最近のトラックバック

フォト

« 今年はこの時計から! | トップページ | 今年はこの時計から・その2 »

2020年1月 9日 (木)

たまにはCartierとPaneraiも

去年は僕の頭の中にロレックスRolex旋風が吹きまくったせいで、カルティエCartierタンクアメリカンLM金無垢パネライPaneraiPAM00103金無垢ラジオミール40mm径の出る幕はほとんどなかった。
あまりにも使わなかったために、両者ともコレクションボックスの中に鎮座したまま時間が経過し、その結果金の表面がくすんでしまったのである。

特にタンクアメリカンは、本来はイエローゴールドなのだが、見た目ピンクゴールドのようになった(まあ、これはこれでイイかもだが)。
パネライPAM00103も、ピンクゴールドがややくすんでハデさが削がれてしまって見えた。
ということで、新年早々この両者を取り出して、「キクブライト」という金属表面の汚れ取り、錆取り、傷取り用の研磨剤を使って軽くブラッシングしてみた。

結果は、下写真に示すように元通りピッカピカ。
タンクアメリカンLMはイエローゴールドのオーソドックスな輝きを、そしてPAM00103は本来のピンクゴールドのゴージャスな輝きを、それぞれ取り戻した。
頻繁に使っていればそうでもないが、使っていないなら1年に1度ぐらいは「キクブライト」を使って軽くブラッシングした方が良いかもしれない。

Cartier-tankamerican57
Paneraipam0010334

« 今年はこの時計から! | トップページ | 今年はこの時計から・その2 »

Panerai&Cartier」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが本年も宜しくお願い致します^^

金無垢革ベルト時計が活躍する季節は短いので、
今の内に沢山使ってあげましょう(笑)

こんばんはイワさん。
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ええ、そうですね。
今やコレクションボックス常駐となっています。
たくさん使ってあげないと、せっかく買ったのに勿体ないですね(^^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年はこの時計から! | トップページ | 今年はこの時計から・その2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ