最近のトラックバック

フォト

« たまにはCartierとPaneraiも | トップページ | 今日は、新宿の某デパートでの話 »

2020年1月12日 (日)

今年はこの時計から・その2

ここ2ヶ月というもの、年末年始を含めGMTマスターⅡ赤青ペプシref.126710BLROデイトジャスト41ロレゾールマザーパールref.126333NGスカイドゥエラーロレゾール白文字盤ref.326933の3つが我が左腕の相棒を務めてくれている。
特にロレゾールの2つは煌びやかなので、正月に相応しい雰囲気を醸し出してくれる。

下写真は高層ビルの建ち並ぶオフィス街の神社に初詣に行った時に鳥居の前で撮ったものだが、ペプシの文字盤に背面のビルの窓が映り込んでしまったので、なにがなんだかという画像になってしまった(苦笑)。

Rolexgmt126710blro37
Rolexgmt126710blro38




下写真のデイトジャスト41は、文字盤のマザーパールの輝きがオーロラのように美しいので、なんとかしてその様子を撮ろうといつも奮闘するのだが、中々思うように撮れない。
目視だと非常に綺麗に見えるのに、照明の加減か、写真にすると毎度平凡に撮れてしまうのだ(苦笑)。
実物のマザーパールの輝きはこんな程度とは大違いで、ロレックスの某正規販売店に行くたびにお世話になっている店員さんからはいつも賛嘆の声をいただく。
「いつもキラキラと、綺麗すぎるほど綺麗に輝いていますね!」
決して営業トークではないと、僕は信じている(爆)。

Rolexdatejust126333mop48
Rolexdatejust126333mop49

« たまにはCartierとPaneraiも | トップページ | 今日は、新宿の某デパートでの話 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たまにはCartierとPaneraiも | トップページ | 今日は、新宿の某デパートでの話 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ