクロファイバー製クリーナークロスのみ。
チョコレートは、このあとティータイムのデザートとして食す。
個人的には抹茶の方が好みかも。

Rolexgmt126710blro4
Rolexgmt126710blro5




さあ、いよいよ本体の外箱である。
丁寧にリボンが掛けられているのを外し、外箱を取り出す。
いつもながらロレックスグリーンの包装紙は美しい。
そして封印のような金色のシールこそが、正規販売店で正式に買ったという証(あかし)。

Rolexgmt126710blro6
Rolexgmt126710blro7
Rolexgmt126710blro8





本体の外箱の中を開け、内箱を取り出す。
同梱されているのは、取り扱い説明書、保証カードのカバーケース、保証カードの請求ハガキ控え、購入領収書、正規販売店からの販売に関する説明書など。

Rolexgmt126710blro9
Rolexgmt126710blro10





内箱を開けると、その中にはなんと!アレが鎮座!!
奇跡のような邂逅(かいこう)である。
ちょっと早めのクリスマスプレゼントかもしれない。

そのブツとは・・・?

Rolexgmt126710blro11
Rolexgmt126710blro12



































待ちに待った、念願のGMTマスターⅡ赤青ref.126710BLRO、通称新型ペプシだったのだ!

このペプシを求めて、去年の12月から今年の11月までのジャスト1年間、何度正規販売店に通ったことか!!
ここ2ヶ月は、あまりにもペプシが入手出来ないことに諦めモード全開で全く正規店を回らなかったのだが、8月までは週に1回、1回あたり2~3店舗、多いときは7~8店舗駆け回った。
日本橋、東京駅、銀座、新宿、六本木、渋谷の12店舗限定で、実際に回ったのは52日間、店舗数は延べ141店舗であった。
ちょうど1年掛けて、その苦労がようやくここに来て実ったというわけである。

Rolexgmt126710blro13_20191206221301
Rolexgmt126710blro14_20191206221301




それにしても不思議なのは、諦めモードでしばらく回らなかったのに、久しぶりに軽い気持ちで回ってみようと思ったその日にドンピシャで遭遇出来た事。
ある意味、肩の力を抜いていたからこそか、それとも過剰な欲が出ていなかったからか、その辺はよく分からない。

あとその日に限って、なんとなくではあったが今日は絶対に良いことがあるという、確信に近い予感があったのも事実。
話を盛っているのでもなく、大げさに書いているのでもない。
不思議だが、そういうこともありうるということ。

もっとも、11月から施行された新しい販売規制ルールが追い風になってくれたのだろうなと思う。
実際、僕が購入した11月には中旬から下旬にかけてデイトナ白黒、GMTペプシ、GMTバットマンの4大レアアイテムの放出があったようで、ツイッターや某巨大掲示板での報告が相次いでいる。
特にデイトナ白黒は、12月上旬もまだまだあいかわらずラッシュだ。
GMTペプシの方は、また動きが止まったようではある。

Rolexgmt126710blro23_20191206221701




付属品は、グリーンタグとブレスレット調整時に発生した余りコマ。
せめてベゼルカバーぐらいは残しておいて欲しいと思うのだが、毎度没収される(苦笑)。

Rolexgmt126710blro15_20191206221601




以上のような顛末で、ついにGMTマスターⅡ赤青ref.126710BLROを入手出来たのだ!!
ジュビリーブレスの手応えが良くて、付け心地がとても快適であるのには驚いた。
今のところ日差は+0.5~+1秒で快調に動いてくれている。

ベゼルの色は今年製作のロットらしく、青が初期(2018年)のモノより暗め。
青は濃紺な感じで、赤はワイン色といったところ。
暗いところで見ると、ちょっと赤黒のコークに見えなくもないぐらい落ち着いた色調となっている。

Rolexgmt126710blro16
Rolexgmt126710blro17




早速下ろして、外出時に頻繁に使っている。
特にブレザーとか紺系のスーツにも良くマッチするのが、予想外な収穫。
色柄からしてカジュアルしか使えないかと思っていたのだが、いやいやこれって案外ジャケットやブレザーそして紺系スーツにも行けますぞ。
たぶん、僕のはベゼルのブルーの色が落ち着いた紺系だからだろう。

Rolexgmt126710blro18





これでGMTマスターⅡは、旧型バットマン(ref.116710BLNR)とともに2つ揃った。
旧型バットマンの方は、まだ保護シールを剥がしてない状態で保管中。

ちなみに、旧型バットマンの青色はペプシのような紺色ではなく、かなり明るめのビビッドな青色だ。
またブレスレットも、ペプシはジュビリーであるがバットマンはオイスター。
このように2つとも同じGMTマスターⅡではあるものの、青色やブレスレットの違いがはっきりしているおかげで、ペプシとバットマンを持つ大義名分にもなる。

いずれにせよ、この2つがあれば僕的にはGMTはコンプリートだ。

Rolexgmt126710blro19_20191126171201
Rolexgmt126710blro20_20191126171201

Rolexgmt126710blro21

« 綺麗な夜 | トップページ | 2つ前の記事の時計は、実はGMTペプシ!! »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

ノスタルGさん こんばんは。
ペプシ購入おめでとうございます!!
やっぱり、最高にカッコいいですね!
ロレックスが本気で欲しい人には、新ルールの制度はありがたいかもしれないですね。

こんばんはm田さん。

どうも、ご祝辞ありがとうございます。
おかげさまで1年掛かって、ようやく入手が叶いました。

ペプシ、腕に良く馴染みます。
そしてベゼルの2色が、落ち着いたブルー(紺色)とワイン色なので、応用範囲が広いですね。
僕はカジュアルだけかなと思っていましたが、ブレザーやジャケットにもバッチリです。

今回の入手は、新しい販売規制の影響も多少あったかもしれないと思っています。
これで今後1年間は他のアイテムを買うことが出来ませんが、それはそれでお財布の休養になりますし(^^;)。

おめでとうございます!
なるほど、あきらめモード、肩の力を抜いた時に巡り合えるのですね。
それにしてもかっこいいですね。赤が絶妙な赤ですね。
マイギャラが増えましたね。今はこだわっていないかもしれませんが。
私は、マイギャラにこだわり、スカイの青を目指します。規制にも入っていないので、狙いやすいかも(笑)

こんにちはwild okuwaさん。

ご祝辞、どうもありがとうございます。
おかげさまで、ようやく正規販売店にてゲット出来ました。
苦節1年、マイギャラです(爆)。

不思議なことなんですが、欲しい欲しい欲しいと思い過ぎていると、中々思うようにはならないみたいです。
「あきらめ」とかではないのですが、『自然体』というか思い込み過ぎないないというか。
これって、ほかのことでも言えるような気がします。

スカイの青、僕個人の感想では今最も困難な部類ですね。
僕が聞いた範囲では、某百貨店のショップで10年近く待たされるような話をしていました。
予約客がまだ15~16人いるそうですが、年に2~3個しか入ってこないそうです。
その間は、店頭には並べないとのことでした。
wild okuwaさんにも早くラッキーな遭遇がありますことを、願っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 綺麗な夜 | トップページ | 2つ前の記事の時計は、実はGMTペプシ!! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ